【胃腸に自信が無い人へ】夜行バス乗車中の“腹痛”を防ぐ方法

バスで長距離移動するときにコワいのは「お腹」のトラブル。

「薬の持ち合わせがない!\(^o^)/オワタ!」となる前に、事前に腹痛を防ぐ方法をまとめてみました。

胃腸に自信がない方、必見です!

服をゆるめておく・ゆるめの服に着替える

私たちの体は、おなかに力をかけると排泄しやすくなる仕組みになっています。

俗に言う「力む(りきむ)」というやつですね。ですから、逆に力を抜いておなかを楽にさせると、腹痛は和らぐそうです。

まずはおなかを締め付ける要素のベルトや下着をゆるめて、おなかを楽にさせましょう。

ジーパンやキツめのストッキングなどは履かず、ジャージやスウェットなどに着替えた方が良いでしょう。

おなかを温める

腹痛の原因は冷えや食中毒、はたまた心因性のものなど人それぞれ。

特に冷えからくる腹痛は、腸が収縮してしまい、水分が吸収されずに下痢になる恐れがあります。

おなかの冷えを改善するには“あたためる”こと。最適なのはカイロですが、カイロが無い場合は手のひらをおなかに当ててあたためましょう。

ケガの治療をするときに「手当て」と呼ぶように、手を当てることでおなかもあたたまり、じんわりとそのあたたかさで腹痛もやわらいでくるはずです。

手でおなかをマッサージ

手でおなかを反時計回りにゆっくりとマッサージします。

なぜ反時計回りが良いかというと、時計回りに大腸が配置されているからです。大腸の流れを「逆周りにさする」ことで腸の動きを沈める効果があるそうです。

5分を目安に、反時計回りにおなかをさすりましょう。

ゆっくり深く呼吸をする

おなかが痛くなると、呼吸は浅くなるものです。浅くなると酸素を取り込みにくくなり、ますます痛みが強くなってしまいます。

そこで必要なのが深呼吸

  • 10秒ほどかけ、ゆっくりと息を吸い込みます
  • 息を数秒止めたら、細い糸を出すイメージでゆっくりと息を吐きましょう
  • 以上を5回ほど繰り返します

腹痛持ちでもあるコラム担当Sも、この深呼吸はよく試しています。

体内に新しい空気が取り込まれると気持ちも落ち着きますし、呼吸に意識を集中させることで、軽い腹痛なら痛みが消えていることもよくあります。

深呼吸には心身のバランスを整える効果もあり、気分転換にも最適です!

VIPライナーのトイレ付き車両がおすすめな理由とは?

VIPライナーではトイレ付き車両を多数ご用意しています。
ステップを降りた場所にトイレが設置してある「バス中央部にお手洗いがあるタイプ」のものがほとんどで、座席とトイレの間には段差があって離れているので、周囲のお客様をほとんど気にする必要がありません。

急な腹痛が心配なお客様にも安心の設備ですね!
下記のリンク先で詳細をご覧ください。

トイレがある夜行バス、トイレがない夜行バス、あなたはどっち派?

VIPライナーで楽しい旅の時間をおすごしください!

高速バスのご予約はコチラ

前へ

【名古屋編】お花見スポット・桜の名所

次へ

大渋滞も怖くない!バス車内で時間を忘れる暇つぶし方法