鴨シーで「クラゲ」を見るなら冬がおすすめな理由

鴨川シーワールド、通称「鴨シー」。
主にシャチのショーで有名な海洋アトラクション施設ですが、冬場の見どころはなんといっても室内の水族館エリアです。
今回は、鴨川シーワールド館内の人気者「クラゲ」に注目しました!

深海に迷い込んだ「クラゲの気分」になれる展示空間

クラゲ シルエット 鴨川シーワールド

深海のようなインディゴブルーの空間に浮遊する、幻想的な「クラゲ」たち。照明の明るさが最低限なのは、クラゲの姿がくっきり浮かび上がって目立つように、あえてそうしているのだそう。

独特のリラクゼーション空間で、自分自身もクラゲになったような気分が味わえるかもしれません。

たくさんのクラゲたちがお出迎え!推しクラゲを見つけよう♪

それでは生体展示コーナーにいる仲間たちをご紹介します。

食用としても流通している「スナイロクラゲ」

 
この投稿をInstagramで見る
 

鴨川シーワールド Kamogawa Sea World(@kamogawaseaworld)がシェアした投稿 -

タコに似ていることからその名がついた「タコクラゲ」



 
この投稿をInstagramで見る
 

鴨川シーワールド Kamogawa Sea World(@kamogawaseaworld)がシェアした投稿 -

THEクラゲ!もっとも馴染み深い「ミズクラゲ」



 
この投稿をInstagramで見る
 

鴨川シーワールド Kamogawa Sea World(@kamogawaseaworld)がシェアした投稿 -

その名の通り真っ赤な「アカクラゲ」



 
この投稿をInstagramで見る
 

鴨川シーワールド Kamogawa Sea World(@kamogawaseaworld)がシェアした投稿 -

冬から春にかけて太平洋沿岸によく出現する「カミクラゲ」



 
この投稿をInstagramで見る
 

鴨川シーワールド Kamogawa Sea World(@kamogawaseaworld)がシェアした投稿 -

丸っこい姿がかわいい「オワンクラゲ」



 
この投稿をInstagramで見る
 

鴨川シーワールド Kamogawa Sea World(@kamogawaseaworld)がシェアした投稿 -

模様が美しい「パープルストライプドジェリー」



 
この投稿をInstagramで見る
 

鴨川シーワールド Kamogawa Sea World(@kamogawaseaworld)がシェアした投稿 -

美味しそう?な「サムクラゲ」(フライドエッグジェリーフィッシュ)



 
この投稿をInstagramで見る
 

鴨川シーワールド Kamogawa Sea World(@kamogawaseaworld)がシェアした投稿 -

季節限定の展示のほか、クラゲの生態解説エリアや、自分の体を動かして体験しながら学べる「映像水槽ゾーン」、手のひらにクラゲ(の映像)が現れる「クラゲベンチ」など、興味深い展示が多数です。
クラゲ 鴨川シーワールド
クラゲと一緒に浮遊しているような感覚を味わうのに、鴨川シーワールドはぴったりです。

寒い季節は館内でぬくぬくしながら、クラゲと戯れましょう!

鴨川シーワールド

高速バスのご予約はコチラ

前へ

旅の思い出に「ご当地マンホール」の写真はいかが?

次へ

大阪・堺市にオープン!シルバニアファミリーのテーマパーク「シルバニアパーク」の魅力