東京都内でホタル鑑賞ができるスポット

梅雨といえば紫陽花(あじさい)、そしてホタル
今回は、「都内でホタル鑑賞ができるスポット」をご紹介します。

ホタルの見頃は?

日本には40〜50種類ほどのホタルが生息していますが、中でも有名なのがゲンジボタルとヘイケボタル。
ゲンジボタルはおおよそ5月〜7月、ヘイケボタルは6月〜8月が見頃と言われています。

しかしながら、ホタルの個体数は森林伐採などの環境破壊により減ってきています。
中でもゲンジボタルは環境の変化に弱いこともあり、生息する場所が年々少なくなってきているそうです。
ホタル鑑賞をする際には、絶対に捕まえたりせずに環境にも配慮しながら楽しみましょう。

ホタル

都内でホタル鑑賞ができるスポット3選



よみうりランド「ほたる、ねぶたの宵」

新宿から40分ほどの距離にもかかわらず、豊かな自然を持つよみうりランド。
その一角にある聖地公園には綺麗な沢が流れ、ホタルの住処となっているようです。
ここではゲンジボタルとヘイケボタル、ともに鑑賞できます。

会場では同時に青森ねぶたの展示も行われています。
屋台の出店もあり、にぎやかな夏を感じられるイベントです。

住所:〒214-0006 神奈川県川崎市多摩区菅仙谷4-1
日時:6/2(金)〜7/2(日)までの金・土・日
時間:19:30〜21:00
料金:300円(遊園地入場券を除く)

ねぶた

おとめ山公園「ホタル鑑賞と夕べと夜のおとめ山公園」

新宿と池袋の間にある落合。まさに都心と言える場所にホタルが生息しているなんて驚きですね。

ホタルが生息する理由は「東京の名湧水57選」にも選ばれた清水にあります。
「ホタル鑑賞と夕べと夜のおとめ山公園」という催しでは、普段夜間立ち入り禁止している公園が解放され、ホタル鑑賞が楽めます。
灯りもない公園内を歩いて進んでゆくのは怖いのですが、その先には流れ星のように飛翔するホタルの群れが待っています。
2日間限定のイベントなのでお見逃しなく!

住所:〒161-0033 東京都新宿区下落合2-10
日時:2017年7月8日(土)、9日(日)
時間:19:30〜20:30
料金:無料

ホタル

皇居外苑

東京の中心に位置する皇居外苑でも、運が良ければホタルが見られるかもしれません。

皇居の森は昭和天皇の時代(1930年ごろ)に植林された野生種で構成されており、特殊な生物相を持っています。
絶滅危惧種や新種の生物も散見され、環境の保全が積極的にされており、ホタルの保全もその取組みのうちのひとつなのだそう。

皇居外苑濠にはヘイケボタルが生息していますが、年々その数は少なくなっているようです。
今年の春にはヘイケボタルの幼虫3000匹を放流したそうなので、うまくいけば今頃成虫になり、皇居を飛び回っているかもしれません。

生息しているのは北の丸公園近くの牛ヶ淵付近と桔梗門付近のお濠だそう。
その辺りが狙い目ですよ。

皇居

東京へ行くなら高速・夜行バスVIPライナーで!

東京へ行くならVIPライナーがお得です!

皇居からほど近い東京駅前にあるVIPラウンジでは、パウダールームやシャワールームを完備しているほか、乗降車日には無料で荷物を預けることもできます。

バスの待ち時間は荷物を預けて、皇居へホタル狩りへ行ってみてはいかがでしょうか。

関西→関東の路線

中部・北陸→関東の路線

VIPライナーで快適なご旅行をお過ごしくださいませ♪

高速バスのご予約はコチラ

前へ

ワイン・ビールが飲めるお得なバスツアーを思う存分楽しむ方法

次へ

高速・夜行バスのりばから近いアウトレット【中部・北陸編】