【東京編】うさぎとふれあえるカフェ&うさぎショップ3店

皆さんは「モフモフした小動物とふれ合いたい!」という衝動に突然駆られたことはありませんか?
アパートやマンション住まいで、さらに一人暮らしだと、動物を飼うこと自体難しいものです。

そんな衝動に駆られたときのために、今回は「東京都内の“うさぎ”とふれ合えるカフェとショップ」を3店舗ご紹介します。
レッツ、モフモフ!

うさぎとふれ合う前の注意ポイント

お店に足を運ぶ前に、うさぎと触れ合うための注意ポイントをおさらいしておきましょう。

立ったままの抱っこや、持ち上げるのは禁止

うさぎが驚いて飛び降りてしまい、骨折してしまう恐れがあるためです。

足元に注意する

人間の足元に寄ってくることがあるので、間違って蹴ってしまわないように注意しましょう。

おやつやエサの持ち込みNG

おやつやエサの持ち込みは基本的に禁止されています。
衛生上の問題もありますが、栄養が偏らないように配慮してあげる必要があるからです。

また、好きなエサの種類には個体差があります。うさぎのエサは牧草やペレットなどが主体ですが、成長に合わせて硬さや栄養価などの種類も変えてあげる必要があります。

どうしてもエサをあげたいときは、お店で提供している専用のエサを購入しましょう。

汚れてもいい服装を

生き物と接するときの鉄則ですが、万が一おもらしをされてしまったときのことも考え、汚れてもいい服を着ていきましょう。着替えもあると無難です。

その他の注意点

  • 耳やしっぽをつかまない
  • 写真撮影時にフラッシュをたかない
  • 片手で抱っこしない
  • 大きな声を出さない
  • お腹をつかまない
うさぎさんはとってもデリケートな動物です。丁寧に扱ってあげてください。

【秋葉原】かわいい“たれ耳”のうさぎさんがいっぱい!「もふれる」

スタッフさんがうさぎとのふれ合い方を親切に教えてくれる、ペット初心者にもやさしいお店です。
うさぎスタッフたちの好きなものや性格など、それぞれの個性も教えてくれます。

もしものときに備えて、エプロンを貸し出してくれるのも魅力の一つ。
うさぎさんと遊べるスペースは3つに分かれていて、仲良しグループや苦手同士などをしっかり分けているそうです。

たれ耳がかわいい「ホーランドロップ」や、耳が短くてまんまるボディが愛らしい「ネザーランドドワーフ」、たてがみとたれ耳がキュートな「ライオンロップ」などのうさぎさんとふれ合えます。

料金にはフリードリンクといっしょにうさぎのおやつ代が含まれています。
時間は30分と60分のコースから選べ、延長30分、追加おやつなどのメニューも。

カフェとはいえお食事メニューはないので、ごはんはほかのお店ですませておきましょう。

うさぎカフェ「もふれる」

【池袋】おやつあげ、うさぎじゃらし、おいかけっこ…童心に帰れる「うさびび」

うさぎさんと遊べるだけでなく、飼いうさぎの一時預かりや宿泊もできるホテル(要予約)を完備したうさぎカフェです。
さらに、飼いうさぎの同伴制度(要予約)も。うさぎ仲間と一緒に店内でオフ会開催も可能だそうです。

うさびびの名物となっているのが「うさぎじゃらし」という遊び道具。仲間と勘違いして、じゃれついてくる姿がたまりません!

ドリンク飲み放題(コールドドリンクは2本目から別途)の基本料金のほかに、おやつ代は別途200円。歯ごたえのあるにんじんやリンゴ、セロリ、小松菜などがあげられます。
さらに1時間滞在でうさぎさんのラミネートカードをプレゼント!120種類以上もあるので、たびたび通って集めてみてはいかがでしょう?

本物のうさぎさんと遊べるうさぎカフェ「うさびび」

【原宿・渋谷】出会ったその日に連れて帰れるかも!「Ra.a.g.f (ラフ)」

毛並みが美しい「ミニレッキス」を中心に、ピーターラビットのモデルとなった「ネザーランドドワーフ」や、長毛が特徴の「ジャージーウーリー」など、さまざまな種類のうさぎさんとふれ合える、うさぎ専門ショップです。
販売に対応しているうさぎさんもいるので、相性が合えばその日のうちに連れて帰れます。

こちらのお店のルールとして「だっこ」や「おいかけっこ」は禁止事項なので、ご注意ください。

食べ物メニューの取り扱いはありませんが、持ち込みは自由です。持ち込みした食品はくれぐれもうさぎさんには与えないようにしましょう。
また、滞在にはワンドリンクのオーダーが必須となっています。

先ほどご紹介した池袋の「うさびび」同様、飼いうさぎの同伴や宿泊にも対応しています。いずれも事前予約が必要なので、お忘れなく。

最寄り駅は明治神宮駅ですが、渋谷や原宿からも近いので、お買い物の前後に寄ってみるのもいいかもしれません。

ウサギと遊べる専門店「Ra.a.g.f (ラフ)」

東京へ行くなら、VIPライナーの夜行バスがお得!

東京へ行くなら、VIPライナーの夜行バスが断然お得です。
飛行機や新幹線に比べて、約1/3の交通費で行けます。

関西→関東の路線

東海→関東の路線

北陸→関東の路線

VIPライナーで快適な旅時間をお過ごしください♪

高速バスのご予約はコチラ

前へ

関西から幕張メッセへ行くのに「夜行バス」がベストな理由4つ

次へ

メンズ用もある!疲労回復に着圧・加圧ソックスと休足時間を合わせて使ってみた