【池袋編】夜行バスの待ち時間に映画1本がちょうどいい!映画館特集

映画館

夜行バスを利用したときに、中途半端な待ち時間に困ってしまった…なんてことはありませんか?
あてもなくブラブラするのもつらいでしょう。

そんなときは「映画館」へ行ってみませんか?暑さや寒さもしのげて、お腹も満たせます。
今回はVIPライナーのバス乗降場所の一つ「池袋」の映画館をご紹介します。

日本でここだけ!「グランドシネマサンシャイン」で一歩先の映画体験を

7月19日にオープンした「グランドシネマサンシャイン」。オススメは日本初で唯一の「4DX with ScreenX」。

劇中のシーンと連動して動く座席や、香りの演出が楽しめる「4DX®」と、左右を含めた3面スクリーン(視野270°)による上映システム「Screen X」が融合したシアターです。
映画の世界を楽しむアトラクションのような、臨場感あふれる映画体験ができます。

料金は通常の映画チケット代にプラス1,500円かかるため、少しお高めですが、それ以上の満足感が得られることでしょう。
また、4DX®のみなら通常料金+1,100円で鑑賞できます。

グランドシネマサンシャインの詳細情報

公式サイトGoogleMap

サンシャイン60通りにある「池袋HUMAXシネマズ」

池袋HUMAXシネマズ」はサンシャイン60通り沿いにある映画館で、池袋駅東口35番出口から近く、アクセス良好です。

この映画館の魅力は、コラボドリンクの提供や、衣装展示を頻繁に開催しているところ。さらにPARCOカード会員は一般鑑賞料金から300円割引、サンシャインシティカード会員はWEB購入限定で500円割引に。

お得に映画鑑賞できるので、映画好きな人は会員登録をおすすめします。

ほかにも映画が割引になるサービスがあるので、下記を参照してみてください。

他店会員様の映画割引サービスのご案内

池袋HUMAXシネマズの詳細情報

公式サイトGoogleMap

2本立てが1,500円以下で観られる!「新文芸坐」



 
この投稿をInstagramで見る
 

りゅーへいさん(@ryuhe888)がシェアした投稿 -

新文芸坐」は2本立て作品の鑑賞料金が、なんと1,450円(2019年現在。一部、1本のみの上映もあり)。
洋画・邦画問わず、不朽の名作を数多く上映しています。

『仁義なき戦い』や『HiGH&LOW THE MOVIE』などの「シリーズイッキ見」や、拍手・発声・スタンディング鑑賞が可能な「応援上映会」も実施。10月7日までとなりますが、『太陽を盗んだ男』の長谷川和彦特集なども。

長い待ち時間中にぜひ利用したい映画館ですね♪

新文芸坐(しんぶんげいざ)の詳細情報

公式サイトGoogleMap

池袋で夜行バスの待ち時間ができたら「映画館」へ行こう♪

以上のように、持ち時間の長さやお財布事情によって池袋では映画館が選べます。
「VIPライナーに乗るまで2時間以上時間が余ってしまった」というときに、映画鑑賞はいかがでしょうか?

池袋⇔なんば便

高速バスのご予約はコチラ

前へ

旅先のスキマ時間で楽しめるamazonプライムのおすすめバラエティー4選

次へ

夜行バスの移動時間をリラックスタイムにする安眠グッズ4選