【千葉・海浜幕張】幕張メッセ周辺の銭湯・シャワールーム

オートサロン、ゲームショウ、ワンフェス、コミコン、ニコニコ超会議、サマソニ、ジャンプフェスタといった大規模なイベントが毎週のように開催される「幕張メッセ」。

今回は幕張メッセでイベント参加後に、ひとっ風呂浴びられる銭湯や、シャワーが浴びられるネットカフェなどをご紹介します。イベントでかいた汗は、近場でささっと流しちゃいましょう♪

※幕張メッセの最寄り駅はJR海浜幕張駅(京葉線)、VIPライナー千葉のりばの最寄り駅は千葉駅(JR・京成・千葉都市モノレール)となるので、今回は海浜幕張駅と千葉駅の両駅から移動時間20分圏内に該当する施設をピックアップしました。

パッと入ってサッと出るなら「快活CLUB 海浜幕張店」と「快活CLUB 千葉中央店」のシャワールーム

まずはお手軽に、シャワーが浴びられるネットカフェ「快活CLUB 海浜幕張店」を紹介します。「ゆっくり、のんびり」とはいきませんが、ベタつく汗をささっと流すだけなら、インターネットカフェのシャワールームで十分です。

シャワー料金は利用料(30分210円+税〜)のほかに別途300円(税抜)。ネットカフェなので当然Wi-Fi設備や電源、パソコン、漫画・雑誌などを完備し、ジュースやお味噌汁も飲み放題です!

なお、大型イベントやコンサート開催時には、利用時間に制限がかかることも。その場合は、千葉駅から近い「快活CLUB 千葉中央店」がおすすめです。

「快活CLUB」は基本的にシャワー料金が別途300円かかるのですが、千葉中央店の場合、利用料金(30分228円+税〜)だけでシャワーが無料で使え、タオルも使い放題です!

快活CLUB 海浜幕張店
快活CLUB 千葉中央店

1日いても飽きないTHEスーパー銭湯!湯快爽快「湯けむり横丁」みはま


海浜幕張駅と千葉駅の中間にあるJR京葉線・稲毛海岸駅から無料シャトルバスが出ている、日帰りスーパー銭湯です。

営業時間は朝8時から深夜2時まで。入浴料は平日700円、土休日800円(税込み)。温浴設備やレストラン・リラクゼーション施設の充実度を考えると、かなりお得な値段設定です。

人工でアルカリ性単純泉に近づけた「美浜温泉」や、肌についた大量の泡を見るのが楽しい「高濃度炭酸泉」、寝湯、座り湯、電気風呂、トルマリン風呂、遠赤外線サウナ、日替わりの薬草風呂など、多彩なお風呂とサウナがいっぺんに堪能できます。

付帯施設も充実し、昭和レトロな雰囲気のお食事処は、食事だけの利用にも対応。
そのほかにも、手もみ本舗、カット&ビューティーサロンみはま、足湯とゲームコーナー、大広間、漫画横丁、こども映画館など、1日いても飽きないくらい館内は充実しています。

湯快爽快「湯けむり横丁」みはま

しっかり眠りたい人には千葉駅徒歩7分の「カプセルホテル&サウナ ノーブル」がおすすめ

カプセルホテル

VIPライナーの千葉駅北口のりばからも近い「カプセルホテル&サウナ ノーブル」は、24時間いつでもチェックイン&アウトOK。料金は3時間1,000円(税別)〜。お風呂に入るだけの利用と考えると若干割高に感じられるかもしれませんが、誰にも邪魔されることなくカプセルの中でぐっすり眠れるので、しっかり仮眠をとりたい人にはうってつけです。

温浴設備は大浴場、サウナ、シャワーなど(シャンプー・リンス・ボディーソープ設置)。ヘアブラシ・歯みがきセット・カミソリはフロントで無料配布。

そのほかに、長期滞在時にはうれしいコインランドリー、新聞雑誌がある大広間、喫煙所など。フロントでカップラーメンやお菓子なども販売しているので、小腹も満たせます。

カプセルのフロアは男女別に分かれていて、女性専用フロアには個別のシャワールームが4つあるので、大浴場へ行かなくても事足ります。さらに女性用パウダールームには化粧水や乳液、コットンなどのアメニティも完備!

唯一残念なのが、男性用96カプセル、女性用18カプセルと、予約数がかなり限られること。幕張メッセのイベント規模によっては早めに埋まってしまうこともあり得ます。
お目当てのイベント開催が決定してチケットが取れたら、「カプセルホテル&サウナ ノーブル」の予約も同時に進めることをおすすめします。

カプセルホテル&サウナ ノーブル

関西から幕張メッセへ行くならVIPライナーの夜行バス「グランシア」が便利

京都・大阪方面から幕張メッセ行きを考えている皆さん!
VIPライナーでは、ディズニーランドを経由した千葉行きの夜行バス「グランシア」をご用意しています。

グランシアの終着地は千葉駅北口。千葉駅から海浜幕張駅までは、電車で20分前後。夜行バスなら新幹線代の3分の1の値段で千葉まで行けますよ♪

千葉駅(ディズニーランド・横浜経由)⇔大阪(京都経由)間を運行するVIPライナーの「グランシア」とは?

高速バスのご予約はコチラ

前へ

お得なワイナリー・バスツアーをめいっぱい楽しむための秘訣とは?

次へ

さよなら、くさい湿布!バス移動中の足裏疲労の回復には「休足時間」が一番な理由