金沢市内はパワースポットの宝庫!手軽に巡れるスポット3つ

パワースポットというと郊外の山や寺院などにあるイメージですが、実は街中にもたくさん存在しているのはご存知でしょうか。
石川県の金沢は、1200年前に朝廷によって「加賀の国」と定められ歴史と共に栄えてきたせいか、歴史的パワースポットが多く存在しています。
今回は、金沢の旅行にプラスしたい「金沢市内パワースポット」3つと、穴場の番外編をご紹介します。

kanazawa-hitori2

前田利家を祀る「尾山神社」

尾山神社(おやま じんじゃ)は戦国時代から安土時代にかけての武将・戦国大名である前田利家(まえだ としいえ)を祀っている神社です。

当時は、徳川幕府の許可がなければ寺院を建てることも許されなかったそうですが、守護神としていた神様を祭る名目で建立し、利家の神霊を合祀(ごうし)しました。

前田利家だけではなく、正室お松の方も祀られている歴史的な神社となっています。

こんなところにパワースポットが!?「香林坊地蔵尊」

香林坊地蔵尊(こうりんぼうじぞうそん)は、「まさかこんなところに!」と思うような、人や車の行きかう交差点の一角にある小さな祠にあります。

このお地蔵様は前述の前田利家と関係があり、夢枕に出てきた地蔵尊のお告げによって利家の眼病を治したそうです。

街中にあっても宿っているパワーは大きそうですね!

自然のパワーはすごい!「神明宮の大欅(おおけやき)」

日本七神明(にほんななしんめい)の一つであり、地元では「お神明さま」の愛称で親しまれている神明宮。その境内にあるご神木がこの「神明宮の大欅(おおけやき)」。

樹齢はなんと千年を超えているんだとか!樹齢千年級の放つパワー、ぜひ現地で吸収したいものですね。

ご紹介したパワースポットを組み合わせて駅からグルッと一周巡ってみるのもオススメですよ!

番外編、遠出なら「金剱宮」の“引き”がテレビでも話題

テレビでもたびたび取り上げられ、企業の経営者や会社の取締役なども訪れる「金剱宮」(きんけんぐう)は全国でも有名な金運スポットです。

市街から離れた場所にあり、人の姿がまばらなせいか静かで厳格な雰囲気が増すため、よけいにご利益がありそうに感じられます。

東京など遠方から足を運んで来られる参拝客もたくさんいるそうです。


金沢の旅には、ぜひVIPライナーをご利用ください!

kanazawa-hitori1

夜行バスは早朝に目的地へ到着するのがメリットですが、「ちょっと早く着いたかな?」と思った時には、気軽に行ける金沢市内のパワースポットに足を運んでみてはいかがでしょうか。


■関連記事

パワースポット巡りは“朝”が良い理由とは?

VIPライナーでは光が入ってこないような遮光カーテンやプライベートカーテン、ブランケットや腰ピローなどのアメニティも充実しています。
(※バス便によってアメニティが若干異なることがございますので、ご了承ください)

金沢旅にはVIPライナーを利用して、朝から元気に活動してみてください!

VIPライナー富山、金沢線

高速バスのご予約はコチラ

前へ

紅葉を楽しむなら富山が熱い!「黒部峡谷」でトロッコ電車を楽しむ旅

次へ

さいたま新都心でモーニングが食べられるお店♪夜行バス到着後におススメ!