USJへの持ち込みNGなものは?ルールを知って賢く遊ぼう

友人と久しぶりにUSJへ行くことになった休日。久しぶりのUSJは楽しみだけれど、「食べ物って持ち込めるのかな?」と持ち物が気になります。

そんな不安をなくすため、USJへ行く前に必ず確認しておきたいのが持ち込みのルールです。近年、来場者が安全に遊べるよう手荷物のルールが厳格化されてきているので、事前に確認しておきましょう。

テーマパークによってルールが異なるため、持ち込めると思っていたものが持ち込み禁止だった......なんてこともあります。持っていったものを没収されないためにも、ルールを知っておきましょう。

この記事では、食べ物は?飲み物は?と気になる持ち込み事情をご紹介します。

入場前の手荷物検査って、どんなもの?

手荷物・バッグ

USJでは、ゲストが安心安全にパークでの時間を過ごせるよう、エントランス前で手荷物検査を行っています。

クルー(USJスタッフ)がすべての手荷物のサイズや中身・重量を確認するため、荷物は中身が見える状態で検査台の上に置き、リュックサックなど肩にかけている荷物は肩からおろしておきましょう。

カバンの中のポケットのような細かいところや荷物の奥の方まで見られるよう、あらかじめ見やすいよう準備しておくのがオススメです。クルーの案内に従って事前に検査の準備をしておけば、スムーズに入園できます。

もし持ち込みNGのものがあった場合は、USJへ入園できないこともあるため注意しましょう。

パークへの持ち込みがNGなもの

持ち込みNGといっても、全面的に持ち込みNGのものもあれば、条件を満たせばOKのものもあります。持ち込みNGのものについて1つずつルールを確認していきましょう。

キャリーカートなど、大きすぎる荷物

大きなキャリーケース

キャリーケース(スーツケースやトランクなどの大きな荷物)や物品を運ぶようなカート、車両等は、パーク内に持ち込めません。大きな荷物は、あらかじめ、コインロッカーやホテルに預けておきましょう。

パークまで持っていってしまった場合は、パークとバスロータリーの間に大きな荷物が入れられる「XL 特大コインロッカー(サイズは幅536mm×奥行き617mm×高さ926mm)」の利用が便利です。

夜行バスVIPライナーをご利用なら、VIPラウンジのクロークへ荷物を預けることもできます。17時まで無料、18時までの受け取りでもプラス330円で預かってもらえるので、お得に荷物を預けたい人にオススメです。
VIPラウンジ

果物ナイフや銃のおもちゃなどの危険物

水鉄砲も危険物とみなされる

果物ナイフなどの刃物(ハサミやカッターも)や火薬類は持ち込みNGです。また、武器や凶器、ヘルメット(子供用も含む)も持ち込めません。コスプレなどに使用しがちな、銃、刀、手錠、ライフル、水鉄砲などのおもちゃも武器や凶器とみなされます。

安全上の配慮により、2019年からカメラ用の一脚や三脚、自撮り棒の持ち込みおよび使用も禁止となりました。手のひらに収まるハンドサイズのものに限っては、頭の高さを超えない範囲で、片手に持っての使用は認められていますが、伸びるタイプのものは使用できません。

安心安全にパークを楽しめるよう、周囲に危害を加えるおそれのあるものは持って行かないようにしましょう。

食べ物や飲み物

サンドイッチなどの食べ物

持ち込めるかどうかで一番悩むのが食べ物や飲み物。基本的に持ち込めませんが、一部例外もあるのでチェックしておきましょう。

お弁当を食べたい人は、パーク外のピクニックエリアを使おう

食べ物は基本的に持ち込みNG!おにぎりやお弁当、お菓子は持ち込めません。持参したお弁当などを食べたい場合は、パーク外にある「ピクニックエリア」を利用しましょう。無料開放されていて、飲食物の持ち込みができるエリアとなっています。

注意すべきは、再入場できるのは年間パスポート所有者だけという点。そのため年間パスポートがない場合、持ってきても食べるのは入園前や遊び終わった後となります。

食物アレルギーの方や小さなお子さん向けの食べ物は、持ち込みOKとなる場合も

一方、ベビーフードや小さな子供のおやつは持ち込み可能です。パーク内には、離乳食用の電子レンジを利用できるサービスもあるので、小さなお子さんを連れていく場合は便利ですね。

また、食物アレルギーなど食事に制限がある場合も、食物を持ち込める可能性があります。パーク内のレストランには低アレルゲンメニューもありますが、不安な場合は来園前に相談してみましょう。

カンやビンの飲み物はNG

カンやビン入りの飲み物は持ち込めません。また、アルコール類は一切持ち込み禁止です。ただし、500mlまでの「水筒」または「ペットボトル」に入った飲物を1人につき1本までなら持ち込めます。それ以上は持ち込みNGとなってしまい、その場で廃棄しなければならないケースもあるため、注意しましょう。

