【猫の日特集】猫カフェへ行くときの服装&猫カフェ・猫スポットリンク集

きたる2月22日は、にゃん・にゃん・にゃん、で猫の日です。
当コラムでは、これまで「無料で猫と出会えるスポット」や「保護猫カフェ」などの紹介記事を更新してきました。

今回は、猫好きな人のために、猫カフェへ行くときに適した服装についてと、猫関連のコラム記事を一挙にご紹介いたします。
猫とのふれあい

猫カフェへ行くときの服装

猫の毛がつきにくいツルッとした素材が好ましい

猫をさわらなくても、猫がいる空間にいるだけで、衣類には毛が付いてしまうものです。
毛がつきやすいニットやフリース、ネルシャツなどは避け、ツルッとした表地のダウンやシャツ、カットソーなどを着用しましょう。

ニオイのきつい柔軟剤や香水はNG

猫たちはニオイに対してとっても敏感です。
香水はもちろん、きついニオイの柔軟剤を使った衣類を着て行くのは控えましょう。

爪が引っかかってしまう装飾はNG

猫の爪が引っかかって怪我をしてしまう可能性があるため、装飾がたくさん付いた服やレースを使ったもの、誤飲の可能性があるアクセサリーなどは付けていかない方が無難です。
また、パーカーの紐にも要注意です。

裸足はNG!ストッキングは伝染の恐れがあるので靴下がベスト

細菌やウイルス感染を防止するため、裸足での入場をお断りしているお店がほとんどです。
また、ストッキングだと爪が引っかかったときに伝線しやすく、タイツだと毛がつきやすいので、足元は靴下がベストです。

手を清潔に!

感染症リスク軽減のため、手は清潔に保ちましょう!
万が一、怪我をさせては大変なので、爪はキレイに切りそろえ、入場前には手首から指の先まで全体をしっかり洗い、消毒液などをすり込んで猫ちゃんたちにのぞみましょう。

家猫がいる人は着替えとシャワーを活用

おうちで猫と一緒に暮らしている人の場合、カフェ猫たちはその人から家猫の存在を嗅ぎつけ、嫌われてしまうこともあるそうです。
逆に、家猫側も外でほかの猫と触れた飼い主を遠ざける、なんてことも。
念のため、猫カフェに入る前と出たあとはシャワーを浴びて服を着替えることをおすすめします。

東京・大阪・京都・横浜・千葉・埼玉の猫リンク集

VIPなコラムでは、全国の猫に無料で会えるスポットや、保護猫カフェ、猫にゆかりのあるパワースポットなどをご紹介しています。

気になるエリアがあればぜひチェックしてみてください。

【関東編】猫に無料で出会えるスポット【東京・神奈川・千葉・埼玉】

令和2年2月22日の「猫の日」は猫にゆかりのある東京の寺社へ行こう!

【大阪・京都編】猫カフェ&保護猫カフェ

横浜の猫カフェ&爬虫類カフェ&フクロウカフェ4店

猫スポットへ行く前後に「VIPラウンジ」のシャワー利用が便利です

東京・大阪(梅田)・なんばの夜行バス待合室「VIPラウンジ」にはシャワールームを併設しています。

猫カフェへ出かける前の家猫ちゃんのにおい消しに、家に帰るときはカフェ猫ちゃんのにおい消しに、VIPラウンジのシャワーをぜひご活用ください!

東京VIPラウンジ

大阪VIPラウンジ

VIPヴィラなんば

高速バスのご予約はコチラ

前へ

令和2年2月22日の「猫の日」は猫にゆかりのある東京の寺社へ行こう!

次へ

池袋・空き時間つぶしにピッタリな「ごろ寝」スポット