朝からお寿司だ!東京駅で早朝の時間つぶしをするなら「築地」へ行こう

夜行バスで早朝に到着すると、時間つぶしの方法に困りますよね。
もし東京駅周辺で早朝時間つぶしするなら、「築地」(つきじ)がおすすめです!
今回はそんな築地の概要案内と、早朝からお寿司が食べられるお店をご紹介します。

築地(つきじ)とは?

築地市場

築地とは、東京都中央区にある隅田川河口右岸の地区を指し、水産物がメインの卸売市場があることで有名です。
2018年10月には市場機能が豊洲に移転しますが、「場外市場」はそのまま築地に残ることとなりました。

築地場外市場には膨大な数の飲食店が立ち並び、生鮮食品の新鮮さから国内外問わず観光客に大人気のスポットとなっています。
中には早朝営業のお店もあるので、夜行バスの早朝到着後の朝ごはんを食べるのに適しています。

今回は、築地ならではの「お寿司が早朝から食べられるお店」をご紹介します。

まぐろ好きにはたまらない!「すし富」


*写真はイメージです

築地市場まぐろ専門仲卸「鈴富」の直営店「すし富」。
看板のまぐろはもちろん、白身、青背、貝類など、選りすぐりの旬のネタがずらりと並びます。

月火と祝翌日は朝8時から、水木金土は6時から、日祝は10時からの営業となっています。
「朝からまぐろが食べたい」というときはぜひどうぞ!

主な取扱商品

まぐろづくし、特上鉄火丼、にぎり竹、にぎり松、店長おまかせ、づけ丼(ランチ限定)、築地、宝石箱、穴子西京焼、天然鮪ハラミ串焼

すし富の詳細情報

住所:東京都中央区築地6丁目24番8号
最寄り駅:大江戸線築地市場駅より徒歩約7分、日比谷線築地駅より徒歩約5分
電話番号:03-3524-9255
営業時間:【平日】6:00~26:00 ただし月・火、祝日の翌日は8:00開店 月は22:00閉店 【日・祝】10:00~21:00

女性も入りやすい和モダンなインテリアがポイント!「築地つな男(鮪男)」


*写真はイメージです

まぐろの仲卸、有限会社堺藤の直営店「築地つな男(鮪男)」。
もちろんこちらのお店も、まぐろにとことんこだわっています!
まぐろのほかにも旬のネタや、北海道直送の塩水うに、イクラなどが味わえます。

店内は1階がオーソドックスなカウンター席で、2階は和モダンカフェのようなテーブル席、3階は洒落たお座敷席となっています。

主な取扱商品

まぐろにぎりセット20貫、トロ、うに、イクラ丼、トロ穴子丼、おすすめにぎりセット、まぐろ丼、トロ鉄火三色、にぎり10貫セット、トロうに丼、トロイクラ丼、まぐろ海鮮丼

築地つな男(鮪男)の詳細情報

住所:東京都中央区築地4丁目14番7号
最寄り駅:地下鉄日比谷線 築地駅 徒歩4分 都営大江戸線 築地市場駅 徒歩4分 地下鉄日比谷線 東銀座駅 徒歩10分
電話番号:03-6278-7823
営業時間:6:30~15:00
定休日:無休(不定休あり)

築地すし一番 4丁目場外市場店

市場に並ぶマグロ
*写真はイメージです

系列店「築地すし鮮」とともに24時間営業している「築地すし一番」。
店舗は4丁目場外市場店と築地場外市場中央店のほかに西浅草店もあります。

お店名物の「マグロの解体ショー」は年間およそ300本にもおよぶそう。
時間が合えば解体ショーもぜひご堪能あれ!

主な取扱商品

天然本まぐろ大とろ、焙り天然本まぐろ大とろ、天然本まぐろ中とろ、丸武の玉子焼、天然本まぐろづくし、すし一番おまかせにぎり、特撰おまかせにぎり、うに・いくらこぼれにぎり、活あじ一尾にぎり、天然本まぐろとろ鉄火丼

築地すし一番 4丁目場外市場店の詳細情報

住所:東京都中央区築地4丁目8番6号
最寄り駅:地下鉄大江戸線築地市場駅A1番出口 徒歩2分/地下鉄日比谷線築地 徒歩2分
電話番号:03-3549-1452
営業時間:24時間営業
定休日:年中無休


東京観光へは格安高速バス・VIPライナーが便利!

普段はなかなかできない「朝寿司」を、東京観光で体験してみてはいかがですか?
朝から新鮮な海鮮を食べれば、午後への活力になること間違いなし!
早朝の空いた時間を有意義に使って、忘れられない旅の思い出を作りましょう♪

東京の早朝時間つぶし記事

東京駅周辺の早朝から開いているラーメン屋|個性派編
【東京駅】早朝の時間つぶし方法まとめ
早朝からリッチな朝食を堪能できるカフェ(東京・新宿編) 高速バスのご予約はコチラ

前へ

旬はいつ!?果物狩り年間スケジュール

次へ

京都で紅葉なら京都御所がおススメ!