一人旅の楽しさが倍増する「ぬい撮り旅行」のススメ

「ぬい」とは、ぬいぐるみの略です。最近、この「ぬい」を持って旅行をし、TwitterやInstagramなどに写真をアップする人が急増しています。実は筆者も、その一人です。

それでは、なぜ人は「ぬい」を旅行に持っていくのでしょうか。
今回は「ぬい」を連れた旅行のいったい何が楽しいのか、その魅力をご紹介します!

象の「ぬい」

1.よくある観光地の写真が、自分だけのオリジナル写真に!

電車の写真

「有名な観光地に来たから一応写真を撮ったけれど、どこかで見たことあるような、なんの面白みもない写真になっちゃった…」

そんな経験はありませんか?
自分で撮った写真なのに、ネット上にある他の写真と代わり映えしなくて、せっかく観光地へ来たのに写真の特別感が薄い、といった現象です。

しかし「ぬい」と一緒に写真を撮ると、ただの風景写真のはずが、一気に「自分だけのオリジナルの写真」になるのです。

電車とぬいinさいたま新都心

2.移動時間が楽しくなる!

目的地までの移動時間は、どうしても退屈してしまいますよね。
「ぬい」はそんな憂鬱な時間も、楽しい時間へと変えてくれます。
なぜなら、どこでも「ぬい撮り」スポットになるからです。
  • 車窓から外をのぞく「ぬい」
  • サービスエリアに到着した「ぬい」
  • 知らない町の道を歩く「ぬい」
こんなふうに撮影スポットはあなた次第です!
どんな場所で「ぬい」を撮るといい写真になるのか、考えながら移動しているだけで、あっという間に目的地に着いてしまうでしょう。

3.写真をまとめるだけでストーリーが生まれる!

ぬいと植物

観光スポットの写真はよく撮影すると思いますが、宿泊するホテルの写真は意外と撮りませんよね?

数ヶ月も経つと「ここへ行ったとき、どんなホテルに泊まったんだっけ?」などと忘れてしまうことがよくあります。

そんなときは、ホテルの名前が入っているものと「ぬい」の写真を撮ってみてください。たとえば、部屋に常設してあるメモ帳やレターセット、タオル、看板などです。

また、部屋でごはんを食べる場合は、晩ごはんと「ぬい」の写真を、内装が豪華なホテルだったらエントランスで「ぬい」の写真を撮ってみるのも面白いでしょう。

さらに、ホテルに帰ってきた「ぬい」の写真を撮れば、その日がどんな1日だったのか、あとからすぐに思い出せるはずです。

 
この投稿をInstagramで見る
 

こぽちゃんさん(@kopo_chan)がシェアした投稿 -

たとえば、1日目の夜。
まだ疲れが少なく、部屋で楽しそうにしている写真。
2日目の夜は、疲れてベッドでぐったりしている写真。

そんなふうに、撮る角度や「ぬい」の向き・ポーズなどを変えるだけで、その日の体調などもすぐに思い出せるでしょう。

このように、さまざまなシチュエーションで「ぬい」の写真を撮ると、そこにストーリーが生まれます。

旅先ごとに、ぬい写真集を作ってみるのも楽しいでしょう!

「ぬい」と一緒に旅をするならVIPライナーで!

かばんから顔を出す象の「ぬい」

旅行バッグの少しのすき間に「ぬい」をひそませて、旅行に出てみましょう!
食べ物や風景にまぎれた「ぬい」の写真があれば、旅の思い出が今よりもっと豊かになるはずです。

また、ぬいと旅行へ行くなら高速夜行バスのVIPライナーをぜひご利用ください!

新幹線の1/3の交通費で、関東⇔関西、関東⇔東海、関東⇔北陸へ行けちゃいます。

高速バスのご予約はコチラ

前へ

目的地についたらバッチリ起床できる!夜行バスで使いたいアラームアプリ特集

次へ

買い忘れ防止!VIPライナーのお土産予約サービス