【大阪】天保山ハーバービレッジで行きたい屋内レジャースポット

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンをはじめ、大阪を代表する観光地が集まるベイエリアは人気なレジャー施設が数多く集まる場所なので、何度でも訪れたいスポットです。

今回は、そんなベイエリアで人気の「天保山ハーバービレッジ」から、“雨の日”や“暑い夏の日”にも思いっきり楽しめる、屋内の観光スポットをご紹介します。
【大阪】天保山ハーバービレッジで行きたい屋内レジャースポット

実際の地球環境に近づけた展示が魅力「海遊館」

【大阪】天保山ハーバービレッジで行きたい屋内レジャースポット
海遊館は、毎年200万人以上が訪れる人気スポットで、世界中の海の生き物たちが自然に近い姿で暮らしています。トンネル型水槽「魚のとおりぬけ・アクアゲート」から始まる常設展示は、14の水槽で太平洋と周囲の海を実際の地球環境に合わせて再現しています。

世界最大の海を水槽の中に表現「太平洋水槽」

3フロアにわたって続く「太平洋水槽」は世界でも有数の大きさです。水槽の周囲を取り巻くように廊下がめぐらされているので、自由に泳ぐ魚たちを全方向から眺められます。

ここでしかみられないジンベエザメに感動

2019年6月現在、世界最大の魚類であるジンベエザメを飼育している水族館は、本州では海遊館だけ。「カイ」と「ユウ」の2匹が、巨大な水槽をダイナミックに泳ぎまわる姿は必見です。

海遊館の詳細情報
入館料:大人2,300円 子ども(小・中学生)1,200円 幼児(4歳以上)600円 シニア(60歳以上)2,000円
営業時間:10:00〜20:00(9月、10月の営業時間は9:00〜20:00)
公式サイト:https://www.kaiyukan.com/
問い合わせ先:06-6576-5501

さわれる動物園「天保山アニパ」

【大阪】天保山ハーバービレッジで行きたい屋内レジャースポット
屋内型動物園としては西日本最大級の「天保山アニパ」では、犬や猫だけでなく、アルパカやカンガルー、カピバラなどの珍しい動物とも触れ合えます。ナデナデしたりおやつをあげたり、動物たちとのスキンシップを楽しみましょう。

天保山アニパの詳細情報
営業時間:11:00 〜 19:30 (定休日:木曜日)
入場料:600円 (海遊館の半券提示で料金10%オフ)
公式サイト:https://www.kaiyukan.com/thv/marketplace/shop/057/

“腹ごしらえ”なら「なにわ食いしんぼ横丁」

 
この投稿をInstagramで見る
 

御手洗 便さん(@mitarai_ben)がシェアした投稿 -

「なにわ食いしんぼ横丁」は入場料が無料で、関西のおいしい食べ物が集まる食のテーマパークです。「元気な大阪を感じてもらいたい」との思いで、大阪万博が開催された昭和40年頃の大阪を再現して作られました。

映画のセットのような街並みのあちこちに、思わず笑ってしまう面白い仕掛けがちりばめられています。レトロな雰囲気のなかを、歩きながら楽しんでみてはいかがでしょうか。

にぎやかな街並みを堪能した後は「食い倒れの町 大阪」を思う存分味わいましょう。定番の「粉もん」はもちろん、“どて焼き”や“いか焼き”など、大阪へ行くなら一度は食べてみたい名物が大集合しています。

なにわ食いしんぼ横丁の詳細情報
営業時間:11:00 〜 20:00(イベント開催時、季節により変更する場合があります)
公式サイト:https://www.kaiyukan.com/thv/marketplace/kuishinbo/

大阪観光なら便利で快適なVIPライナー

大阪観光を充実した1日にするなら、夜行バスの利用がオススメです。眠っている間に目的地まで移動できるので、朝から効率よく行動開始できます。

VIPライナーの「関東⇔関西便」では、すべてのバスで各座席に清潔なブランケットが用意されているので、エアコンが効きすぎていても快適に過ごせます。快適・安心なVIPライナーの夜行バスで、大阪を満喫しましょう!

※掲載情報はすべて2019年6月現在のもので、変更される可能性があります。

高速バスのご予約はコチラ

前へ

【金沢・富山編】おすすめ花火大会2019

次へ

【鎌倉・湯河原・横浜編】おすすめ花火大会2019