夜行バスでリラックスするための必需品

夜行バスは飛行機や新幹線と比べると低価格で、時間はかかりますが寝ている間に目的地に着くので、時間を有効に使えるとても素晴らしい乗り物です。
長時間のバス移動は疲れたり眠れなかったりすると辛いものですが、いかにリラックスし快適に過ごせるかを対策すれば、とてもお得で充実した旅が可能です。

relax

環境の変化に敏感な方へ。最低限の持ち物4点

世の中には「枕が変わると眠れない」「物音がすると眠れない」「乗り物酔いしたらどうしよう」など、環境の変化が気になる人がたくさんいます。

一概にリラックスと言えど、お気に入りの部屋着や抱き枕、手触りの良いブランケット、ホットミルク、欲を言えば傍らで眠る、もっふもふの猫、、、
などなど、追及するとキリが無いですし、夜行バスは眠る場所でありつつ集団での移動手段なので、持ち込める荷物にも限界があります。

バス旅では荷物を軽量化し、いかに快適に過ごせるかがポイントになります。

といういわけで、夜行バスに快適に乗るために最低限必要なものを調べてみました。

【飲料水】

「水分補給」はいわずもがな乾燥したのどを潤すのに必要です。

ただし利尿作用を高めてしまうアルコールや、カフェインが入っているドリンクは避けた方が良いでしょう。

そして冷えたペットボトルはやがて結露がついて下にポタポタ水滴が垂れてくる恐れもあるので、なるべく常温かあたたかいものがオススメです。

【マスク】

今や主流の「使い捨てマスク」は車内の乾燥を防ぎ、すっぴんも隠せる優れものです。

最近では色々なサイズやメイクがつかない加工や香りつきのもの、加湿ができるものなど多様化を極め、用途によってさまざまな効果を発揮してくれます。

【アイマスク】

高速道路の明かりでまぶしくて起きてしまう場合があるので光を隠すのにとても重宝します。

そして視界を遮断することで視覚情報と体の位置情報がにぶり、自律神経の乱れがごまかされるので乗り物酔いも緩和されます。

最近では使い捨ての蒸気のでるホットアイマスクも人気で、目元をじんわりと温め疲れをほぐすので安眠に最適です。

ホットアイマスクで熟睡できる?夜行バスで試してみた!

ホットアイマスクで熟睡できるって本当?夜行バス+めぐりズム体験レポ

【耳栓】

音を遮断し自分の世界に浸るための近道です。

携帯音楽プレーヤーで好きな音楽を聴くのも良いですね。

最近では音楽だけではなくポッドキャストなどのサービスも充実しているので、ポッドキャストの英会話サービスのリスニングもでき、時間の有効活用にもなります。

さらにもう1点!おススメの軽量アイテム

uniqlo
ユニクロ公式サイトより

高速バスは同じ姿勢で長時間過ごすことになるので、身体が痛くなることもしばしば。

そこで万能な軽量アイテムが「折りたためるダウンシリーズ」

特にユニクロのウルトラライトダウンシリーズは収納ポーチもついてそのまま使えばミニクッション代わりにもなり窓側の座席の方は窓と頭の間に枕の様に挟んだり、腰の間に挟んだり、毛布の様に抱えると安心して眠れます。

さらにはデジカメや音楽プレイヤーなどのガジェットの緩衝材としても使えるので「着てよし、置いてよし、挟んでよし、包んでよし」の万能アイテムです。

移動前後にはVIPラウンジがオススメ

vip-recruit2

VIPラウンジとは、

の5か所に展開している、バス乗車前や降車後の待ち時間などにご利用いただけるリラクゼーションスペースです。

各ラウンジによってサービスは異なりますが、パウダールームやドライヤー、ヘアアイロンの貸出、無線LANやフットマッサージ機など色々なサービスに対応しています。

バス移動前に足の疲れをほぐしておくと眠りやすくなりますし、移動後の足のむくみ取りにマッサージはとても有効です。

ぜひVIPラウンジを有効活用して、快適なバス旅をお過ごしください!

参考コラム→「VIPラウンジってどんなとこ? ちょっとした時間を有効に使う

VIPラウンジの詳細

関連記事

耳栓マニアが厳選!優しい&超フィット&遮音性バツグンな「スージーイヤーグミ」で夜行バスの熟睡度をUPさせよう♪ 高速バスのご予約はコチラ

前へ

お台場オクトーバーフェストを100倍楽しむ方法

次へ

夜行バスで移動中にキレイになる!究極の時短美容法「眠活」とは?