USJ観光するなら東京からの予算はいくら?

新しく仲間入りしたスーパー・ニンテンドー・ワールドをはじめハリーポッターやジョーズなど、数多くの人気映画やゲームの世界をアトラクションとして楽しめる、USJことユニバーサル・スタジオ・ジャパン。

今回は「交通費」から「チケット代」「パーク内での食事」まで、東京からUSJ観光に行くときの予算を計算してみました。節約したい人や、予算を知りたい人、USJにはじめて行く人は必見です。

*2021年12月現在の費用

東京からUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)への交通手段

東京からUSJへ行く交通手段として一般的なのが「新幹線」と「飛行機」です。

新幹線を利用する場合、東京駅からUSJのあるユニバーサルシティ駅(JR新大阪駅から約20分)まで、往復で27,740円(新幹線自由席)ほどかかります。新幹線が到着する新大阪駅からユニバーサルシティ駅へ向かうには乗り換えが2回。通勤時間帯に重なるとUSJに到着する前に疲れてしまうかもしれません。

飛行機を利用する場合、どの航空会社を利用するかによりますが、羽田空港から関西国際空港もしくは伊丹空港まで往復で15,074円~26,100円ほどかかります。伊丹空港からUSJまではリムジンバスで往復1,880円(所要時間約40分)。関西国際空港からUSJまでは往復3,200円(所要時間約70分)と、空港からUSJまで時間も費用もかかってしまうのがネックです。

USJで開園からたっぷり遊びたい、現地につくまでの費用を節約したいなら、「夜行バス」の利用がオススメです。

移動手段

「夜行バス」なら低予算!しかもパーク滞在時間も長くなる

USJでオープンと同時に入場して、閉園時間までたっぷり遊びつくしたいなら、早朝にUSJに到着する「夜行バス」がピッタリです。

メリット1:移動費用が安い!

「夜行バス」を利用した場合の移動費用をみてみましょう。(2021年12月現在)

【行き】
出発日時:2022年1月11日22:00
到着日時:翌12日 7:55頃予定
利用バス:VIPライナー 「アクアスター四列スタンダードトイレ付き」
乗車場所:バスタ新宿 / 降車場所:USJ
費用:4,000円

【帰り】
出発日時:2022年 1月12日22:05
到着日時:翌13日7:10予定
利用バス:VIPライナー 「アクアスター四列スタンダードトイレ付き」
乗車場所:USJ / 降車場所:東京駅八重洲口
費用:4,000円
——————————-
往復費用8,000円

夜行バスを利用した場合の往復料金は8,000円と、飛行機よりも8,950円、新幹線よりも19,740円も節約できます!節約したい人は、夜行バスを活用しましょう。

メリット2:宿泊費用もかからない!

東京からUSJまでの夜行バスが出ているVIPライナーでは、すべてのお客様が一斉に座席を倒す「全座席一斉フルリクライニング」を採用。後ろの席に気兼ねすることなく座席を倒せるから、バスでしっかり熟睡して翌朝にそなえられます。

大判ブランケット・腰ピロー・低反発ミニ枕といった睡眠をサポートするアイテムも、各座席にご用意しています。

メリット3:長時間滞在できるので、USJを満喫できる!

ユニバーサルスタジオ 地球儀モニュメント

夜行バスなら朝から晩までUSJを堪能できます。USJは公式サイトの開園時間よりもオープンが早まることも多いのだとか。早朝にUSJに到着する夜行バスなら開園時間が早まっても安心です。また、閉園時間から1時間ほどは営業していることが多いのも、USJの特徴。夜行バスの出発時間が遅いから閉園ギリギリまでUSJを満喫できます。

USJのチケットは事前の購入が必須

USJは入場日によって販売価格が異なる変動価格制を取り入れています。

ワンデイパス(2021年12月現在):
大人 8,200円~9,200円/シニア(65歳以上) 7,400円~8,300円 /子供(4~11歳)5,400円~6,300円

USJのチケットは、ローソンチケットやオフィシャルサイトで事前購入しておくのがオススメです。もし当日購入するのであればパークにあるチケットブースや提携ホテルで購入しましょう。

2021年12月現在、USJでは新型コロナの影響で入場制限をおこなっています。前売りチケットが完売すると、当日チケットは販売されません。行きたい日が決まったら、事前にチケットを購入しておくようにしましょう。

パーク内での食事の費用はどれぐらい?

USJのワンデイパスは、基本的には再入場ができません。また、お弁当を含む食べ物類、缶や瓶に入ったアルコールやドリンク類は持ち込みを禁止されています。そのため、食事は園内で食べ歩きをするか、レストランを利用する必要があります。

レストラン

USJには、多種多様なレストランが29店舗あります。園内でいちばん敷地面積が広い「スヌーピーバックロットカフェ」。ジュラシックパークの映画に登場するビジターセンターのような「ディスカバリーレストラン」など覗いてみたくなるレストランばかりです。

「スヌーピーバックロットカフェ」
・クリーミースープパスタセット 1,500円
・テリヤキビーフバーガーセット 1,300円

セットには、フライドポテトとレギュラーサイズのドリンクがついてきます。それぞれ単品で頼むと、フライドポテトは550円、ドリンクは320円かかるので、セットで頼んだ方がお得です。

「ディスカバリーレストラン」
・ジュラシック DONBURIセット ロコモコ風DON  1700円
・ジャングル・クリスマス・ツリーセット  1,900円

いずれも、レギュラーサイズのドリンクがセットでついてきます。ドリンクは単品で頼むと320円かかるので、こちらもセットがお得です。

昼、夜ともにレストランで食事を取ろうとすると3,000円~4,000円ほどの料金がかかります。

USJ内のレストランで食事するなら、ドリンクやサイドメニューをお得に味わえるセットメニューを選ぶようにしましょう。

食べ歩き

パーク内での食事は、食べ歩きフードもチェックしておきましょう。USJの食べ歩きフードはマリオやミニオンなど人気のキャラクターにちなんだものが多く、テンションがあがりそうです。

・こうらのカルツォーネ ~焼きそば&チーズ~700円
・ティムまん~チョコ~600円

・ターキーレッグ900円
・ホグワーツミートパイ600円
・ペットボトル各種250円~350円

食べ歩きはレストランに比べるとお得に楽しめますが、ドリンク代も考えると1食1,000円以上は必要になりそうです。

上記でご紹介したターキーレッグやこうらのカルツォーネなどのコラボ商品は、購入できるお店が決まっているので事前に要チェックしておきましょう。

東京からUSJに行くときの予算まとめ

移動費  :8,000円(夜行バス:東京⇔USJ)
1デイパス :8,400円~9,400円
食事   :2,000円~4,000円(昼食・夕食・軽食)
ポップコーンバケツ:4,500円
お土産  :7,500円
(百味ビーンズ:1,800円/スヌーピーぬいぐるみハット:3,800円/ミニオンクレープロールシシヤマザキ:1,900円)

合計:30,400円~33,400円

チケット代のほかに園内での食事代にお土産代と、USJで1日遊ぶには思ったよりもお金がかかるもの。とはいえ、園内でかかる費用はあまり節約したくありません。そこでおすすめなのが夜行バスを利用して費用を節約する方法。夜行バスでお得に移動して、USJを朝から晩まで思いっきり楽しみましょう。
関東→関西のバス路線

*2021年12月現在の費用

高速バスのご予約はコチラ

前へ

【新宿駅近】早朝にカレーが食べられるお店

次へ

握手会やハイタッチ会で推しメン・自担に好かれる(嫌われない)ための清潔グッズ