今年も開催!諏訪湖祭湖上花火大会ツアー

国内最大級の打ち上げ数を誇る花火大会といえば諏訪湖祭湖上花火大会です。
今回は日本人なら一度は見たい超有名花火大会についてご紹介します。

諏訪湖祭湖上花火大会とは

花火

長野県中部の諏訪盆地に位置する諏訪湖で毎年8月15日に開催される花火大会。打ち上げは約4万発を誇り、他の追随を許さない国内最大級の規模となっています。

地元長野県では9月上旬に行われる「全国新作花火競技大会」とともに、“諏訪二大花火大会”と称され、多くの観客の目を楽しませています。

詳細情報

日時:2019年8月15日(木)19時~21時(雨天決行)
場所:長野県諏訪市湖畔前諏訪湖上
開門時間:午後2:00予定
最寄駅:JR中央本線上諏訪駅
打ち上げ数:約40,000発

諏訪湖祭湖上花火大会の特徴

花火

諏訪湖祭湖上花火大会の歴史

初回は昭和24年。他の花火大会と同様、地域の人たちを終戦の悲しみから癒し、勇気づけることを目的として企画されました。諏訪市の発展とともに年々規模が拡大されて今日にいたります。今年は第71回目の開催です。

国内最大級の規模!

ダイナミックな花火で知られるこちらの大会。
昨年の観客動員は約50万人。露店のブースは約600店。気になるトイレはなんと340基用意されたそうです。

自然の地形がもたらす音響効果

四方を山に囲まれた、すり鉢型の諏訪湖。
大会の魅力の一つは、自然の地形を活かした天然の音響効果。
周囲に反響する「ドーン!パーン!」という爽快な破裂音は、ストレス解消にもぴったり!

第1部:競技花火

毎年2部構成のプログラムでおこなわれ、うち第1部は全国の有名な花火師が腕を競い合う「競技花火」となっています。
花火のために作られた人工島「初島」の大型発射台から打ち上げられ、作品を競い合うことで知られています。

第2部:地形を活かした仕掛け花火

第2部は湖の地形を活かした大規模な「仕掛け花火」です。
見どころの一つであるスターマインの発射台は、なんと全長約2㎞!
ダイナミックな仕掛けが観客を魅了します。

VIPツアーならアクセスも場所取りも楽々!

せっかくの諏訪湖まで行くのだから良い場所で鑑賞したい。
でも長野には土地勘がないし、場所の取り方もよくわからない…。

そんな時はVIPツアーの諏訪湖上大花火大会 日帰りバスツアーをご利用ください。

花火大会の会場到着から完全フリータイム制で、

  • 有料観覧席(東バル団体席)付プラン
  • プレミアム観覧席付プラン
  • プレミアム観覧席&お弁当+お土産付プラン
  • 特選観覧席(ホテル屋上イス席)プラン

など多数のプランをご用意しています。

往復バスで花火大会を気軽に楽しんじゃいましょう♪

諏訪湖上花火大会 日帰りバスツアー

花火大会ツアー

高速バスのご予約はコチラ

前へ

東京の有名観光地を安くお得に巡るにはVIPライナーの2階建てバス「オープントップバス」がおすすめ!

次へ

【桟敷席プランあり】土浦花火大会ツアーならVIPツアーがお得!