京都の映えるひんやりスイーツ特集

浴衣姿の観光客や鴨川の川床など、夏の京都では風情のある景色がたくさん見られますね。

今回は、とても暑いことで知られている京都の夏にピッタリなひんやりスイーツをご紹介します。

バラの花がキレイ!cafe&wine Violonの「乙女のクリームソーダ」

 
この投稿をInstagramで見る
 

maki(@mamaki3215)がシェアした投稿 -

京都の名喫茶店として長年愛されてきた「喫茶ヴィオロン」。五条駅から徒歩10分の場所に移転し、自家焙煎コーヒーやワインを味わえるカウンター店「cafe&wine Violon」として生まれ変わりました。しかし、喫茶時代の人気メニュー「乙女のクリームソーダ」はリニューアル後も味わえちゃうんです。

どこか懐かしい味わいのソーダにのった、バラの形のバニラアイスが可憐でフォトジェニック。夏季限定の特別メニューなので、食べそびれないようご用心。

日々配合を変えて焙煎するコーヒーと、ソムリエでもある店主がセレクトするワインもたのしめるお店なので、ぜひ一緒に頼んでみたいですね。

【詳細情報】
Violon(ヴィオロン)
公式サイト Violon
場所 京都市下京区松原通西木屋町上ル すえひろビル1F奥【GoogleMap
営業時間 17:00〜25:00(木曜日は18:00〜25:00)
定休日  日曜日
(臨時休業もあるため詳細はブログをチェック)

マーメイドスイーツに思わずため息「café Cherish」

 
この投稿をInstagramで見る
 

京都 カフェチェリッシュ(@cafecherish)がシェアした投稿 -

地下鉄烏丸御池駅から徒歩5分「café Cherish」では、おとぎ話のような世界観のフロートが味わえます。その名も「マーメイドシャイニーラグーンフロート」。ピンク、パープル、ブルーの配色が美しすぎて、スプーンを入れられない! という気分になります。

店内の雰囲気もヨーロッパのアンティーク調で、鳥かごやドライフラワーが幻想的。まるでおとぎ話の中にいるようです。

 
この投稿をInstagramで見る
 

京都 カフェチェリッシュ(@cafecherish)がシェアした投稿 -

テイクアウトのアイスクリームもかわいすぎます。

【詳細情報】
café Cherish(カフェ チェリッシュ)
公式サイト café Cherish
場所    京都市中京区柳馬場二条下る等持寺町4-6【GoogleMap
営業時間  11:00〜19:00 (L.O.18:00)
定休日   月・火曜日
電話    075-211-5705

SNSで自慢したい人気店・喫茶ソワレの「ゼリーポンチ」

 
この投稿をInstagramで見る
 

京都ぼちぼちチャンネル(@kyotobochibochi)がシェアした投稿 -

京都府祇園四条にある「喫茶ソワレ」は、喫茶店好きなら誰もが憧れる名店です。

「宝石の様に美しい」と評判の「ゼリーポンチ」は、ガイドブックやSNSでよく紹介され、開店と同時に満席になるほどの人気ぶり。レモンが入ったソーダの中に、色とりどりの透き通った四角いゼリーがぷかぷか。本当に宝石みたいです。

超人気店ですが、店外での行列は禁止とのこと。透き通った水が流れる高瀬川を散策しながら、順番を待つのも風情があります。川沿いの木屋町通りは、和の雰囲気のお店も点在しているので散歩もたのしいですね。

ゼリーポンチは、夕方には売り切れてしまうことも多く、絶対に食べたいという場合は、早めの時間を狙うか、問い合わせをしてから行くのがおすすめです。

【詳細情報】
喫茶ソワレ
公式サイト 喫茶ソワレ
場所    京都市下京区 西木屋町通四条上る真町95
営業時間  13:00~19:30(L.O.1階18:00 2階18:45)
定休日   月曜日(月曜日が祝祭日の場合は翌日)
電話    075-221-0351

貴重な金平糖がキラキラ美しい!café冨月の「金平糖ソーダフロート」

 
この投稿をInstagramで見る
 

café冨月(ふうげつ)(@gion.cafefu_getsu)がシェアした投稿 -

京都ではおなじみの「一見さんお断り」。そんな場所に入れるという、貴重な体験ができるのがcafé冨月です。その建物は、4代にわたって続いてきた元お茶屋さん。靴を脱いで上がり、お座敷でくつろげる町家スタイルが魅力です。夜は会員制バーで、一般客は入れませんが、日中のカフェタイムには誰でも利用できます。

ここのイチオシひんやりスーツは期間限定の「金平糖ソーダフロート」。ブルーの部分はシロップとクラッシュアイスの入ったソーダ。その上にバニラアイスがのり、金平糖がキラキラと散りばめられます。じつは、この金平糖は「緑寿庵清水」のもの。日本で唯一の金平糖専門店として知られている名店の金平糖なんです。

ほかにもチーズの代わりに豆腐を使ったお豆腐の抹茶チーズケーキや、きな粉と黒蜜の和風アイスなど、和の香りが漂うスイーツをたのしめます。

【詳細情報】
café冨月(ふうげつ)
公式サイト café冨月Instagram
場所    京都府京都市東山区祇園町南側八坂町570-8【GoogleMap
営業時間  カフェ10:00~17:00
定休日  第1・3月曜日
電話   075-561-5937

京都に行くならVIPライナーの高速バスがおすすめ

厳しい京都の暑さも、ひんやりスイーツがあれば、たのしい旅の思い出になりそうですね。年間を通して観光客が訪れる京都も、唯一、夏の時期は少し客足が落ち着く時期なので、人気店を目指すならチャンスかもしれません。

京都に行くなら、VIPライナーの高速バスがおすすめです。朝の早い時間に到着できるので、人気スポットにも混雑する時間帯を避けてたどり着けますし、行列必至のお店も、オープン前からスタンバイOK! 時間に余裕を持って観光できます。

関東→関西の路線

高速バスのご予約はコチラ

前へ

名古屋の「三密回避」でたのしめる観光スポット

次へ

神戸の映えるひんやりスイーツ特集