夜行バス・深夜バスでぐっすり睡眠をとるためのポイント

夜行バスや深夜バスの移動は長時間かかりますが、ほとんどの場合寝ている間に目的地に着きます。しかし眠れない人にとって長時間同じ体勢でいるのは、少し苦痛に感じてしまうことでしょう。

そこで今回は、夜行バスや深夜バスで睡眠をとるためのポイントをご紹介します!

寝やすい格好で乗車する

バスの座席は、体勢の移動が容易ではありません。布団の上みたいに思い切り横にはなれないし、寝返りなんてもってのほか! 座席指定が可能でも、すぐ隣が知らないお客様ということもあり、気を使ってしまうことも多々あります。

そのため、できるだけ寝やすい格好で乗車することが第一のポイントです。

sleep2

スーツやスキニージーンズなどのガチガチスタイルで座るより、乗車時だけはジャージやスウェットに着替えておくと、長時間同じような体勢でもリラックスしやすいでしょう。メイクはオフして乗車すると、よりリラックスできますよ♪

【関連コラム】
夜行バスでのオススメの服装【女性編】
夜行バスでのオススメの服装【男性編】


人目が気になるという方は、VIPラウンジで乗車直前に着替えたり、メイクを落としたりすることも可能なので、是非VIPラウンジを有効利用してみてくださいね!

VIPラウンジってどんなとこ? ちょっとした時間を有効に使う♪

安眠グッズを持ち込む

特に何もせずにバスの中で快眠できる人もいる一方で、首を上手に休められなかったり、エンジンの音やたまに聞こえるコソコソ話が耳についてしまったり、なかなか寝付けない人も多いかと思います。

sleep3

このような場合は「首枕」や「アイマスク」「耳栓」といった安眠グッズをいくつか用意しておくと、眠りにつける可能性がグッと高くなります。

【関連記事】
CA直伝!バス移動中にぐっすり眠れる4つのアイテム&秘策

バス旅行に便利な100均グッズ定番編

夏や冬の冷暖房対策としてマスクやブランケット、ちょっとした上着などがあると、さらに快適な夜行バスの旅が期待できますね♪

VIPライナーでも車内設備やアメニティをご用意しておりますので、こちらもぜひ活用してくださいね。

VIPライナー バス使用・設備の詳細はコチラ

できる限り寝やすい姿勢を作る

睡眠が思うように取れず睡眠不足になった場合、スケジュール通りに行動できなかったり仕事がうまく進まなかったりといった問題が起きるかもしれません。

【関連記事】
夜行バスで疲れない寝方とは?

sleep4

疲れない体勢も、もちろん大切ですがバスユーザーにとって一番大切なのは「リクライニングシートが倒せるか否か」ではないでしょうか。バスのシートはほとんど倒せるようになっていますが、後ろの席の人を考えるとちゅうちょしてしまうことも。

VIPライナーでは消灯時間のタイミングで一斉リクライニングのご案内をしているため、リクライニングをフルに倒してくつろげます! これなら、後ろの人をついつい気にしてしまう人でも、遠慮なくシートを全開まで倒せますね♪

※消灯前にリクライニングをフルに倒されてしまいますと、後ろの人の乗り降りが困難になりますので、消灯までは控えめにお願いいたします。

車内での過ごし方の詳細はコチラ

工夫をこらして、より快適なバス旅をお過ごしください!

関西→関東

東海→関東の路線

関東→関西の路線

関東→東海の路線

VIPラウンジのサービス一覧

高速バスのご予約はコチラ

前へ

【東京⇔大阪が500円】ワンコインシート購入方法【東京⇔名古屋も500円】

次へ

夜行バスの待ち時間は何をする?VIPライナー的時間つぶしの方法