ドローンや無線機

USJはドローンNG

USJ内には、写真映えするスポットがたくさんあります。近ごろ手軽に入手できるようになったドローンを使って撮影してみたい人も多いのではないでしょうか。

しかし、パーク内でドローンを飛行させると航空法違反となり、ルールに違反した場合、50万円以下の罰金が科せられます。

また、無線機も持ち込みNG!一緒に来たお友だちや家族と連絡をとるのに便利そうですが、スマホなどを使いましょう。

旗・腕章

USJでの旗の使用はNG

旗や腕章はクルーと見間違えてしまうおそれがあるため、使用が禁止されているアイテムです。引率時の使用や、イベントで使用するアイテムでない限り持ち込まないようにしましょう。

犬や猫などのペット

犬や猫などのペット

犬や猫などのペットや動物は一緒に入園できません。ペットを連れてきた場合は、パークに併設されたケンネルに預けましょう。盲導犬や介助犬、聴導犬といったアシスティング・ドッグは入場可能なので、来園前に問い合わせておくと安心です。

NGではないけど使えないもの

マイク

ハンドマイクや笛、ローラーシューズはパーク内での使用が禁止されています。持ち込みNGではありませんが、荷物を減らすためにも持っていかないことをオススメします。

もしローラーシューズを履いていってしまったら、ローラー部分を取り外すか格納して使えないようにしておきましょう。

パークに持っていくのがオススメなのはこれ!

パークに着いてから「あれを持ってこればよかった...!」なんて思いはしたくないですよね。オススメの持ち物を押さえておけば、パークを思いっきり楽しめます。

以前USJで購入したグッズ

ハリーポッターで登場するお城

以前USJで購入したグッズを持っていけば、お得にUSJを楽しめます。ポップコーンバケツを持っていけば、ポップコーンのみの値段でバケツに入れてもらえます。

夏であれば、ウォーターシューター(水鉄砲)も忘れずに持っていきましょう。!市販の水鉄砲は持ち込みNGですが、USJで購入したものであれば持ち込みOKです。ウォーターシューターがあれば、ショーやパレードをさらに盛り上げてくれますね。

ハリーポッターエリアを満喫するなら、ハリーポッターの杖も必需品。エリア内には、杖を持っていると魔法が使えるスポットもあります。

モバイルバッテリー

モバイルバッテリー

USJを朝から夜まで思いっきり楽しむには、モバイルバッテリーが欠かせません。パーク内には、思わず写真や動画を撮りたくなってしまうスポットがいっぱい!いざ写真を撮ろうと思ったら充電がなかった......なんてことになったら悲しいですよね。

それに、充電がなくなったら連絡がとれなくなる心配もあります。広いパーク内では、連絡手段を確保しておくことがとても大切です。

サブバッグやエコバッグ

サブバッグやエコバッグ

全国的なレジ袋の有料化にともない、USJでもお土産袋が有料となりました。そこで、持っていきたいのがサブバッグやエコバッグ。USJの袋は欲しい!という人も増えてしまった荷物をまとめるのに使えますし、お菓子やグッズなどを購入した際にもサブバッグやエコバッグがあると便利です。

レジャーシート

レジャーシートがあると便利

パレードの場所取りやグラマシーパークの芝生での休憩に便利なのがレジャーシート。直接地面に座ると服が汚れてしまう可能性があるので、1枚持っていると安心です。

防水のバッグやカバン・ポンチョなど

ポンチョで防水

USJでは、水に濡れるアトラクションも人気です。そのため、防水のバッグやカバン・ポンチョを準備しておくと安心して楽しめます。びしょ濡れになることもあるので、タオルや濡れたものを入れるビニール袋も用意しておくといいですね。

常備薬

常備薬

もしもの時に備えて持っておきたいのが、常備薬。思っていたより帰る予定が遅くなってしまったとき、薬が手元になくて困るなんてこともあるかもしれません。パークは基本再入場ができないため持っていると安心です。

また、アトラクションによっては酔いやすいものもあります。心配な人は酔い止めを用意しておきましょう。

少ない荷物で身軽なら、たくさんのアトラクションが楽しめます

「持ち込みNGなのに持ってきちゃった!」なんてことがないように、事前に確認しておけば安心です。

それに、持ち込めないものを手荷物検査で没収されてしまったら、せっかくの楽しい旅行もブルーな気分になってしまいます。心配な人は、入園前に再度チェックしておくと確実ですね。

USJに持っていかない荷物を預けたり、身支度を整えたりするには、VIPラウンジのご利用がオススメです。大阪のVIPラウンジは、JR大阪駅から約10 分の大阪VIPラウンジと御堂筋線なんば駅から約3分のVIPヴィラなんばの2つ。旅行のご予定に応じてご利用ください。
関東→関西のバス路線

高速バスのご予約はコチラ

前へ

臨場感が味わえる東京の寄席・末廣亭で落語を楽しもう!

次へ

絶叫が止まらない!ナガシマスパーランドのジェットコースター