東京から名古屋へ行く最適な交通手段は?

kt1

東京から出張や旅行などで名古屋に訪れる際、さまざまな交通手段がありますよね。
そこで今回は、それぞれのメリット・デメリットを比較してみました!
アナタの目的にあった最適な交通手段を見つけてみてください。

交通手段比較



飛行機

kt2

■移動時間
片道:1時間〜1時間半
■費用
片道:7,000~25,000円

飛行機のメリットは、なんといっても移動時間の短さ!フライト自体はたったの1時間程度で着いてしまいます。

「同じ場所にじっと座っているのが苦手……」という方にはオススメの交通手段♪

デメリットとしては、運航本数があまり多くないこと、さらに費用が高いことが挙げられます。

空港までの移動時間・費用、空港での待ち時間なども考慮する必要がありますね。

新幹線

kt4

■移動時間
片道:2時間~3時間
■費用
片道:10,000~15,000円

東京から名古屋へ行く新幹線は、朝5時半ごろから出ています。

朝イチの便に乗れば7時半ごろには名古屋駅に到着可能。

さらにメリットとして、座席が快適なことや、車窓から景色を眺めて楽しめることなどが挙げられますね◎

もし1日だけしか滞在期間が確保できないなら、往路は新幹線でサクッと行って、復路は夜行バスで眠って帰ってくるのもひとつの手。

料金が他の交通機関と比べて割高なのがネックですが、高速夜行バスとうまく組み合わせれば有効な交通手段ですね♪

自動車

kt5

■移動時間
片道:4時間~6時間
■費用
片道:5,500~7,500円

車のメリットは、なんといっても自分の都合で移動できるところ。

好きな音楽をかけて、気の置けない仲間たちと会話を楽しみながら名古屋へ春のドライブ……なんて、考えるだけでワクワクしてきますね♪

また高速道路の利用料金も、複数人でシェアすればかなりオトクに◎

ただし、デメリットもあります。まずは運転役への負担が大きいこと(ドライバーの数が少ない場合はなおさらです)。

さらに渋滞などに巻き込まれたら到着時間が読めなくなりますし、旅行の楽しいムードがしぼんでしまうことも……。

高速夜行バス

kt3

■移動時間
片道:5~7時間
■費用
片道:2,200~8,000円

高速夜行バスのメリットは何と言っても費用の安さ! 

バスの乗り場は関東各地にあり、名古屋駅まで直接乗って行けるので、他の移動費用もほとんどかかりません。

さらに時間を有効活用できるのも高速夜行バスの強み。

夜出発して、車内で眠って朝に到着すれば、名古屋観光にたっぷり時間を使えます◎

「高速夜行バスの座席の狭さや閉塞感が苦手…」という方にも、最近は3列シートのゆったりとしたバスがあったり、ブランケットや腰ピローなどのアメニティが用意されていたりと、快適に過ごせるさまざまな工夫がなされています♪

まとめ

各交通手段のメリット・デメリットをまとめると以下の通り。

飛行機

■メリット
・移動時間が短い
■デメリット
・費用が高い
・空港まで移動する手間・費用がかかる

新幹線

■メリット
・移動時間が短い
・快適で、景色も楽しめる
■デメリット
・費用が高い

自動車

■メリット
・自分の都合で行けるから気がラク
・仲間とシェアすれば費用も割安
■デメリット
・ドライバーは疲れる
・渋滞すると面倒なことになる

高速夜行バス

■メリット
・費用がダントツで安い
・夜間移動ができるので、次の日が仕事でもOK
■デメリット
・空間が狭い


それぞれのメリット・デメリットを考慮して、最適な交通手段を選び、楽しい移動時間にしてくださいね♪

Have a nice trip♡

高速バスのご予約はコチラ

前へ

【大阪・梅田・なんば編】早朝の過ごし方【朝食ブッフェ・朝風呂ほか】

次へ

【時の鐘・菓子屋横丁・喜多院】小江戸川越の定番観光スポットをご紹介!