富山でガラス工芸に触れる旅

富山といえば300年以上の伝統がある「薬売り」が有名! 現在でも富山県は、薬の生産額において上位に位置します。

明治・大正期には、薬を入れるためのガラス瓶の製造が盛んに行われていたそうです。「富山の薬売り」の発展とともに、富山で「ガラス工芸」が発達したのですね!
今回は、富山でガラス工芸を見て・体験できるスポットをご紹介します。

洗練された美にあえる「富山市ガラス美術館」

富山市ガラス美術館が入ってる建物「TOYAMAキラリ」は、それ自体がアート! 世界的な建築家である隈研吾氏が設計した、御影石・ガラス・アルミなどの素材を組み合わせたキラキラと光る外観は必見です。

また、建物内部には富山杉をふんだんに使っていて、洗練されていながらも温かさが感じられます。

常設展の「グラス・アート・ガーデン」は、現代ガラス作家デイル・チフーリ氏によるもの。ガラスでできた森の中を進みながら体験できるアートです。撮影OKのエリアでは、幻想的な写真が撮れるのも嬉しいポイント! 

ミュージアムショップには、ガラスでできたアクセサリーなどが販売されていて、自分へのお土産も購入したくなるほど、素敵なデザインがたくさん! お気に入りの一品をぜひさがしてください。

【詳細情報】
富山市ガラス美術館
公式サイト  富山市ガラス美術館
住 所    富山県富山市西町5番1号【GoogleMap
アクセス   路面電車「西町」駅下車 徒歩1分
開館時間    9:30~18:00(金曜日・土曜日は、20:00まで)
休館日    第1・3水曜日、年末年始


「富山ガラス工房」でガラス工芸を体験

富山ガラス工房では「吹きガラス」や「ペーパーウエイト作り」を体験! 使いたい色や形を決め、金箔を散らしたり...と、オリジナルのものを作れます。

事前の予約が必要ですが、ガラスの街とやまに来たからには、チャレンジしてみたいですね! 火を使うため、ズボンと靴はしっかりしたもので行きましょう! 

作った作品は、冷やす時間が必要なため、1週間後に取りに行くか郵送してもらうことになります。ちょっと遅れて届くお土産は、旅の楽しさを思い起こさせてくれること、間違いありません。

富山ガラス工房の隣の建物のショップには、工芸作家によるかわいらしく美しい小物がいっぱい! 季節に応じてさまざまなものが展示されているため、見るだけでも楽しくなること間違いなし。

ショップのとなりの休憩場所からは、ガラス工芸を作っている様子が確認できるので、ついつい長居してしまいます。

【詳細情報】
富山ガラス工房
公式サイト  富山ガラス工房
住 所    富山県富山市古沢152番地【GoogleMap
アクセス   富山大学付属病院行きバス「ファミリーパーク前」下車 徒歩5分
開館時間   9:00~17:00
休館日    年末年始(12/28~1/4)

高速夜行バス「VIPライナー」で、ガラスの街とやまを堪能!

アートに溢れ、美味しいものもいっぱいの富山には、高速夜行バスのVIPライナーがおススメです。新幹線や飛行機よりもお得な交通費で、北陸まで移動できます♪
VIPライナー 富山・金沢便 高速バスのご予約はコチラ

前へ

白川郷でノスタルジー満載な観光スポットめぐり

次へ

いつもそばに!かわいいお守り・東京編