【名古屋編】おすすめ花火大会

花火には癒しの効果やストレス発散の効果もあります。
日頃の疲れを“花火”で癒してみてはいかがでしょう。
今回は、今夏に名古屋で開催される、おすすめの花火大会をご紹介します。

海の日名古屋みなと祭 花火大会

海の日名古屋みなと祭 花火大会

「海の日名古屋みなと祭」のフィナーレを飾る、名古屋市内で唯一の花火大会。
戦後すぐに始まったお祭りで、今回で71回目をむかえる名古屋の伝統行事だそうです。

今年は名古屋港開港110周年ということもあり、盛大な催しになるようです。
日中にはジャズコンサート、パレード、御神輿といったイベントも盛りだくさん。

花火終了直後は帰宅ラッシュになるので、港にとどまるのもおすすめ!
潮風に吹かれながら名古屋港を散歩をすると気持ちがいいかも。
人も少なく、花火の余韻と祭りのあとの静けさを楽しめます。

海の日名古屋みなと祭花火大会の詳細情報

日時:2017年7月17日(月・祝) 19:30~20:20
場所:愛知県名古屋市港区 名古屋港ガーデンふ頭一帯
打ち上げ数:約3,000発

岡崎城下家康公夏まつり花火大会

岡崎城下家康公夏まつり 第69回花火大会

徳川家康公の生まれ故郷である愛知県岡崎市にて開催される、打ち上げ数約20,000発の大規模な花火大会。

水中を舞う金魚のように動く“金魚花火”は、実は岡崎が発祥です。
江戸時代から花火が盛んな岡崎ならではのユニークな花火をいくつも見られます。

会場は乙川会場と矢作川会場の2ヶ所。
矢作川会場は比較的空いていて、乙川会場は屋台の出店も多く混んでいますが、岡崎城とセットで花火を鑑賞したいならこちらがオススメ。
岡崎城をバックに眺める花火は、なんとも趣深いものがありますよ!

名古屋からは電車で1時間弱。当日は臨時列車も運行しアクセスも簡単なので、ぜひ訪れてみてください。

岡崎城下家康公夏まつり花火大会の詳細情報

日時:2017年8月5日(土) 18:50~21:00(予定)
場所:愛知県岡崎市 乙川河畔・矢作川河畔
打ち上げ数:非公表

長良川全国花火大会・全国選抜長良川中日花火大会

長良川全国花火大会

岐阜県岐阜市の長良川沿いでは、同じ場所、同じ規模の全く別の花火大会が1週間違いで開催されます。
さらに、打ち上げ総数はどちらも約30,000発で、全国2番目の規模を誇ります。

「全国選抜長良川中日花火大会」は明るいうちから“音と煙”の花火を打ち上げていきます。
夜にピークを迎えるので、昼からゆっくりとお祭りと花火をともに楽しみたい人はこちらがオススメ。

「長良川全国花火大会」は夜の19時半から1時間ほどで30,000発すべてを打ち上げます。
全国2位、30,000発もの花火は圧巻です。

名古屋からは電車で30分ほどですので、名古屋観光のついでに訪れてみてはいかがでしょう。
時間や日時をお間違えのないよう、ご注意を!

全国選抜長良川中日花火大会の詳細情報

日時:2017年7月29日(土) 12:00~20:35(夜の部:19:20〜)
場所:岐阜県岐阜市 長良川河畔(長良橋~金華橋間)
打ち上げ数:約30,000発

長良川全国花火大会の詳細情報

日時:2017年8月5日(土) 19:30~20:45
場所:岐阜県岐阜市 長良川河畔(長良橋~金華橋間)
打ち上げ数:約30,000発

名古屋周辺の花火大会はVIPライナーで!

夜行バスのVIPライナーは飛行機やバスに比べて格安!
浮いたお金で花火大会の有料席や、花火の見えるレストランを予約して、ゆっくりと花火を楽しんでみてはいかがでしょう。

VIPライナーが運営するVIPラウンジでは、パウダールーム、コスメ、フィッティングルームも無料でご利用いただけます。
花火前の浴衣の着付けやメイクに、ぜひご利用ください。

名古屋行きのバスを選ぶ

また「VIPツアー」では各地で開催される花火大会のツアーもご案内しております。
こちらもぜひご利用ください。

花火大会日帰りバスツアー
花火大会ツアー

高速バスのご予約はコチラ

前へ

北陸の夜景スポット 金沢・富山編

次へ

富士登山前に知っておきたい「富士山の豆知識・うんちく」