夜行バスで移動中のすっぴん対策

お得に長距離移動ができる、とても便利な夜行バス。
しかし友達や彼氏との乗車時、「完全なすっぴん」は恥ずかしい…なんていう人もいるのでは?
そこで今回は「バス移動時のすっぴん対策」をご紹介します。

ポイントメイクで肌の負担を減らす


肌に負担はかけたくないけど、印象は変えたくない…完全すっぴんはナシだけど、すっぴん風はアリ…乙女心は複雑です。そんな方にはポイントメイクがおすすめ♪

ほんのり色つく「ティント系」の口紅や、話題の「眉ティント」を使用すると、肌から染めたかのような自然な血色と色づきで、より自然なすっぴん風メイクをキープできます。

すっぴん隠しの「三種の神器」で顔を守る!


素顔を隠すことが可能となるマスク・アイマスク・フード付きパーカーは、すっぴん隠しの「三種の神器」とも言えるでしょう。
顔を隠すだけでなく、マスクには保湿効果があり、アイマスクは安眠対策、そしてフード付きパーカーは防寒対策ができて一石二鳥です。

マスク関連記事

耳が痛くならない&よく眠れる&のど潤う!夜行バス向きマスク・ベスト3

すっぴんよりも肌にいい!スキンケアコスメを使おう

すっぴんがいちばん肌に良いイメージがありますが、実はそうとも言えません。
高速バス車内の空調による乾燥は、肌にあまり良くないからです。

近年、各化粧品メーカーから、保湿などのスキンケアができてなおかつ素肌をワントーン明るくしてくれるパウダーやクリームが発売されています。
つけたまま眠れて洗顔不要なんて、夜行バス乗車時にぴったりですね。

すっぴん関連リンク

夜行バスでも彼氏に“すっぴん”を見せない裏ワザ

バス乗車前後のご準備に「VIPラウンジ」をご利用ください

VIPライナーにご乗車のお客様ならVIPラウンジを無料でご利用いただけます。
VIPラウンジでは、クレンジング・洗顔・化粧水・乳液などのスキンケア用品に加え、高級ブランドのファンデーション・アイシャドウ等のメイク用品を用意しています。

また、ヘアドライヤーやカールアイロンといったヘアケア用品の他、「スチーマー」や「目もとエステ」といった話題の美容家電までもが無料で利用可能です。

https://vipliner.biz/column/vip_loungebeauty/

フルメイクまでできちゃうなんて、至れり尽くせりですね。
フリードリンクの上、でWIFIフリー・スマホの充電まで可能なVIPラウンジ。くつろぎながらメイクができると大好評です♪

VIPラウンジ『コスメ&美容家電 レンタル無料』

各地のVIPラウンジ情報は下記をご確認ください。

東京VIPラウンジ
◆アクセス 各線 東京駅八重洲北口より東徒歩約4分
◆利用時間 2階5:30~9:30/12:00~24:30
3階6:00~23:30
◆利用料金 一般1時間300円~(フリードリンクつき。時間帯によって料金が異なる)、VIPライナー利用者一部無料

新宿VIPラウンジ
◆アクセスJR線、小田急線、京王線「新宿駅」徒歩約4分
◆利用時間 6:00~11:00/13:00~24:00
◆利用料金 一般1時間300円~(フリードリンクつき。時間帯によって料金が異なる)、VIPライナー利用者一部無料

名古屋VIPラウンジ
◆アクセス JR線、地下鉄桜通線・東山線「名古屋駅」太閤通南口より徒歩5分
◆営業時間 5:30~9:00、12:00~24:00
◆利用料金 一般1時間300円~(フリードリンクつき。時間帯によって料金が異なる)、VIPライナー利用者一部無料

京都VIPラウンジ
◆アクセス JR京都駅八条西口より西徒歩約5分
◆営業時間 1F営業時間5:45~11:00/13:00~24:10
2F営業時間5:45~9:00/21:00~24:10
◆利用料金 一般1時間300円~(フリードリンクつき。時間帯によって料金が異なる)、VIPライナー利用者一部無料

大阪VIPラウンジ
◆アクセス 西梅田:約5分 / JR大阪:約10分 / 御堂筋線梅田:約12分 / 東梅田:約15分 / 阪急梅田:約20分
◆利用時間 6:30~11:00/13:00~23:30
◆利用料金 一般1時間300円~(フリードリンクつき。時間帯によって料金が異なる)、VIPライナー利用者一部無料

VIPヴィラなんば
◆アクセス 地下鉄御堂筋線「なんば駅」7番出口より徒歩3分
◆営業時間 7:00~11:00/13:00~23:30
◆利用料金 一般1時間300円~(フリードリンクつき。時間帯によって料金が異なる)、VIPライナー利用者一部無料

VIPラウンジを利用して、快適なバス旅をお楽しみください♪

高速バスのご予約はコチラ

前へ

イルミネーションをキレイに撮影するコツ

次へ

【京都】冬の神社仏閣、町家の魅力