夜行バスで一人旅を楽しくする5つのテクニック

-shared-img-thumb-PAK160219200I9A0061_TP_V (1)

長い時間バスに乗ることになる『夜行バス』。少しでも気分よくバス旅をしたいですよね。

ちょっとした工夫で旅行がもっと快適に楽しくなるかもしれません。

そこで今回は夜行バスで楽しく旅をするテクニックを簡単にご紹介します。

1.おしゃれで楽チンな服装を準備

IMG_6015

夜行バスは、車中泊。

仮眠をとるためには、楽チンな服装は必須です。でも、だからと言ってジャージ上下はちょっと気がひけますよね。

男子は、ユニクロのジョガーパンツと、スウェットパーカーとかなら、ゆったり楽チンだけど外に出た時、そんなに恥ずかしくないかも。

女子は、締め付けのないワンピースにレギンスとかもおすすめですし、シワが目立たないニット類やポリエステル素材の洋服とかもおすすめです。

夜行バスの車内の服装に大事なのは、ゆったりサイズのものであることと、もうひとつ、体温調節ができること。

座る席が乗車口に近いと外の気温に左右される場合もあるので、脱ぎ着のできる服装がおすすめです。

2.夜行バスにあると便利なグッズを準備

IMG_0856

夜行バス上級者の人が、必ずと言ってよいほど持っているアイテムがあります。

それは、「マスク」と「飲み物」です。「マスク」は、車内の乾燥から喉を守るためと、女子にとっては、スッピンかくしのアイテムでもあります。

「マスク」があれば、顔半分は隠れるので、スッピンで乗車していてもそこまで恥ずかしくない、という意見が多いです。

あとは、ミネラルウォーターなどの「飲み物」も乗車前に買って、車内にもって入るのが良いです。

何も持っていないと、喉が乾いた時、次のサービスエリアまでは飲み物無しで過ごさなければならないので、ぜひとも飲み物は持っていっていただくことをおすすめします。

夜行バスには、さまざまなアメニティーがついているバスもあるので、車内に用意があるものと無いものを乗車前に調べておく方が良いですよ。

3.荷物はなるべく軽量化、サブバックは必須

IMG_5935

一人で夜行バスに乗車するなら荷物は軽いに越したことはないです。

以前、VIPなコラムで「身軽な旅を!荷物を小さくまとめる方法」をご紹介したので、参考にしてみてくださいね。

そして、夜行バスで大事なのは、車内に持ち込むサブバック。

貴重品と便利グッズを入れる車内に持ち込むサブバックを準備しておくと、とっても重宝しますよ。

【VIPなコラム】身軽な旅を!荷物を小さくまとめる方法

4.一人時間を楽しくする時間つぶしアイテムを準備しておく

IMG_9742

夜行バスに乗車する前の時間や、降車後など、一人で旅をしていると、意外と時間つぶしが必要になったりします。

そんな時に、時間つぶしグッズを持っていっておけば、「あってよかった」と思えるはずです。

おすすめなのは、ipodなどのポータブル音楽プレイヤーや、読みたかった小説、DSなどの小型ゲーム機などです。

5.到着後の過ごし方を事前にリサーチ

IMG_0443

夜行バスで旅行するみなさんには、ぜひとも、到着後の過ごし方についてリサーチしておくことをおすすめします。

筆者も、夜行バスで旅行した際、朝ごはんを食べたいと思ったのですが、慣れない道でどのお店が営業しているかもわからず、ウロウロしてしまった思い出があります。

夜行バスは、早朝に到着しますので、モーニングをやっている現地の喫茶店とかを調べておけば、到着後も安心です。

【VIPなコラム】早朝の過ごし方一覧

夜行バスの旅は、VIPライナーで

東京湾

費用を抑えて、一人旅をしたい時、夜行バスはとっても便利です。

高速バス・夜行バスVIPライナーでは、関東・関西・中部・北陸方面の路線をご用意しておりますので、ぜひ、ご活用くださいね。

関西→関東の路線

中部・北陸→関東の路線

関東→関西の路線

関東→中部・北陸の路線

高速バスのご予約はコチラ

前へ

大阪難波の早朝時間つぶしにピッタリ♪シャワーもある「VIPヴィラなんば」を徹底解剖

次へ

パーティーや結婚式前の準備は東京VIPラウンジを活用しよう