東京⇔富山の交通手段比較

toyama1

東京から出張や旅行などで富山を訪れる際は、いくつかの交通手段がありますよね。

2015年3月には北陸新幹線も開通しますが、新幹線はかなり値段が張るのも事実。

そこで今回は、東京から富山までの各交通手段のメリット・デメリットを比較してみました!

交通手段比較



飛行機

toyama2

■移動時間
片道:1時間30分〜2時間
(富山空港から富山市内までの移動時間を含む)

■費用
片道:10,000~30,000円

東京から富山へは、羽田⇔富山空港のフライトが1日数便運航しています。

飛行機の1番のメリットは移動時間の短さ!フライトそのものはたったの1時間強です。

デメリットは、まず空港までのアクセス費用・時間がかかること。自宅から羽田へのアクセスの他、富山空港からJR富山駅までも連絡バスで25分と、やや距離があります。

また高速夜行バスや自動車に比べると、やはりかなり値段が張ってしまいますね。10,000円前後の安いチケットを購入できても、高速夜行バスの2倍以上の価格です。

新幹線

toyama3

■移動時間
片道:約2時間~2時間半

■費用
片道:12,730円~

北陸新幹線の開通により、東京⇔富山のアクセス時間は従来より1時間ほど短縮されて、最速でなんと2時間8分!

東京と金沢を結ぶ「かがやき」の始発は6時16分なので、この便に乗れば8時半頃に富山に到着できます♪

車窓を流れる景色を眺めながら、のんびりと駅弁をつつく。そんな旅情緒を味わえるのも新幹線の魅力のひとつですね◎

デメリットは、やはり飛行機と同じく費用の高さ。往復で利用すると新幹線代だけで25,000円以上とかなり割高になります。

行き帰りのどちらかに高速夜行バスを利用して、お金を節約しつつ時間も有効活用するというのも1つの手ですね♪

自動車

toyama4

■移動時間
片道:6時間~9時間

■費用
片道:7,000~10,000円

車のメリットは、何といってもスケジュールが自由なところ♪

自分の都合で好きな時間に出発できますし、途中でどこかに立ち寄るのもOK!音楽を流して友人やパートナーとおしゃべりをしていれば、あっという間に到着してしまいます。

また高速料金も何人かでシェアできるならかなりオトクです◎

デメリットは、人数が少ないと料金が割高になる上に、運転手への負担が非常に大きいことでしょうか。

もし1人で運転していて、渋滞にでも巻き込まれた日には、富山に到着したらもうクタクタかもしれません。

高速夜行バス

toyama5

■移動時間
片道:7~9時間

■費用
片道:4,500~9,000円

高速夜行バスの最大のメリットは料金の安さ!他の交通手段と比べて、半分から3分の1の料金で利用できます。

また、JR富山駅まで直行してくれるので、乗換や移動手段などを考える必要もなし♪

さらに、時間を有効活用できるのも高速夜行バスのメリット。

夜出発して、車内で眠っているうちに到着しちゃうので、朝からたっぷりと時間を使えます。

「高速夜行バスは座席が狭いし、閉塞感があって…」とご心配の方もいるかと思いますが、最近では3列シートでスペースにゆとりをもたせたバスもあります。

毛布や枕などのアメニティも充実しており、快適に過ごせる工夫がなされていて安心ですよ◎

まとめ

東京から富山までの各交通手段のメリット・デメリットをまとめます。

飛行機

メリット
・移動時間が短い
デメリット
・費用が高い
・空港まで移動する手間・費用がかかる
・富山空港から富山市内はやや距離がある

新幹線

メリット
・移動時間が短い
・旅情緒を味わえる
デメリット
・費用が高い
・乗り換えが面倒な時がある

自動車

メリット
・スケジュールが自由
・シェアすれば高速料金も割安
デメリット
・ドライバーが少ないと運転が大変
・渋滞に巻き込まれる可能性がある

高速夜行バス

メリット
・費用がダントツで安い
・夜間移動ができるので、朝からたっぷり時間が使える
デメリット
・車内の空間が狭い


以上のようなメリット・デメリットを考慮したうえで、アナタに最適な交通手段を選んでください。
Have a nice trip♡

高速バスのご予約はコチラ

前へ

「東京ワンピースタワー」に行こう♪

次へ

ソラマチ・天望デッキ・テラス…634mの天空・スカイツリーの見どころ