京都の「あじさい寺」とあじさいスイーツをめぐる旅

梅雨に入り、あじさいの美しい季節がやってきました。京都にはあじさいをたのしめるスポットやあじさいをモチーフにした見た目も美しいスイーツがたくさん。そのほんの一部をご紹介いたします。本格的な夏を迎える前に、しっとりとした和の雰囲気をたのしんでおきたいですね!

あじさいの花が浮かぶ手水舎が美しい!柳谷観音 楊谷寺

 
この投稿をInstagramで見る
 

柳谷観音 楊谷寺 temple(@yanagidanikannon)がシェアした投稿 -

柳谷観音 揚谷寺は、眼病平癒(がんびょうへいゆ)の祈願所として、平安時代から信仰されてきた歴史の長いお寺です。京都有数のあじさい寺としても人気で6、7月は多くの観光客でにぎわいます。

境内には30種類、5000株のあじさいが咲き、見ごたえも抜群です。そのなかでぜひチェックしてもらいたのが「花手水(はなちょうず)」。色とりどりのあじさいを浮かべた手水舎(てみずや)は、ぜひとも写真におさめたいスポットです。

例年6月下旬から7月上旬にあじさいまつりが開催されますが、2020年度の予定はありません。しかし紫陽花でいっぱいの庭園は散策できるので、ゆっくり落ち着いた雰囲気のなかで、あじさいを楽しみ心身のリラックスをしてみませんか?

【詳細情報】
柳谷観音 揚谷寺
公式サイト 柳谷観音 揚谷寺
場所    京都府長岡京市浄土谷堂ノ谷2【GoogleMap
拝観時間  9:00~17:00
電話    075-956-0017

京都随一のあじさいの名所「三室戸寺」

 
この投稿をInstagramで見る
 

京都いいとこフォト(@kyoto_iitoko)がシェアした投稿 -

京都であじさいといえば、真っ先に名前があがるのが宇治市にある「三室戸寺(みむろとじ)」。梅雨の時期の境内はおよそ50種、2万株のあじさいに埋め尽くされた夢のような景色が広がります。

夜には、あじさいライトアップも開催されます。令和2年6月13日~6月28日の間の土・日曜日のみですが、宵闇に浮かぶあじさいの様子はとても神秘的です。

昼夜入れ替え式で、あじさいライトアップは19時~21時(20時30分受付終了)拝観料は日中と同じく大人800円、小人400円です。

 
この投稿をInstagramで見る
 

Hiroaki Kakiuchi(@kakipy)がシェアした投稿 -

三室戸寺に咲くたくさんのあじさいの中から、ハート型のあじさいを見つけられたら「恋がかなう」という言い伝えも。何が何でも探し当てたいところですね♪

【詳細情報】
三室戸寺
公式サイト 三室戸寺
場所    京都府宇治市莵道滋賀谷21【GoogleMap
拝観時間  8:30~16:30
電話    0774-21-2067

 

本物のあじさいを楽しんだあとは、食べられるあじさいを楽しみませんか? 梅雨空に映えるステキなあじさいスイーツで目から舌から、いやされましょう。

思わずうっとり♪伊藤久右衛門の「紫陽花パフェ」

 
この投稿をInstagramで見る
 

京都・宇治 抹茶スイーツ 伊藤久右衛門(@itohkyuemon)がシェアした投稿 -

あじさいの三室戸寺からほど近く、京阪電鉄宇治線の宇治駅や三室戸(みむろど)駅からも徒歩5分程度で行ける「伊藤久右衛門本店茶房」の季節限定「紫陽花パフェ」がオススメ。
抹茶の紫陽花きんとん、抹茶クッキーやブルーベリーなどがあしらわれています。深い紫のクラッシュゼリーが宝石のようで、食べずにいつまでも見ていたいですね。

【詳細情報】
伊藤久右衛門 宇治本店
公式サイト 伊藤久右衛門 宇治本店
場所    京都府宇治市莵道荒槙19-3【GoogleMap
営業時間  (通常)10:00~18:30(LO18:00)
(2020/6月現在)10:00~17:00(LO16:30)
定休日   無休
電話    0774-23-3955

梅雨の晴れ間のような 金谷正廣の「きんとん~あじさい~」

 
この投稿をInstagramで見る
 

京都の和菓子 京菓子司 金谷正廣(@wagashi_kyoto_kanayamasahiro)がシェアした投稿 -

人気パワースポット晴明神社の近くにある、創業安政三年の老舗和菓子店「金谷正廣」。こちらの名店が生み出すあじさいスイーツは、あざやかなスカイブルーが爽やかな「きんとん~あじさい~」です。

他にも初夏を感じる涼しげな上生菓子がたくさんあるので、SNS映えする京都のお土産としてもチェックしておきたいですね。

【詳細情報】
金谷正廣
公式サイト 金谷正廣
場所    京都市上京区吉野町712【GoogleMap
営業時間  9:00〜18:00
定休日   水曜日

部屋に飾りたいほど素敵!金の百合亭「季節の抹茶パフェ~紫陽花~」

 
この投稿をInstagramで見る
 

金の百合亭(@kinnoyuritei)がシェアした投稿 -

祇園・八坂神社のすぐ近くにある小さな和カフェ「金の百合亭」。2020年6月1日から通常営業が再開されたことで、大人気の「季節の抹茶パフェ」が食べられます。コロンとしたあじさいがキュートすぎます♪

スイーツはすべて作り置きをせず、注文を受けてから作り始めるのだとか。そのため、提供に時間がかかることもありますが、ゆったりのんびり初夏の八坂神社の景色を味わいながら待ちたいですね。

【詳細情報】
金の百合亭
公式サイト 金の百合亭
場所    京都府京都市東山区祇園町北側292-2【GoogleMap
営業時間  (通常)11:00~18:00(LO17:30)※公式サイトによる
定休日   (通常)水・木曜日

京都に行くなら高速バスで♪

いつもなら大混雑まちがいなしの京都ですが、今なら少し客足も落ち着いていて、ゆっくり散策できるかもしれません。

京都観光なら高速バスで行きましょう。乗り換えの多い電車の旅よりも、安心して目的地に直行できます♪ さらに交通費の節約にもなりますので、たくさんお土産を買って帰れますね♪

関東→関西

高速バスのご予約はコチラ

前へ

お持ち帰り可能な【京都】の【SNS映えスイーツ】3選

次へ

金沢の「あじさい寺」とあじさいスイーツをめぐる旅