ネックピローを夜行バスで使うなら、無印「フィットするネッククッション」が激推し!

寝ているうちに目的地に到着してくれる夜行バスは、旅行や出張に便利ですよね。しかし、ベッドのように横になれないため、夜行バスの座席ではぐっすり眠れないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

夜行バスでの安眠には、ネックピローの利用がオススメです。ネックピローは「首枕」や「ネッククッション」ともいわれ、旅に欠かせない超便利なアイテム。今回は、無印良品「フィットするネッククッション」の素晴らしさを徹底解説します!

ネックピローがあれば、夜行バスでも極上の睡眠タイム

夜行バスで寝ていて、目が覚めたら首や肩が痛くなった経験はありませんか?夜行バスの中で座ったまま寝ていると、首や肩に負担が大きくかかります。それは首をささえるものがないため、首が曲がったまま寝てしまったり頭の重さが首にダイレクトに伝わったりしてしまうためです。

ネックピローのなかでとくにオススメなのが、無印良品の「フィットするネッククッション」。最近では、顔を隠せるフード付きのものも販売されています。「光が漏れると熟睡できない」「寝顔を他人に見られたくない」という人にとって、顔が隠せるフードはうれしいアイテムですよね。

無印のネックピロー「フィットするネッククッション」のオススメポイントは、次のとおり。

  • フィット感が快適すぎる
  • 低反発ピローのような圧迫感がない
  • ネックピロー以外の用途でも使える
  • サイズ調整ができる
  • カバーが外せて洗える
  • カバーが替えられる
  • セールになっていることもある!

メリットの多い無印良品の「フィットするネッククッション」には、デメリットもあります。

  • 携帯性に欠けるため、荷物としてかさばる
  • ほかの微粒子タイプのネックピローと比べると値段が高い

それでは、無印良品の「フィットするネッククッション」のメリットとデメリットをそれぞれ詳しく見ていきましょう。

使い心地:微粒子ビーズのフィット感が最高!

無印良品といえば、人をダメにするソファが有名です。一度座ったら立てないと評判の「体にフィットするソファ」は、すべてを包み込んでくれる心地よさ。「フィットするネッククッション」も、人をダメにするソファと同じ中綿と微粒子ビーズが使われています。

体が包まれる心地よさとフィット感のおかげで、夜行バスでも熟睡できそうです。風船のように空気を入れてふくらますタイプのネックピローと比べると、携帯性には劣るものの「フィットするネッククッション」には、空気注入式では得られない極上のフィット感があります。

また、「フィットするネッククッション」は、低反発クッションの圧迫感に抵抗がある人にはとくにオススメです。「フィット感といえば"低反発"」と考える人も多いかと思いますが、低反発系のクッションには独特の圧迫感があります。そのため、夏場は暑苦しく感じられてしまい、熟睡できないケースも。

「フィットするネッククッション」なら、圧迫感が少なく、適度なフィット感が心地いいので暑い夏も快適に過ごせるでしょう。夏の夜行バスでもしっかり休息をとりたいなら、「フィットするネッククッション」がオススメです。

関連コラム:夜行バスでリラックスするための必需品

変幻自在:腰あてやヒジあてとしての利用もOK

「フィットするネッククッション」は形が変えられるので、まくら以外にも腰あてやヒジあてにも利用可能です。ネックピローの多くは首にはめて利用するため、クロワッサンのように首にフィットする形。首にしっかりマッチするものの、形が変えられないのでネックピロー以外の用途には使えません。旅行以外は、クローゼットの奥にしまったままなんてことも。

「フィットするネッククッション」は留め具でカチッと止める形状だから、好きな形に変形可能。留め具を外せば、棒状になるので用途が広がります。

座席の背もたれ部分にあてて腰あてとして利用したり、自宅や職場でのパソコンで作業をするときは手首あてクッションにも変えられて便利です。クルッと丸めてヒジあてにすれば、うつぶせ寝のサポートにもなります。仕事や作業中の仮眠にも「フィットするネッククッション」がひとつあると便利です。夜行バスでの移動中以外も使えるので、いろいろな場面で活躍してくれますよ。
vacation.jpg

サイズ調整可能:どんな人にもぴったりフィット

「フィットするネッククッション」はバンド部分のサイズ調整が可能だから、自分にあったサイズに変更して利用できます。せっかくネックピローを利用しても、首とネックピローのあいだに隙間があると首への負担が大きくなり、熟睡できなかったり目覚めたときに首が痛くなったりしてしまいます。

「フィットするネッククッション」ならサイズ調整が可能なので、まくらと首の間に隙間ができる心配もありません。自分に合った快適なフィット感でしっかり体を休められます。

清潔:カバーが外せて洗えるタイプ、替えカバーの購入も可能

ネックピローは長距離移動の旅行やおでかけに欠かせないアイテム。しかし、外出先で使うネックピローは、汚れやすいのがネックです。とくに、カバーが洗えないタイプは厄介です。

その点、「フィットするネッククッション」ならカバーが洗濯できるのでいつも清潔!ただし中のビーズクッションは、洗濯機では洗えませんのでご注意を。中綿の湿気が気になるときは日陰で干し、汚れが気になるときは手洗いで優しく洗うといいでしょう。

替えカバーは単体でも購入可能です。冬場はあったか素材の綿裏毛、春から秋にかけては通年のものと季節にあわせてカバーの素材を変えるのもいいですね。また、フード付用の替えカバーもあるので、カバーだけほしい人にもピッタリです。

洗い替え用やシーズンごとに素材を変えるなど、複数のカバーを使い分けるのも旅行の楽しみのひとつになりそうです。

デメリットは携帯性

「フィットするネッククッション」のデメリットは、携帯性とお値段。

旅行の荷物をできるだけ減らしたい人にとっては、コンパクトに収納できない「フィットするネッククッション」は、かさばってしまうことがネックでしょう。荷物を少なめにしたい人には、空気を入れてふくらませるタイプのエアピローが便利です。

「フィットするネッククッション」は「形が変えられる」「サイズ調整ができる」「カバーが洗える」といった多機能性により、ほかのネックピローと比べると、若干お値段が張ります。

微粒子クッションタイプでも、一回きりの使い捨てでいいのなら、300円くらいで買えないこともありません。しかし繰り返し利用するならやはりメリットが多い無印良品の製品をオススメします。

無印良品ではたびたび商品のマイナーチェンジがあるので、タイミングによってはセール品になっていることも。お値段がどうしても...という人は、セール時を狙いましょう!
travel.jpg

快適なバス旅にするためのヒント

ネックピローがあると、夜行バスの中でも首や腰に負担をかけずに安眠が可能です。しかし、旅行やお出かけの荷物はなるべく減らしたいですよね。かさばるネックピローは、持っていくのが面倒に感じるかもしれません。ネックピローの代用品として厚手のタオルでも、首や腰の負担が減らせます。また、VIPライナーの各座席には、腰ピローと低反発まくらが用意されています。

移動中のアイテムを少し工夫して、快適なバス旅を楽しみましょう。

関連コラム
夜行バスで疲れない寝方とは?
ホットアイマスクで熟睡できるって本当?夜行バス+めぐりズム体験レポ

前へ

新宿で早朝から開いている美容室〜2022年版

次へ

夜行バスで快適な旅を!シート選びから車内での過ごし方までご紹介