富山へ行けばお刺身も食べられる!富山名物ホタルイカの魅力

当コラムでは、これまで冬の絶品北陸グルメを多数ご紹介してきました。今回は、もうすぐ訪れる春の味覚をご紹介。富山湾の春の風物詩「ホタルイカ」を特集します!

富山で食べたい春の風物詩「ホタルイカ」とは?

触手の先や目、皮膚など、全身にある発光器をホタルのように光らせることから、この名がついた「ホタルイカ」。

代表的な産地となる富山湾には、春になると産卵のために数百万匹のホタルイカがやってきて、海岸を明るく照らします。この珍しい現象は「ホタルイカ群遊海面」として、国の特別天然記念物に指定されているほどです。

富山では全国で唯一、魚体に傷がつきにくい「定置網方式」でホタルイカ漁を行っています。ホタルイカが産卵期をむかえる3〜5月に水揚げをするので、魚体がまるまると大きくなっているのが特徴です。

富山の新鮮なホタルイカ(ほたるいか)

富山湾で獲れたばかりのホタルイカは身がプリプリ!
春の富山へ行けば、新鮮なホタルイカのお刺身やボイル、酢味噌あえ、唐揚げ、天ぷら、沖漬けなど、さまざまな調理法で楽しめるでしょう。

見て・触れて・食べられる!「ほたるいかミュージアム」がある「道の駅 ウェーブパーク なめりかわ」

富山湾沿いの「道の駅ウェーブパーク なめりかわ」では、おいしいホタルイカグルメを味わえます。さらにパーク内には「ほたるいかミュージアム」があり、ホタルイカの生態についても楽しく学べます。

なかでも3月下旬から5月下旬の期間限定で開催される「活きたほたるいかの発光ショー」は必見!本来は海でしか見られない神秘的な光を間近で見られるので、感動すること間違いなしです。

ミュージアムで楽しんだあとは、富山の旬を味わえる「パノラマレストラン 光彩」か、カジュアルにホタルイカを堪能できる「みち cafe wave」がおすすめ。どちらも海辺の景色を楽しみながらさまざまなグルメを味わえます。

「みち cafe wave」でとくに人気のメニューが「ほたるいかバーガー」です。濃厚で大きなホタルイカのフライが2つも入ったハンバーガーは、しょうがのアクセントが効いた絶品B級グルメ。お値段もお手頃です!

道の駅にはリラクゼーション施設も併設しているので、丸一日過ごせそう。富山観光でどこに行くか悩んだら、まずは「道の駅ウェーブパークなめりかわ」へ!

道の駅 ウェーブパーク なめりかわ

住所: 富山県滑川市中川原410(GoogleMap
アクセス:滑川駅 徒歩約8分
公式サイト

ほたるいかミュージアム

開館時間:9:00~17:00
休館日:6月1日~3月19日の毎週火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、1月最終月曜日から3日間
公式サイト

パノラマレストラン 光彩

営業時間:3月〜8月 11:00〜21:00 9月〜2月 11:00〜17:00
定休日:6月1日~3月19日の毎週火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、1月最終月曜日から3日間
公式サイト

みち cafe wave

営業時間:10:00~16:00
定休日:3月1日〜3月19日の毎週火曜日(祝日の場合は翌日)、6月1日〜11月30日の毎週火曜日(祝日の場合は翌日)、12月1日〜2月28日は前月の最終週までに確定 ※詳しくは営業カレンダーをご確認ください。
公式サイト

ホタルイカのフルコースが楽しめる「海老源 海遊亭」

 
この投稿をInstagramで見る
 

政府登録国際観光旅館 海老源 シーフードレストラン 海遊亭(@ebigen.jp)がシェアした投稿 -

さまざまなホタルイカグルメを端から端までたっぷり堪能したいなら「ホタルイカフルコース」があるシーフードレストラン「海遊亭」がおすすめ。割烹旅館「海老源」に隣接したお店で、富山湾のお魚が泳ぐ大型水槽も見どころの一つです。

ホタルイカフルコースでは、鮮度の維持が難しいことから一般の市場には出回りづらいお刺身や、釜揚げ、白味噌なべなど盛りだくさん。さらに自家製の塩辛「うみあかり」も評判です。

「うみあかり」は、ゆず味、磯味、からし味の3種類あり、お土産としても販売。ご自宅のごはんのお供やお酒のおつまみにも合いますが、お友達にあげればきっと喜んでもらえるでしょう。

海老源 海遊亭の詳細情報

住所:富山県滑川市上小泉2155(GoogleMap
アクセス:中滑川駅 徒歩約13分
営業時間:11:00~14:00 17:00~21:00
定休日:不定休
公式サイト

ホタルイカをつまみに富山の地酒で乾杯「だい人」

富山名物の日本酒と一緒にホタルイカを楽しみたいなら、富山駅から徒歩圏内の居酒屋「だい人(だいと)」がイチオシ。

プリプリの酢味噌あえ、アツアツ揚げたての天ぷら、そして限られた場所でしか味わえない新鮮なホタルイカのお刺身が人気です。お刺身ならではのほのかな甘みが、日本酒によく合います。

また、「勝駒」「千代鶴」「三笑楽」といった富山の地酒が、どれも一合1,000円以下で楽しめるのもポイント。日本酒とホタルイカに目がない人はぜひ「だい人」へ!

だい人の詳細情報

住所:富山県富山市新富町2-5-1 はまのやビル 1F(GoogleMap
アクセス:富山駅 徒歩約7分
営業時間:17:30~24:00
定休日:日曜日 月曜が祝日の場合は日曜営業、月曜休業
公式サイト

高速夜行バス「VIPライナー」に乗って富山のホタルイカを堪能しよう!

今回ご紹介したホタルイカ以外にも、魅力的なグルメがいっぱいの富山。現地のおいしいものを食べつくすためにも、交通費は節約したいですよね。

そんな人におすすめしたいのが高速夜行バスのVIPライナー。新幹線や飛行機よりもお得な交通費で北陸まで移動できます♪

大宮・東京から運行しているので、詳しくはバス詳細ページをご覧ください。

VIPライナー・富山・金沢便の詳細

高速バスのご予約はコチラ

前へ

【東京編】人気急上昇中!SNSでも人気のハリネズミカフェ3店

次へ

大阪日本橋に誕生!日本初の泊まれるeスポーツ施設「e-ZONe ~電脳空間~」とは