【名古屋駅・金山駅ほか】空き時間つぶしに便利な「ごろ寝スポット」4選

旅先でちょっと休憩したい。そんなときに「ごろ寝スポット」を知っておくと便利です。

今回は、名古屋駅や金山駅周辺の便利な「ごろ寝スポット」をご紹介します。

ガッツリお布団でお昼寝できる「ホステルわさび 名古屋駅前」

ホステルわさび名古屋の一室

夜行バスのVIPライナーが運営している簡易宿泊施設「ホステルわさび」。宿泊だけでなく、デイユースの休憩プランもあるので、お昼寝利用に便利です。

上の写真は「カプセルドミトリー」の様子。畳にお布団という和室風の落ち着いた空間で、ぐっすり眠れると評判です。追加料金なしで、テレビやインターネットも利用できます。

また、ホステル内にはシャワーやパウダールームを完備し、フリードリンクサービスも提供。美容家電やヘアアイロンも無料でレンタルできちゃいます。

VIPライナーの夜行バスを利用するなら、お得なシャワープランの選択がおすすめです。夜行バスに乗らなくても、規定の料金を払えば誰でも利用できます。

「ホステルわさび名古屋駅前店」の関連記事

名古屋で仮眠したいときは「ホステルわさび」のデイユースがお得♪

住所:愛知県名古屋市中村区椿町13-5(GoogleMap
アクセス:名古屋駅 徒歩約1分
営業時間:6:00~22:00
料金:2時間1500円 ※延長1時間500円

安心安全でコンパクトな高級空間「ファーストキャビンTKP名古屋駅」

「ファーストキャビン」は飛行機のファーストクラスをイメージした、新しいカタチのコンパクトホテルで、日中のショートステイ・デイユースが2時間から利用できます。日中利用対応のお部屋は「ファーストクラス」「ビジネスクラス」の2種類。

大浴場やシャワーブースが使え、アメニティアイテムも無料で貸し出し。加湿器や、海外用変換プラグといったものまで貸し出してくれるそうです。

ホテルにもかかわらずリーズナブルなお値段なので、気軽に立ち寄ってごろ寝できそうですね♪

住所:愛知県名古屋市中村区則武1丁目15-3(GoogleMap
アクセス:名古屋駅 徒歩約5分
営業時間:24時間
料金:ファーストクラス1時間900円 ビジネスクラス1時間750円 ※ショートステイは2時間から利用可能です。

天然温泉で血行促進!ぐっすり眠れる「天然温泉アーバンクア」

https://www.instagram.com/p/Br7EY07lvyu/

2018年8月にリニューアルオープンした「天然温泉アーバンクア」。名古屋の都心部にも関わらず天然温泉が堪能できるとあって大人気です。温泉入浴のほか、岩盤浴や食事など、多くのサービスが早朝から深夜まで利用できます。

居心地の良さを追及した「温活リビングゾーン」はとっても広々。休憩のほかに、仕事や勉強をする人も多いようです。

さまざまなタイプのスペースが用意されていますが、ぐっすり眠りたい人には個室風のプライベート空間がおすすめ。誰にも顔を見られず熟睡できるはずです。

住所:愛知県名古屋市中区富士見町16-17 キャッスルタウン記念橋 3F(GoogleMap
アクセス:金山駅 徒歩約15分 ※栄駅 金山駅から送迎バスあり 詳しくは公式サイトをご覧ください。
営業時間:6:00~25:30(金曜日のみ9:00から営業)
料金:お風呂3時間コース 平日900円 休日1,000円 温活3時間コース 平日1,100円 休日1,200円 温活フリーコース 平日1,520円 休日1,620円

お昼寝タイムがお得!スーパー銭湯「湯~とぴあ宝」

「湯~とぴあ宝」は30種類のお風呂と8種類のサウナが楽しめるスーパー銭湯です。平日限定お昼寝タイム(11:00~16:00)は5時間800円と破格のお値段。

休憩処にはテレビ付きのリクライニングソファ・シートがずらりと並びます。男女それぞれに専用部屋も用意されているので、女性も安心してお休みできるでしょう。

館内のお食事処「おたから亭」では、定食からおつまみまで幅広いメニューを提供。名古屋の名物を取りそろえた「名古屋名物御膳」や、「飛騨牛ひつまぶし」などが目玉です。

さらに、カラオケや映画も無料で楽しめるので、バス待ちの時間つぶしにうってつけです!

住所:愛知県名古屋市南区前浜通1丁目9(GoogleMap
アクセス:笠寺駅 徒歩約7分
営業時間:6:00~26:00
料金:通常プラン(終日)平日1,800円 休日2,000円 お昼寝プラン(11:00~16:00)800円

名古屋へのお出かけには夜行バスのVIPライナーがおすすめ

名古屋をゆっくり観光するときには、今回ご紹介したごろ寝スポットとともに、VIPライナーの夜行バスをぜひご利用ください。

関東→東海の路線

高速バスのご予約はコチラ

前へ

着るだけで疲労回復できる「リカバリーウェア」が夜行バスにおすすめな理由

次へ

名古屋名物!激辛台湾ラーメンの名店3選