大阪日本橋に誕生!日本初の泊まれるeスポーツ施設「e-ZONe ~電脳空間~」とは

今回は、近年注目を集めている「eスポーツ」の魅力とともに、この4月に大阪で誕生するeスポーツ特化型ホテル「e-ZONe ~電脳空間~」についてお伝えします。

新時代のスポーツ「eスポーツ」とは?

eスポーツ(フォートナイト)

「eスポーツ」とは「electronic sports(エレクトロニック・スポーツ)」の略で、ビデオゲームを使った対戦を競技として扱うものです。

「ゲームがスポーツ?」と思う人もいるかもしれません。しかし、海外ではチェスや将棋といった頭を使う競技をスポーツとして取り扱っている国も多く、eスポーツも各国で市民権を得つつあります。

eスポーツで扱うゲームは幅広く、サッカーゲームや格闘ゲームをはじめ、銃撃戦(FPS・TPS)などの団体競技や、パズルゲームのような頭脳戦まで、あらゆるジャンルにわたります。なかには優勝賞金が数億円にもなる大会も開催されるほどです。

スポンサーのついているプロ選手だけでなく、10代の若手選手たちも参加。大会の様子やプロの練習風景などはインターネットで配信されているので、興味をもった人は一度その世界をのぞいてみてはいかがでしょう。

eスポーツに特化した斬新なホテル「e-ZONe ~電脳空間~」とは

加熱するeスポーツ人気を受け、このほど大阪日本橋に国内初のeスポーツ特化型ホテル「e-ZONe ~電脳空間~」が誕生します。

4月にオープン予定なので、施設の詳細はいまだ不明ですが、現在明かされている情報から、この個性的な施設の魅力を紐解いていきましょう。

手ぶらでもeスポーツが楽しめる「ハイスペックPCエリア」

「e-ZONe ~電脳空間~」は1階から3階までがハイスペックPCエリア。4階から8階が宿泊エリアとなっています。

ふたつのエリアを併用して、泊まりがけでeスポーツの大会やイベントに参加することはもちろん、どちらか片方だけの利用も可能です。

ハイスペックPCエリアは、モニターやパソコンのほかに、ヘッドセットやマウス、キーボードなど、eスポーツに適した周辺機器を取りそろえています。初心者でも飛び入り参加してプレイできそうですね!

フロアは全面禁煙なので、たばこが嫌いな人でも安心♪清潔な環境でのびのびと遊べます。

どっぷりeスポーツに熱中できる「宿泊エリア」

71席のPCブースと、94個のベッド数を誇る宿泊エリア。公式サイトや宿泊予約サイトでは、近未来的なイメージ画像が公開されています。女性専用のキャビンもあり、白を基調とした明るい内装に仕上がる予定だそうです。

「e-ZONe ~電脳空間~」の宿泊利用が可能になるのは5月からですが、宿泊予約サイトを通した予約受付がもう始まっています。

「開業記念宿泊プラン」は、お得な早割価格。公式Twitterでは記念イベントの開催も示唆されているので、興味がある人は公式サイトをのぞいてみましょう。

eスポーツ特化型ホテルは日本橋の「オタロード」から徒歩5分

日本橋のオタロード

なんば駅・日本橋駅のどちらからも徒歩10分以内とアクセス良好な「e-ZONe ~電脳空間~」。大阪・日本橋の「オタロード」へも5分でアクセスできます。

オタロードは、アニメやゲーム、フィギュア専門店、メイド喫茶などが並ぶ繁華街。東京・秋葉原、名古屋・大須と並ぶ日本三大電気街とされ、連日多くの人で賑わっています。

なかでも筆者のおすすめスポットは、マニアにはたまらない「スーパーポテト」。レトロなゲーム機器のラインナップに力を入れているお店なので、思わぬ掘り出し物が見つかりそうです。

懐かしのゲームが並んだ店内には駄菓子コーナーもあり、ちょっと昔にタイムスリップしたような気分が味わえるでしょう。

参考サイト:スーパーポテト オタロード店

大阪のイベントに参加するのなら高速夜行バスのVIPライナーがおすすめ!

eスポーツをはじめとしたイベントへ参加するために大阪へ出かける時は、高速夜行バスのVIPライナーをご利用ください。

VIPライナーは新幹線や飛行機より交通費がとってもお得!浮いたお金で、大阪のご当地グルメや観光もたっぷり楽しめますよ♪

関東→関西の路線

高速バスのご予約はコチラ

前へ

富山へ行けばお刺身も食べられる!富山名物ホタルイカの魅力

次へ

旅の思い出に「ご当地マンホール」の写真はいかが?