絶叫が止まらない!ナガシマスパーランドのジェットコースター

三重県にある遊園地・ナガシマスパーランドをご存知でしょうか?「ナガスパ」の愛称で親しまれるその施設には、連日県内外から多くの観光客が訪れます。

数あるアトラクションの中でもとくに有名なのが絶叫マシーン!この記事では、ナガシマスパーランドに行くならぜひ乗って欲しい、おすすめのジェットコースターをご紹介します。

ナガシマスパーランドで人気のジェットコースター8選

ジェットコースターを楽しむ

ナガシマスパーランドには、大小合わせるとなんと12ものジェットコースターがあります。なかでも人気なのが「白鯨」と「スチールドラゴン」。その迫力とスリルがたまらないと、国内外の絶叫ファンたちから高い評価を受けています。そのほかのジェットコースターにもそれぞれ違った魅力があるので、ナガスパに行ったら全制覇がオススメです。

HAKUGEI(白鯨):木とスチールのハイブリッドコースター

HAKUGEI(白鯨)は、ナガスパに行ったならぜひ押さえて欲しいジェットコースターのひとつ!2019年3月にオープンしたこのアトラクションは、木とスチールを組み合わせて作られた日本初のハイブリッドコースター。国内のジェットコースターランキングで1位を獲得したこともあります。

コースターは頂上へとゆっくり登っていき、ほぼ直角に急降下!白鯨は猛スピードで駆け抜けます。そして最後には360°回転する激しいコークスクリューが乗客たちを襲うのです。白鯨だからこそ体験できるこのスリル!乗った人だけにわかるこの怖さ!ぜひ体感してみましょう。

スチールドラゴン2000:観覧車よりも高い場所から一気に落下

全長が2,479メートルもあるスチールドラゴンは、世界最長のジェットコースターとしてギネス記録に認定されています。

このコースターの最高部分は観覧車よりも高く、その高さから一気に落下するため迫力満点!しかも足は常に浮いているので無重力状態。浮遊感たっぷりなので、よりスリルを感じながらアトラクションを体験できます。

高いところから急降下したと思えば、途中で身体が地面すれすれになる場面も......。大丈夫だと分かっていながらも、その怖さに、思わずヒヤッとしてしまいます。スチールドラゴンという名前の通り、まるで龍の背中に乗って空を駆け抜けているかのような爽快感!1度乗るとクセになってしまうような魅力に溢れるアトラクションです。

嵐(ARASHI):酔いに注意!座席回転の4Dスピンコースター

嵐(ARASHI)は、白鯨やスチールドラゴン同様、ナガスパ内で高い人気を誇るアトラクションです。ちょっと変わっっているのが、普通は固定されている座席がこのジェットコースターでは縦横無尽に回転してしまうこと!

その時の乗客の重量バランスによって回転するため、乗るたびに回転するタイミングや回転数が異なります。次はどんな動きを体験できるのか、繰り返し乗りたくなってしまいますね。

とても体験したくなるアトラクションですが、その予測不能な動きに酔ってしまう人もいるとか。普段から乗り物酔いしやすい人は、あらかじめ酔いどめの薬などを飲んでおくとよいでしょう。

アクロバット:水面ギリギリを駆け抜けるフライングコースター

アクロバットは、うつ伏せの状態で乗車する珍しいタイプのコースターです。身体がコースターから吊るされる状態になるため、下側に引っ張られるように重力がかかます。それは、いままで感じたことのないような不安&恐怖!

他のコースターとは一線を画すアクロバットは、途中で水面ギリギリを駆け抜ける演出もあり、スリル満点です。夏の暑い日に乗ると爽快さを感じられスカッとした気分になり、最高時速90キロの速さはまるで空を飛んでいるよう。普通のコースターとは違うぞくぞく感を味わいたいなら、ぜひ挑戦してみてください。

ルーピングスター:8の字ツイスト

1982年から親しまれているナガシマスパーランド内でも老舗のアトラクションが、ルーピングスターです。時速90キロでスタートした後に大きく一回転し、ループや八の字ツイスト......いうスタンダードなコースターは、ファンからの根強い人気があります。

このアトラクションの動力は、「カタパルト式」というものを採用しているのだそう。圧縮した空気やリニアモーターカーと同じ原理でコースターに圧力を加えます。2021年12月現在、この原理を利用しているコースターは、ルーピングスターが日本唯一だとか。いまのうちに乗っておきたいコースターです。

ウルトラツイスター:回転しながら後ろに落ちる

ウルトラツイスターは、頂上に向かってゆっくりと登りきったあとに、突然急降下。さらに息をつく暇ないタイミングできりもみ回転からバックで一回転と、目まぐるしく展開するアトラクションです。

2011年に一旦営業停止したのですが、その人気のため1年後の2012年に再び営業を再開しています。

シャトルループ:ホームから急発進

1980年に運転が開始したシャトルループは、走路を一周する他のコースターとは異なり、折り返し走行するコースターです。このようなコースターは、以前は多くの遊園地にあったのですが、現在はいずれも営業を停止中。現在体験できるのは、国内ではナガシマスパーランドのみとなっています。

コースターが一瞬停止したと思ったらバックで動き出すという展開。いつ乗ってもハラハラし、何度もリピートしたくなるような魅力があります。

コークスクリュー:定番コースター

コークスクリューは、ナガシマスパーランドにおける初代の絶叫マシーンです。初めて設置されたのは、40年以上も前の1978年。連続で2回転する姿は、コークスクリューの名の通り、ワインの栓抜きそのものです。

このコースターも2011年に一旦クローズしたのですが、アトラクションを惜しむ声が多く2012年に復活しました。

東海の絶叫系の遊園地「ナガシマスパーランド」

ナガシマスパーランド、ゲート付近

ナガシマスパーランドには、絶叫系以外にも多数のアトラクションがあり、その数はなんと60以上にもなります。広い敷地内には巨大なプールやウォータースライダーもあり、夏にはそれら目当ての旅行客で連日大盛況です。

絶叫マシンを体験するにはまだ早いお子さんには「キッズタウン」もありますし、ちょっと疲れた方には、隣接の日帰り温泉施設「湯あみの島」でリラックスできます。

ナガシマスパーランドに行くなら、乗り放題パスポート付きのVIPツアーがオススメ!

このコラムでは、ナガシマスパーランドで特に人気の高いジェットコースターをご紹介しました。ナガシマスパーランドは遊園地やプールあり、温泉施設やショッピングモールなども隣接している総合リゾート施設。家族やお友達と1日中楽しめるスポットです。

そんなナガシマスパーランドに行くなら、大阪出発で乗り放題のパスポート付きVIPツアーがオススメ!東京からのご旅行も、VIPライナーを使えば、VIPツアーへの乗り換えもスムーズです。待ち時間がある場合も、VIPラウンジでリラックスして過ごせますよ。

ナガシマスパーランドをお得に堪能できるバスツアー
関東→関西のバス路線
パウダールーム完備の新しいバスの待合室「VIPラウンジ」

高速バスのご予約はコチラ

前へ

USJへの持ち込みNGなものは?ルールを知って賢く遊ぼう

次へ

「酔い止めバンド」があればバス旅行も安心!車酔いしない秘訣とは