ログイン

Tポイント 貯まる!使える!

快適高速バス・夜行バス・深夜バスの予約サイト【VIPライナー】

VIPライナーは高速乗合バス(路線バス)を取り扱っています

  • 高速バス予約
  • バスツアー予約
  • VIPラウンジ
  • 宿泊予約わさび
  • ネイルサロン ルピナス
  • 航空券予約
  • 宿・ホテル予約
  • 貸切バス予約
  • 繁體中文

アドビリーダー

Adobe Readerのダウンロード

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe社が無償で提供するソフトウェア「アドビリーダー」が必要です。
バナーのリンク先からダウンロードできます。

空席検索 QUICK SEARCH

  • 出発地
    目的地

or 主要路線から選ぶ

2 乗車日を選ぶ


  • 乗車日について

3 人数を選ぶ

  • 男性
    女性

    未成年者のご乗車について

4 詳細条件から選ぶ

社会活動への取り組み

我々平成エンタープライズグループでは、弊社のバスをご利用いただいているお客様や地域の皆様とのコミュニケーションを大切にし、また被災地の方々や世界の子供たちなどへの支援活動を通じて、幅広く親しまれる企業を目指して以下のような取り組みを行っております。

陸前高田市復興応援「あべ静江Love(はーと)Smileコンサートin陸前高田」を協賛

イメージ

2015年11月14日(土)陸前高田市コミュニティホールにおいて、復興応援の一貫として開催された「あべ静江Love(はーと)Smileコンサートin陸前高田」の協賛をさせていただきました。

平成エンタープライズ主催【感謝祭】

写真

2014年8月8日、弊社のバスをご利用いただいているお客様や地域の皆様の中から抽選で約1,000名様をご招待させていただき、清水国明さん、清水アキラさん、あべ静江さんなどをゲストにお迎えし、和光市民文化会館「サンアゼリア」にて開催いたしました。
詳しくはこちら(平成エンタープライズグループサイトへ移動します)

ベトナムの小学校に浄水装置を設置

ベトナムドンナイ省ビエンホア市グエンチータイン小学校に浄水装置を設置するプロジェクトに参加し、この度、NPO法人日本国際親善協会様より感謝状を頂きました。
詳しくはこちら(PDFファイル:780KB)

東北のバス事業者様へバスを譲渡

平成エンタープライズは、東北地方太平洋沖地震復興に向けて支援活動を行っていきます。
2011年5月11日、被災した東北のバス事業者様へバスを無償譲渡し、この度、お礼状を頂きました。
詳しくはこちら(PDFファイル:273KB)

エコキャップ運動への参加

写真 当社では1年半前より、カーブス事業部や各営業所を通じてペットボトルキャップの回収活動を行っております。
ゴミとして捨ててしまうと、焼却処分されCO2の発生源になり、また埋め立て処分されれば土壌を汚染してしまいます。
小さなキャップですが、回収し再資源化することでCO2の削減につながると同時に、キャップの売却益で世界の子供たちにワクチンを届け、命を救う福祉活動にもつながります。
平成エンタープライズでは、エコキャップ運動のような活動を通じて、近年ますます重要になってきた「環境、資源、福祉」のテーマに取り組んでいます。
ペットボトルキャップ回収 重量1,142kg 個数(概算)456,800個
キャップ1kg=約400個。キャップ重量(kg)×400個で計算。
2009年1年間の回収分
CO2排出量3597.3kg相当(※1) 杉の木が吸収するには256.95本必要(※2)
1:CO2排出量の換算方法・・・キャップ1kg(約400個)をゴミとして焼却すると、CO2が3.15kg発生。重量(kg)×3.15kgで計算。
2:高さ20~30mの50年杉が1本で1年間に吸収するCO2の量は平均14kg。CO2排出量(kg)÷14kgで計算。
ポリオ(小児マヒ)ワクチン571人分
キャップ800個を売却すると20円=ポリオ(小児マヒ)ワクチン一人分。キャップ個数÷800個で計算。

ワクチンの単価(一人分換算)

ポリオ(小児マヒ):20円/はしか:95円/BCG(結核):7円/MMR(はしか・おたふくかぜ・三日ばしか):114円

※ユニセフ・サプライディビジョンによる換算

エコキャップ運動の流れ

イメージ
  • キャップ(PP=ポリプロピレン)の分別回収
  • 再資源化事業者(リサイクルメーカー)への売却
  • 売却益を寄付
  • NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)
  • 発展途上国へワクチンが贈られる

使用済み切手の回収活動

写真

当社では、営業所を通じて使用済み切手の回収活動を行っております。
回収した使用済み切手は、運営活動資金として運用していただける施設様へお渡ししております。

■2009年1年間で約300gを回収しました。

■2010年1月~6月の半年間で約270gを回収しました。

ソーシャルメディアの利用

弊社では、お客様に最新の情報を提供するとともの、率直なご意見をいただくため、Facebook、twitterといったソーシャルメディアを利用しております。ぜひご覧ください。
また各種販売サイトに寄せられるお褒めの言葉やクレーム、ご意見にはすべて目を通し、個別に対応させていただいております。
今後もより安全・安心で快適なサービスを提供するため改善に務めてまいります。

閉じる

TOPへ戻る