令和2年2月22日の「猫の日」は猫にゆかりのある東京の寺社へ行こう!

ねこ 猫 ネコ
2月22日は「猫の日」です!

この記念日は日本の猫の日実行委員会によって1987年に制定されました。平成22年のこの日は「22.2.22」となりメディアでも大きく取り上げられましたね。

今年、令和2年の猫の日は2 が4つも並びます!そこで今回は、10年ぶりのゾロ目を記念して、東京都内にある猫にゆかりのある寺社をご紹介します。

猫好きのあなたも、そうでないあなたも、猫の日の記念に「猫めぐりの旅」はいかがでしょう。

生きている招き猫「ナミちゃん」に会えるかも!東京都台東区「今戸神社」

 
この投稿をInstagramで見る
 

Ryoko(@ryokoryoko27)がシェアした投稿 -

日本神話で「日本で最初の夫婦」とされているのが伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)です。今戸神社には、その伊弉諾尊がまつられていることから、強力な「縁結び」のご利益があるとして、連日、女性やカップルが押し寄せるほど人気のある神社です。

そんな今戸神社のマスコットキャラクターとして愛されているのが、白猫のナミちゃん。普段は、神社の境内でひなたぼっこをしたり、のんびり散歩をしたりしています。ナミちゃんは、周辺に住んでいる野良猫だそうですが、そのすがたを写してスマホの待受画面にしたら、「恋愛や仕事の縁に恵まれた!」という人もいるのだとか。

 
この投稿をInstagramで見る
 

Kumiko(@kumiko_milk)がシェアした投稿 -

境内を歩けばあちこちで招き猫を見かけることができますが、本殿横に設置された歌碑の上にいる「カップルの招き猫」は必見です。この招き猫もスマホの待受画面にすると「願い事がかなう」といわれています。

その他に、絵馬やおみくじ、御朱印帳などにもキュートな猫のデザインがたくさんみられます。猫好きには外せない神社ですね♪

 
この投稿をInstagramで見る
 

grace beautysalon グレース(@grace_beauty_salon_official)がシェアした投稿 -

【詳細】

[今戸神社公式サイト]
住所    東京都台東区今戸1-5-22
参拝時間 (社務受付時間9:00~17:00)

いなくなった猫が帰ってくる!?東京都立川市「阿豆佐味天神社」



 
この投稿をInstagramで見る
 

美容室witch〜やまとなでしこ〜(@kazumi_witch)がシェアした投稿 -

「猫返し神社」の別名を持つ、阿豆佐味天神社(あずさみてんじんじゃ)は、立川市の砂川町にあります。安産・子授けの守り神である立川水天宮(たちかわすいてんぐう)が合わせてまつられており、菅原道真公をまつる天神社、養蚕の神様である蚕影神社(こかげじんじゃ)など、複数の境内社がみられます。

そのなかの、蚕影神社は、蚕の天敵であるネズミを避け、養蚕を成功させるために猫の守り神をまつっています。ジャズピアニストの山下洋輔さんの飼い猫がすがたを消したときに、この神様に願掛けをしたら、次の日に猫が帰ってきました。そのエピソードが有名になり、「猫返し神社」の名が広く知られるようになったそうです。

境内には、「ただいま猫」の石像も。やさしくなでて飼い猫の安全を祈願しましょう。

【詳細】

[阿豆佐味(あずさみ)天神社]
住所    東京都立川市砂川町4-1-1
参拝時間 (電話受付時間9:00~17:00)
(猫絵馬・猫守り受付時間10:00~12:00、13:00~15:30)

猫好きにはたまらない「猫だらけ」東京都世田谷区「豪徳寺」

 
この投稿をInstagramで見る
 

豪徳寺たまにゃん(@gotokuji_tamanyan)がシェアした投稿 -

東京都指定史跡の井伊直弼墓があり、世田谷領主井伊家の江戸の菩提寺として知られる「豪徳寺(ごうとくじ)」。このお寺は、都内にもいくつか存在する「招き猫発祥の地」とされている場所のひとつです。

江戸時代、近江彦根藩第二代藩主の井伊直孝が「弘徳院」という、とても貧しい寺の前を通りかかった際、寺にいた白猫の「たま」に手招きをされました。「たま」に招かれるまま寺に入り、住職にお茶を振る舞われていたところ、突如として外は悪天候に……。「たま」のおかげで雷雨を避けられた井伊直孝は、大変感謝し、直孝の戒名から「豪徳寺」と名付け、井伊家の菩提寺としました。おかげで、貧しかったお寺は盛り返すことができたそうです。

「たま」の死後、住職は、たまが右手を挙げて招いているすがたを「招福猫児(まねぎねこ)」と称して、境内に「招猫殿」をつくり、招猫観音をまつりました。その出来事から「招き猫」発祥の地といわれるようになったのです。

 
この投稿をInstagramで見る
 

豪徳寺たまにゃん(@gotokuji_tamanyan)がシェアした投稿 -

お寺に福をもたらした「たま」は、地元の人々からも愛され、現在では豪徳寺商店街のイメージキャラクターとしても活躍しています。

境内にある五重塔には、いたるところに招き猫やリアルな猫の彫刻があり、「猫探し」が楽しめます。滞在時間中に、いったい何匹の猫をみつけられるでしょうか。

豪徳寺仏殿の左側には「招福堂」があり、こちらの「無数の招き猫がひしめき合う様子」は圧巻です。

招福堂にまつられている招福観音(たま)をお参りすると「家内安全、営業繁盛、心願成就」にご利益にあるそう。招福堂にある招き猫は、願いがかなったお礼として奉納されたものなので、「たま」のご利益の素晴らしさがうかがえます。

【詳細】

[豪徳寺公式サイト]
住所    東京都世田谷区豪徳寺2-24-7
参拝時間  6:00~18:00(寺務所受付9:00~16:30)

東京に行くならVIPライナーの高速バスがおすすめです♪

猫にまつわる寺社めぐりとともに、東京観光を楽しむならVIPライナーがおすすめです。VIPライナーの高速バスを使えば、新幹線や電車にくらべて、旅行に掛かる交通費がおよそ1/3とお得‼ 浮いたお金でちょっぴりリッチに食事やお買い物が満喫できちゃいますね。

東京へのお出かけは、交通費が安くて、宿泊費も節約できる夜行バスをぜひご利用ください。

関西→関東の路線
東海→関東の路線
北陸→関東の路線

高速バスのご予約はコチラ

前へ

ヲタ活・推し事グッズは「サンリオ」で揃えよう!

次へ

【猫の日特集】猫カフェへ行くときの服装&猫カフェ・猫スポットリンク集