四間道のおしゃれ&おすすめカフェ特集

IMG_3461

名古屋のお散歩スポット「四間道(しけみち)」をご存じでしょうか?

名古屋駅前から徒歩15分、地下鉄桜通線「国際センター駅」から徒歩5分の北側奥一帯にある古い町並みが残る保存地区です。

古い建物を改装した古民家カフェやレストラン、雑貨屋さんなどが続々オープンし、注目スポットとなっています。

白壁の土蔵が美しく、江戸時代の風情を感じられる道を歩きながら、建造物や素敵なお店巡りを楽しめる、そんな『四間道(しけみち)』をご紹介したいと思います。

四間道とは

四間道(しけみち)とは、名古屋城下を流れる堀川沿いに位置し、江戸時代初期、名古屋城築城とともに造られた商人の町です。

元禄13年(1700年)に発生した大火のあと、火事の延焼を避けるために道幅を四間(約7メートル)に拡張したことから「四間道」いう名前がついたそう。
裏側には新堀川があり、水運の利があったことでこの辺りに蔵が立ち並んだのだそうです。

今回はそんな四間道の、おしゃれで洗練されたレストランやカフェをご紹介したいと思います。

cafe de SaRa(カフェドサラ)

coffee-424763_640
※写真はイメージ

四間道の路地に店を構えるコーヒー専門店「cafe de SaRa(カフェドサラ)」。
築100年以上となる古民家の梁を生かした建物は、名古屋市の都市景観賞を受賞しています。
洋と和が調和した、お洒落で心地よい空間が魅力のお店です。

オススメメニューはモーニングセット。
なかでも人気なのは黒ゴマトースト。黒ゴマと黒糖が練り込んであり、自家製ジャムとつぶし卵をつけていただきます。

アンティーク家具に囲まれた静かで落ち着きのある大人カフェで、名古屋名物のモーニングを召し上がれ!

pas a pas(パザパ)

switzerland-1180824_640
※写真はイメージ

フランス語で「一歩一歩」という意味の店名。

四間道から少し入ったところにある、ステンドグラスが素敵な隠れ家カフェ。
白と黒を使ったシックでレトロな洋風の建物が目印です。

和をほどよく取り入れた創作料理や、週替わりランチなども人気ですが、特に人気が高いのはガレットランチ。
顔より大きいサイズで、外側はパリパリ、中はしっとりとした食感。
そば粉ガレットに包まれた、とろける具だくさんホワイトソースは食べ応えあり!

女性だけでなく、男性にもオススメの一品です。

月のうさぎ

coffee-690453_640
※写真はイメージ

大正ロマンを感じさせる、レトロで落ち着いた雰囲気のカフェダイニング「月のうさぎ」。

カクテル、ワイン、シャンパンもあり、夜はバーとしても営業。

お昼は、いろんなものを少しずつ食べられる980円の日替わりランチがメイン。

着物を着た店員さんが接客してくれるところもポイント!入った瞬間に大正時代にタイムスリップしたかのような気分になれるお店です。

名古屋「四間道」へは高速バス・夜行バスVIPライナーで

nagoya-izakaya7

「今すぐ名古屋観光に行きたい!でも新幹線だと値段が高いよね…」

そんなアナタにオススメしたいのが、高速バス・夜行バスVIPライナー!

新幹線のおよそ1/3の値段で、格安に名古屋へ行けます♪

VIPライナーでは、関東各地からJR名古屋駅までの路線をご案内しています!
最寄りの乗車場所からのアクセスはVIPライナーホームページをチェック↓↓

乗降車地からバスを選ぶ

四間道の隠れ家スポットをぜひ満喫してください!

【参考】

高速バスのご予約はコチラ

前へ

夜行バスで初夏の京都へ!「青もみじのトンネル」が美しい♪

次へ

雨でも楽しめる東京駅周辺の時間つぶしスポット5選