【名古屋編】定番&無料の夜景スポット

美しい夜景には、ドラマチックさを感じる心理的作用や、未来へのモチベーションアップなど、さまざまな効果があって旅行やデートにぴったり!
今回は名古屋の夜景スポットをご紹介します。

無料で見れる!名古屋市東区「オアシス21」

高所が苦手な方でも楽しめる、低層の展望型公園「オアシス21」。
屋上は水の宇宙船と名付けられたフロアになっており、遊歩道以外の場所には水が流れていて、時間帯によってライトアップされる色が変化します。

光に照らされ、ゆらゆらとした波紋をひろげる水面を見ていると、なんだか心が穏やかになってきます。
ちなみにこの水には井戸水を使用しているそうです。

地上階にも一面芝生の緑の大地と呼ばれる広場があり、ここからは名古屋テレビ塔が一望できるので、夜景撮影スポットとしてもおすすめです!

オアシス21の詳細

住所:愛知県名古屋市東区東桜1丁目11番1号
アクセス:名鉄瀬戸線「栄町駅」 約1分/名古屋市営東山線ほか「栄駅」 約2分/名古屋市営名城線ほか「久屋大通駅」 約5分

定番!名古屋市千種区「東山スカイタワー」

東山動植物園に併設されている展望タワーです。
夜景100選にも選ばれているほど、見ごたえのある夜景が拝めます。

地上96メートル(標高176メートル)の展望台にはデートにもぴったりなカップルシートも用意。
おススメの時間帯は日暮れどきから夜にかけて。夕暮れどきのオレンジ色の空が、夜に向かうにつれてブルーへと変わる、そのグラデーションが心を癒してくれます。

恋人や友人と見れば、ぐっと絆が深まりそうですが、一人で美しい景色を見ながら物思いにふけるのもいいかもしれません。

東山スカイタワーの詳細

住所:愛知県名古屋市千種区田代町瓶杁1-8
アクセス:地下鉄 東山線「星ヶ丘駅」6番出口を出て、左(星が丘テラス方面)へ約15分
地下鉄・東山線「東山公園駅」3番出口を出て、南の方角(東山動植物園正門方面)へ約15分
(緑の多いハイキングコースを経由するので、夜間のご利用にはご注意ください。)

夏の夕涼みに♪名古屋市緑区「滝の水公園」

名古屋市緑区の住宅地のほぼ中心に位置する「滝の水公園」。
朝晩問わず、周辺住民たちの“いこいの場所”になっています。

階段をのぼると360度ぐるりと見わたせ、開放感があって、夏の夕涼みにもぴったり。
無数の暮らしの灯りがきらきら光り、まるで地上に星がちりばめられたよう。こんな夜景を見ていると、日頃のストレスもスーっと消えていく気がします。

静かに夜景を楽しみたい方は、近くにある滝ノ水中央公園もおすすめ。
360度の景観はありませんが、落ち着いたひとときを過ごせるでしょう。

滝の水公園の詳細

住所:愛知県名古屋市緑区篠の風3丁目230
アクセス:名古屋市営地下鉄桜通線「相生山駅」から南へ約1.5km、徒歩で20分程度。
地下鉄鳴子北駅から名古屋市営バスで鳴子12系統・鳴子14系統
地下鉄相生山駅から名古屋市営バスで相生11系統「大清水」方面
地下鉄神沢駅から名古屋市営バスで徳重巡回系統「藤田保健衛生大学病院」方面
いずれも「滝の水公園」バス停下車。

名古屋へは高速バス、夜行バスVIPライナーで

名古屋へお越しの際は高速バス、夜行バスのVIPライナーをぜひご利用ください。
深夜出発・早朝到着のため、1日の時間を有効に使え、新幹線より格安で移動できます。

お帰りの前に名古屋の夜景をじっくり堪能できちゃいますよ♪
最寄り乗車場所からのアクセスはVIPライナーホームページをチェック↓

乗降車地からバスを選ぶ

名古屋旅行に、ぜひご利用ください!

高速バスのご予約はコチラ

前へ

浴衣&花火デートのムードを盛り上げるポイント

次へ

気軽に高原リゾート♪上高地ツアーの魅力とは?