【銭湯・温泉】コミケ前後に行ける東京ビッグサイト(国際展示場)近くの穴場お風呂施設

bigsight

東京ビッグサイト(国際展示場)で開催される年に二回の一大イベントといえば、コミケことコミックマーケット。
今回は、汗をかきがちなコミケを快適に過ごすため、前後に銭湯や温泉に入ってさっぱりしちゃおう!という提案です。
「混雑しない穴場で、安く済ませられたら助かる!」という人にうってつけな銭湯をご紹介します。

コミケに関する暑さ・寒さ対策や、交通機関などの注意点などを書いた過去のTips記事もご参照ください。
寒暖差に負けない!冬コミケ服装対策・完全マニュアル
夏コミ・デビュー!初心者のための持ち物チェックリスト

もんじゃストリートのど真ん中!「月島温泉」

tsukishima
月島温泉公式HPより

月島名物のもんじゃ焼き店が軒を連ねる「もんじゃストリート」のほぼ中央に位置する「月島温泉」。
海風が心地よい臨海エリアからもっとも近い銭湯で、昔ながらの味わいがあります。

白湯、薬湯、乾式サウナ(別途料金)などがあり、シャンプー類、タオル等は有料です。
さらにコインランドリーを完備しているので、汗で濡れた衣類をここで洗って乾燥させれば、着替え分の荷物も減るのでおすすめです。

ビッグサイト(国際展示場)から月島温泉への行き方

国際展示場から ゆりかもめ有明駅まで歩いて行き(徒歩8分)、有明駅から「豊洲行」に乗車

ゆりかもめ豊洲駅から東京メトロ有楽町線の豊洲駅に乗り換え、「和光市・川越市・清瀬方面行」に乗車し「月島駅」下車

7番出口から徒歩5分で月島温泉に到着!

月島温泉の詳細

営業時間:金曜日以外 12:00~23:45/金曜日 14:30~23:45/コインランドリー 8:00~23:30
定休日:年中無休(臨時休業日は店内に表示)
料金:460円/サウナ790円(入浴料込み)

未来都市・天王洲に沸いた黒湯が自慢の「天神湯」

tenjinyu
天神湯公式HPより

オシャレ臨海都市・天王洲アイル駅から徒歩11分の距離にある「天神湯」。東京都内で湧出することが多い天然の黒湯が楽しめる銭湯です。

温泉の泉質は「ナトリウム炭酸水素塩冷鉱泉(低張性・弱アルカリ性・冷鉱泉)」。
神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復などの適応症があり、コミケ帰りの疲れた体を癒してくれること間違いなしです。

ほかにバイブラバス、ジェットバスなどを完備。月島温泉と同様、備品類は有料です。

ビッグサイト(国際展示場)から天神湯への行き方

りんかい線・国際展示場駅で「大崎方面行」に乗車

天王洲アイル駅で下車し、山手通りを大崎方面に進む

徒歩11分ほどで天神湯に到着

天神湯の詳細

営業時間:15:00~24:30(最終受付24時)
定休日:金曜日
料金:460円

高速バス・夜行バスVIPライナー利用者ならシャワールーム完備の「東京VIPラウンジ」が便利!

tokyovip

関西、中部からコミケへお越しの方は高速バス・夜行バスVIPライナーが便利です。
移動の交通費が飛行機や新幹線と比べて断然お得となっています。

さらにVIPライナーを利用された方は、もれなくシャワールーム完備(※)の「東京VIPラウンジ」が利用可能です。
※シャワー利用には別途料金がかかります。

関西→関東の路線

中部→関東の路線

秋葉原へ寄る予定の人は、東京駅からほど近い「東京VIPラウンジ」で先にシャワーを浴びてから移動すると、さっぱりできていいかもしれません。

【参考】
高速バスのご予約はコチラ

前へ

東京の下町・お台場で早朝から入れる銭湯・温泉5選

次へ

きときと寿司、氷見うどん、氷見漁港。氷見名物を食べに行こう!