【自撮り術】旅の思い出もかわいく残す!自撮りのコツ6選

いつもと違う場所、いつもと違う音、いつもと違う薫り。
旅行は特別で贅沢な時間ですよね。

せっかく旅先で撮った写真。「後で見たらなんか気に入らない…」
そんなことがないように、今回はかわいく写る自撮りのコツをご紹介します。

自撮りのコツ6選

簡単にできる自撮りのコツを厳選しました。
撮る場所や、角度、構図を変えるだけで写真がまったく違ったものになります。
少しの工夫で綺麗に可愛く写せるので覚えておくと良いですよ。

明るい場所で撮る

直接日光が当たる場所だと顔に影が出てしまうので、“暗すぎない日陰”がおすすめです。
森の中など自然豊かな場所では、木々の隙間から射す木漏れ日がちょうど良い明るさで、雰囲気も出るのでとても綺麗に写りますよ。

綺麗に写るポジションを探す

人の顔も、物も、綺麗に写る角度があります。
例えば人の顔は、左右非対称であることが多いので、左から撮る写真と右から撮る写真では、印象がまるで違ってきます。
自分の顔・一緒に写すものは、どこから撮ったら綺麗なのか研究しましょう。

ちなみに、上から自撮りすると上目遣いになり可愛らしく、
下から自撮りをすると目が細くなりクールに大人っぽく見えます。

斜めに写る

正面から撮ると、のっぺりとしたつまらない写真になってしまいます。
しかし、体を斜めにすることで鼻が高く見えたり、立体的な印象になるんです。
体も細く見えるので、全身を写すときにも大変おすすめです。
また、顔を少し傾けるとリラックスした雰囲気になります。

目線を外す

日常生活では、私たちの視線は絶えず動いています。
写真の時だけカメラ目線なのは、どこか違和感がありませんか?

わざと目線をそらすことで自然な写真が撮れます。
この時、顔をそらすのではなく、目線だけ動かすようにしましょう。

口は開けない

もちろん真顔で自撮りしている人はいないと思いますが、笑うときでも口を開けると顔が大きく見えることがあります。
小顔に見せたいなら、口は閉じたまま口角だけあげてニコッと笑いましょう。

連写する

あれこれ考えるのがめんどくさい。
どうしてもうまく写らない。
そんな時の最終手段が連写です。

とりあえず、角度や場所を少しづつ変えながら連写すれば、1枚ぐらいは綺麗な写真が撮れるはず!


VIPライナーで“かわいく”旅行に行こう!

VIPライナーに乗車された方は、休憩スペースの「VIPラウンジ」を無料でご利用いただけます。

VIPラウンジには、パウダールームを完備しています。
旅行前のお化粧もこれでバッチリ!
さらに、高級コスメや美容家電のお試しもあり、いつもとは一味違った特別なお化粧ができるんです!

https://vipliner.biz/column/vip_loungebeauty/

コスメ&美容家電レンタル無料

さらに、VIPラウンジには、ネイルサロン「Lupinus」も併設。
バスの待ち時間に、あなたのかわいさに磨きがかけられます!

高速夜行バスVIPライナーで“かわいく”旅行に行きましょう!!

高速バスのご予約はコチラ

前へ

イベントのメッカ・幕張メッセの魅力とは?

次へ

かわいく撮れすぎる!自撮りアプリ&ツールまとめ