【東京駅・新宿駅】無料の夜景スポット

夜景を見ると、癒し効果や仕事のやる気がアップする効果があると言われています。
今回は、東京駅と新宿駅周辺で夜行バスを待つあいだの、時間つぶしにぴったりな「夜景スポット」をご紹介します。

東京都千代田区|新丸ビル 丸の内ハウス

東京駅からすぐの新丸ビル(新丸の内ビルディング)。
7階のフロアには“丸の内ハウス”として、さまざまなレストランやバーが楽しめる大人の社交場があります。

また、無料の屋外テラスがあり、外の風をあびながら東京駅を彩る夜景が見られます。
あたたかいオレンジ色の光に包まれた東京駅の駅舎や、ステーションホテルがまるごと見渡せる貴重なスポットです。
レトロな駅舎と新しい高層ビル群の調和をぜひごらんください!

丸の内ハウスの詳細

東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸ビル 7F
営業時間 平日 11:00〜翌4:00
日曜・祝日・連休最終日 11:00〜23:00
アクセス:JR東京駅 丸の内中央口より徒歩1分/東京メトロ丸の内東京駅と三田線大手町駅から直結/東京メトロ千代田線二重橋前駅より徒歩2分/東西線大手町駅徒歩4分。

東京都新宿区|東京都庁北展望室

新宿都庁

1991年に建築家・丹下健三の手によって設計された新宿のランドマーク的存在である東京都庁本庁舎。その45階には展望室があります。

展望室は北と南に分かれており、昼間はどちらも入れるのですが、夜間開放されているのは北展望室のみ。
なお、北展望室がお休みの第2、4土曜日には南展望室が夜間開放されます。

無料で入れる東京でもっとも高い建物(地上202メートル)だけあって、その見晴らしは最高です!
東京タワーやスカイツリーなど、天の川のような夜景が拝めます。

展望室内にはカフェバーもあるので、お酒を飲みながら夜景を楽しむこともできますよ。

東京都庁北展望室の詳細

新宿区西新宿二丁目8番1号
アクセス:JR新宿駅西口から徒歩10分/都営地下鉄大江戸線「都庁前駅」下車。
営業時間:9時30分~23時
※南展望室は17時30分まで(北展望室が休室の場合は23時まで)

東京都中央区|晴海客船ターミナル

晴海・東京タワー

日時によって夜景をひとり占めできちゃうかも!?な東京の穴場的夜景スポット「晴海客船ターミナル」。
屋外のデッキは終日開放されているので、時間帯によって夕焼けや朝焼けなど、絶妙な空の変化が見られます。

対岸に見える豊洲の夜景やレインボーブリッジを見ながら、ボーっと過ごすのも贅沢です。
東京駅から都営バスで銀座や築地、歌舞伎座を通って晴海埠頭へ行けるので、バスの中からも東京観光ができちゃいます。

晴海客船ターミナルの詳細

東京都中央区晴海5丁目7−1
アクセス:東京駅丸の内南口から晴海埠頭駅行きバスで約30分/有楽町駅前発晴海埠頭行きバスで約25分/銀座四丁目から晴海埠頭駅行きバスで約20分/勝どき駅前から晴海埠頭駅行きバスで約15分。

東京への夜景スポットめぐりには夜行バス・VIPライナーで

VIP LINER

「東京へ行きたいけど、移動にかかる交通費が心配…」とお悩みのあなた。

交通費がダンゼンお得になる夜行バス・VIPライナーのご利用がオススメです。

夜行バスなら出発前に東京の夜景を楽しんでから乗車ができます。

関西→関東の路線
中部・北陸→関東の路線

東京観光でステキな思い出をたくさん作ってくださいね♪

高速バスのご予約はコチラ

前へ

高速・夜行バスのりばから近いアウトレット【中部・北陸編】

次へ

【大阪・京都・神戸】関西の夜景スポット