東京ドームシティの『TeNQ(テンキュー)』で感動の宇宙体験をしよう!

東京ドームシティーにある感動の宇宙体験ができるミュージアム『TeNQ(テンキュー)』はご存知ですか?

『TeNQ(テンキュー)』は大人も子供も楽しめるエンターテイメント・ミュージアムです。
今回はその魅力と見どころをお伝えします♪

トンネル0(ゼロ)

TeNQ_VIPなコラム
エントランスから展示スペースへ移動する際にくぐる「トンネル0(ゼロ)」は、暗闇に包まれ不思議な音がどこから響く不思議な空間。通りきった後には、すっかり心も体も不思議な宇宙の空間に意識を向けていることでしょう。
『TeNQ(テンキュー)』のチケットは日時指定制なので、トンネルも案内されてから順番に通ります。
呼ばれるまでは、エントランス付近の壁に展示してある宇宙関連の書籍や、宇宙飛行士野口さんや若田さんが、国際宇宙ステーションで使用した野球道具などを眺めて楽しめます。

はじまりの部屋

 
この投稿をInstagramで見る
 

宇宙ミュージアムTeNQ【公式】(@tenq_tdc)がシェアした投稿 -

「トンネル0(ゼロ)」をくぐると「はじまりの部屋」に到着。
ここでは、全幅20mのスクリーンに投影されたプロジェクションマッピングが楽しめます。
古代から現在にわたる人々の宇宙への想いが詰まった映像が約5分間流れます。当時の宇宙観を知って、その当時の人々と同じ価値観でこの後の展示を観るのも面白そうですね。

シアター宙(ソラ)

 
この投稿をInstagramで見る
 

宇宙ミュージアムTeNQ【公式】(@tenq_tdc)がシェアした投稿 -

「東京に空いた、宇宙の穴」のCMで有名な、このミュージアムの目玉スポット「シアター宙(ソラ)」では、これまで味わったことのない、穴から宇宙を覗く体験ができます。

直径11mの穴の周りからぐるっと人々が覗き込めるようになっており、ずっと見つめていると宇宙にいるかのような不思議な感覚になってきます。

【平日のみ】東京大学が進める「火星研究プロジェクト」

 
この投稿をInstagramで見る
 

Taddy.A(@tadasoh69)がシェアした投稿 -

まだまだ未知の世界と言われている、火星。そんな火星の探索がなんと東京で、なんと無料で体験できてしまうのです。

それが、『東京大学が進める「火星研究プロジェクト」』。
火星探査機が取得したデータの解析はリサーチセンターだけでは、分析しきれないため、TeNQへ来館した人にその調査を手伝ってもらっているのだとか。

東京大学の火星リサーチセンターのメンバー気分になれること間違いなしな体験は、現在は「平日」のみ開催しています。

【詳細情報】宇宙ミュージアムTeNQ

公式サイト 宇宙ミュージアムTeNQ
住所 文京区後楽1丁目3−61 東京ドームシティ 黄色いビル 6F【GoogleMap
アクセス JR「水道橋駅」西口
営業時間 【平日】11:00〜21:00(最終入館20:00) 
     【土日祝日・特定日】10:00〜21:00(最終入館20:00)

東京ドームシティに行くなら高速バス・夜行バスVIPライナー

dome

「東京は遠いし、行くのにお金もかかるし…」とお悩みの人には、夜行バス・高速バスVIPライナーがオススメですよ。

夜行バスは、飛行機や新幹線に比べて交通費がとってもリーズナブル。浮いたお金はお土産や他の東京観光にも使えちゃいます。

夜行バスなら深夜出発、早朝到着なので現地で思いっきり時間を使えるのも魅力的ですよね。

関西→東京の路線はコチラ

中部・北陸→東京の路線はコチラ

賢く交通費をおさえて、ぜひ感動の宇宙体験をしてみてくださいね♪

高速バスのご予約はコチラ

前へ

夜行バス乗車前に準備しておくことは?

次へ

一流シェフの味を気軽に味わえる『ジャパン・フィッシャーマンズ・フェスティバル2016』に行こう!