古本の町、東京・神保町は喫茶の名店揃い!ゆったり寛げる純喫茶

有名な巨大書店や個人経営の古書店が立ち並び、「古本の町」として有名な神保町。町全体にどこか昔懐かしい雰囲気が漂っている神保町には、長い歴史のある純喫茶が点在しています。

そこで今回は、神保町のおススメ純喫茶をご紹介!古書店で手に入れた本を片手に、ほっと一息ついてみませんか?

神保町イチ有名な老舗純喫茶「さぼうる」

1955年に開業したさぼうるは神保町を代表する喫茶店のひとつ。山小屋のような不思議な外観が目をひくお店です。薄暗い店内に一歩足を踏み入れると創業当時から変わらないレトロな空間が広がっていて、純喫茶好きならそれだけでうっとりしてしまう懐かしさを感じます。

この店の1番のおススメは色とりどりのクリームソーダ!定番のグリーンだけでなく鮮やかなブルーやピンクのものもあり、見た目にも楽しめますよ♪

【詳細情報】
さぼうる|公式Instagram
住所:東京都千代田区神田神保町1-11(GoogleMap
アクセス:都営地下鉄新宿線・三田線、東京メトロ半蔵門線「神保町駅」すぐ
営業時間:11:00~19:30
定休日:日曜、不定休
*感染症拡大防止のため、時短営業や休業の場合があります

極彩色の店内が魅力「ギャラリー珈琲店 古瀬戸」

神保町の交差点からほど近い場所にある「古瀬戸」は、店内外に数多くのアート作品を展示しています。その名の通りまるでギャラリーのような喫茶店!とくに洋画家・城戸真亜子による極彩色の壁画は、店を訪れた人に強烈なインパクトを与えます。

古瀬戸を訪れたらぜひとも試してほしいのが、ベトナムコーヒー♪甘いコンデンスミルクの上に濃厚なコーヒーが注がれ、1度飲むとやみつきになること間違いなしの逸品です!

【詳細情報】
ギャラリー珈琲店 古瀬戸(こせと)|公式サイト
住所:東京都千代田区神田神保町1-7NSEビル1F(GoogleMap
アクセス:都営地下鉄新宿線・三田線、東京メトロ半蔵門線「神保町駅」から徒歩1分
営業時間:10:00〜20:00
定休日:年中無休(年末年始のみ休業)
*感染症拡大防止のため、時短営業や休業の場合があります

日本ではじめてウィンナーコーヒーを提供した喫茶店⁉「ラドリオ」

1949年に創業したラドリオは、神保町でも歴史ある老舗喫茶店のひとつ。重厚なレンガ造りの外観はまさに「昭和モダン」といった雰囲気で、趣のある佇まいです。

そしてラドリオは、日本ではじめてウィンナーコーヒーを提供した喫茶店なのだそう。ウィンナーコーヒー発祥の地であるウィーン帰りの東大教授が、「コーヒーの上に何か白いものが乗っていた」と教えてくれたところからこの店のウィンナーコーヒーが生まれたとか。

ほんのり甘い固めのホイップクリームが濃厚なコーヒーの味わいを引き立てる、ウィンナーコーヒー。ぜひ1度ご賞味を!

【詳細情報】
ラドリオ|公式Twitter
住所:東京都千代田区神田神保町1-3(GoogleMap
アクセス:都営地下鉄新宿線・三田線、東京メトロ半蔵門線「神保町駅」から徒歩4分
営業時間:
(月曜~金曜)11:30~22:30(L.O. 22:00)
(土曜~日曜)12:00~19:00(L.O. 18:30)
定休日:祝日・年末年始
*感染症拡大防止のため、時短営業や休業の場合があります

夜行バスVIPライナーで東京・神保町の喫茶店に行こう!

東京・神保町は、古本屋さんがいっぱい!本好きにはとても魅力的な町です。お気に入りの本を見つけたら、昔懐かしい純喫茶でゆっくりとページをめくりましょう。
そんな神保町に行くなら、お得な夜行バスVIPライナーのご利用がおススメです♪
関西→関東の路線
東海→関東の路線
北陸→関東の路線

もし夜行バスの利用でわからない点があれば、24時間いつでも利用できる便利なチャットサービスをご利用ください。
チャットでのお問い合わせ

高速バスのご予約はコチラ

前へ

お土産にピッタリ♪金沢らしさ溢れるオシャレな雑貨屋3選

次へ

兵庫・灘の日本酒の魅力とは?【日本三大酒どころ】