【新宿編】空き時間にまったりできる「ごろ寝」スポット4選

旅行中に散策していると、どうしても足が疲れてくるものです。
「足を伸ばしてごろ寝したい!」と思ったことがある人も多いでしょう。

今回は、新宿駅周辺でゆっくり横になれる「ごろ寝スポット」をご紹介します。

おしゃれな女性専用ラウンジでひと休み「東京新宿天然温泉 テルマー湯」

「東京新宿天然温泉 テルマー湯」は、オシャレな内装が魅力的な温浴施設。伊豆から天然温泉を毎日運び湯を行っているので、東京にいながら良質な温泉に入れます。

男女共用の「リラックスラウンジ」のほか、3階フロアには女性専用ラウンジ「ヴィーナスラウンジ」が。コンセント完備のリクライニングシートがずらりと並びます。どちらのラウンジも静かにゆったりと過ごせます。

さらに、飲食のサービスも充実。和食やアジアン系のレストランほか、カクテルやウィスキーを楽しめるドリンクバーも完備。

「SPRE BEAUTY & Juice Lab」ではフレッシュなフルーツや野菜を使ったスムージーが楽しめます。お風呂上がりの一杯にもぴったりですね!

長時間の空き時間をまったり優雅に過ごしたい人は、ぜひテルマー湯へ。

住所:東京都新宿区歌舞伎町1丁目1-2(GoogleMap
アクセス:新宿駅 徒歩約8分
営業時間:24時間営業
定休日:年中無休
料金:一般料金 12時間2,405円

高速夜行バス利用ならさらにお得!「ネットルームマンボー 新宿2丁目店」

「ネットルームマンボー」は、鍵付き防音個室でゆっくりできるインターネットカフェです。休憩や仮眠だけでなく、ワークスペースやシャワーのみの利用など、幅広い用途に対応しています。

新宿2丁目店は同系列のお店でも最大級の収容数。ハイスペックPCでインターネット利用もできますが、フリーWi-Fi接続OKなので、スマホで動画閲覧して時間をつぶす方法もアリです。

また、女性専用スペースにシャワーやランドリーもあるので、使い勝手バツグン♪

さらに高速夜行バスのVIPライナーご利用なら、格安のオプションプランもご用意!とにかく安く仮眠したいという人は「ネットルームマンボー 3時間ご利用プラン」をオプションでお申し込みください。

住所:東京都新宿区新宿2丁目10-6(GoogleMap
アクセス:新宿駅 徒歩約9分
営業時間:24時間営業
定休日:年中無休
料金:1時間500円 3時間1,100円 6時間2,000円 VIPライナーのオプションプラン「ネットルームマンボー 3時間ご利用プラン」3時間500円

新宿駅から徒歩90秒!男性専用カプセルホテル「安心お宿プレミア 新宿駅前店」

「安心お宿」は駅チカのラグジュアリーなカプセルホテルで、清潔で安全な個室をリーズナブルな価格で利用できると評判です。

なかでも新宿駅前店は他の店舗にはないプレミアなサービスを取り扱い。「カプセルホテルは窮屈で寝苦しい印象がある」という先入観を覆すような、純国産マットレス・高性能空気清浄機を完備。質の良い睡眠がとれるので、短時間の仮眠でも疲労回復が期待できます。

また、6:30~10:00のモーニングタイムに限り、おむすびビュッフェ・お味噌汁がなんと無料!さまざまな具材が選べますが、新宿駅前店限定の「ピザおむすび」がおすすめです。トースターで焼きあがったとろ~りチーズがおいしい、異色のおむすびです。

VIPライナーでは、オプションプラン「【男性限定】安心お宿 湯処3時間プラン」をご提供。カプセルルームは利用できませんが、休憩室と湯処を格安で使えるお得なプランとなっています。

住所:東京都新宿区新宿4丁目2-10 新近ビル(GoogleMap
アクセス:新宿駅 徒歩約2分
営業時間:24時間営業
定休日:年中無休
料金:90分1,680円 3時間2,180円 6時間2,680円 10時間3,180円 「【男性限定】安心お宿 湯処3時間プラン」3時間1,700円

岩盤浴とTV付きリクライナーでゆったり「OSSO」

新宿区役所裏にある岩盤浴・スパ施設の「OSSO」はレンガ調のオシャレな外観が特徴の施設。

岩盤浴内では雑誌・コミックが読み放題。汗をかいた後は、TV付きリクライナーでゆっくり休みましょう。

美肌効果抜群の岩盤浴で、心身ともにリフレッシュしましょう♪

住所:東京都新宿区歌舞伎町1丁目6-12 ニューメトロビル1F(GoogleMap
アクセス:新宿駅 徒歩約5分
営業時間:24時間営業
定休日:年中無休
料金:2時間1,100円 3時間2,000円 5時間2,600円 12時間3,600円

新宿へ行くなら高速夜行バスのVIPライナーがおすすめ!

VIPライナーの夜行バスを使えば、新幹線や飛行機よりもお得な値段で新宿へお出かけできます!

新宿でショッピング・観光を楽しみつつ、疲れたら「ごろ寝スポット」を利用してみてはいかがでしょう。

関西→関東の路線
東海→関東の路線
北陸→関東の路線

高速バスのご予約はコチラ

前へ

花粉症でも旅行を楽しみたい「快適グッズ」4選

次へ

京都タワーの公式キャラクター「たわわちゃん」とは