兼六園だけじゃない!金沢の桜の名所

長い冬もようやく終わりを告げて、春の兆しが感じられるようになってきました。
そしてお花見シーズンの到来です。
今回は、北陸随一の観光都市「金沢」の桜の名所を紹介しちゃいます!

ここだけははずせない!日本三名園の兼六園

kanazawa-sakura2

タイトルに「兼六園だけじゃない!」と書きましたが、やはり兼六園を無視するわけにはいきません!
兼六園は言わずと知れた日本三名園のひとつで、国の特別名勝にも指定されている名庭園です。

園内には数多くの桜が植えられており、中でもひとつの花に300枚もの花びらを付けると言われる「兼六園菊桜」は必ず見ておきたい1本!
ほかにも、ソメイヨシノを筆頭にヤマザクラ、アサヒザクラ、ヒガンザクラなどの約40種、400本以上の桜が園内を鮮やかに彩ります♪

また、石川県の開花宣言後5日目から1週間は、無料開園&ライトアップも行われます!
金沢へ行く人はぜひお見逃しなく!

卯辰山公園

kanazawa-sakura3

金沢市街を一望する卯辰山山麓に広がる卯辰山公園
数多くの記念碑や、すばらしい眺望で知られるこの公園は、金沢桜の名所でもあります。

園内の「四百年の森」はとりわけ美しい桜を咲かせることで知られ、250本近くの桜を鑑賞できます。
この森の名前は、あの加賀藩主前田利家の金沢入城400年を記念して整備されたことにちなんでいます。

夜には園内に提灯が灯され、金沢市街のすばらしい夜景と共に夜桜を楽しめますよ♪

主計町茶屋街

kanazawa-sakura4

主計町(かずえまち)は、浅野川沿いにある世帯数30軒ほどの小さな町です。
風情ある歴史的な街並みが保存され、金沢に来たら必ず訪れたい観光エリアのひとつ。

春には川沿いの街道に植えられた艶やかな桜を楽しめす。
古都の街並みと、儚く美しい桜が織り成す景観に、必ずや心打たれることでしょう。

倶利迦羅不動寺(河北郡津幡町)

kanazawa-sakura5

倶利迦羅不動寺は、金沢市から車で20分ほどの津幡町にあるお寺です。
周辺の公園一帯には6,000本ものヤエザクラが見事に咲き誇ります!

ヤエザクラの開花シーズンに合わせて、4月下旬から5月上旬にかけて「倶利迦羅さん八重桜まつり」も開催されます!
恒例の餅つき大会や夜桜のライトアップは、大勢の人々でにぎわいます。

喜多屋のしだれ桜(かほく市)

kanazawa-sakura6

最後に紹介するのは、圧巻の美しさを誇る喜多屋のしだれ桜です。
19世紀の終わりに喜多屋15代善兵衛が兼六園の種を持ちかえって植えた桜で、市の天然記念物にも指定されています。
夜のしだれ桜はとくに妖艶な美しさをほこるそうです。

最寄りの「宇野気駅」へのアクセスは、金沢駅から電車で25分です。
時間のある方は訪れてみては?

金沢までのアクセス

kanazawa-sakura7

「金沢桜を見に行きたい!でも新幹線だと高いよね…」

そんなアナタにオススメしたいのが、夜行バス!
新幹線や電車に比べて格安で金沢に行けるうえ、自動車の長距離運転で消耗する心配もありません♪

VIPライナーでは、関東各地からJR金沢駅までの路線をご案内しています!
最寄りの乗車場所からのアクセスはVIPライナーホームページをチェック↓↓

金沢までのバスを予約

今年のお花見シーズンは、ぜひ北陸の花所・金沢に行ってみてはいかがでしょうか♪

高速バスのご予約はコチラ

前へ

「PARSOPHIA:京都国際現代芸術祭2015」に行ってみよう♪

次へ

インスタ映え間違いなし!名古屋の桜の名所TOP5