日本酒はしご酒イベント『KURAND ASAKUSA SAKE FESTIVAL 2016』で人気の日本酒飲み比べができる!

sake1
◼︎『KURAND ASAKUSA SAKE FESTIVAL 2016』公式HPより

『KURAND ASAKUSA SAKE FESTIVAL 2016』とは、日本酒飲み比べし放題店「KURAND SAKE MARKET」が厳選した、全国各地の14蔵元が集結する浅草グルメと日本酒が堪能できるはしご酒イベントです。

お正月やお盆にお父さんやおじいちゃんが飲むというイメージを持たれていた日本酒ですが、最近は、20代〜30代の方にもフツフツと人気が出てきています。

このイベントも過去開催した際の参加者はほとんどが、20代〜30代なんだとか。

そんな人気の出てきている日本酒イベントをご紹介いたします。

50種類以上の日本酒が飲み比べできる

sake2
※写真はイメージです

「KURAND SAKE MARKET」が厳選した14の蔵元がこのイベントのために、浅草に集結。

造り手の話を聞きながら、日本酒を味わえば、よりいっそう美味しく感じますよね。

50種類以上の日本酒を準備していて、なかには「新酒」もあるとのこと。

幻のお酒を味わうことができるかもしれません。

【参加蔵元一覧】
寒梅酒造(埼玉)/土田酒造(群馬)/北岡本店(奈良)/長谷川酒造(新潟)/舩坂酒造店(岐阜)/旭鶴(千葉)/富久錦(兵庫)/基山商店(佐賀)/宝山酒造(新潟)/千代の亀酒造(愛媛)/石井酒造(埼玉)/神杉酒造(愛知)/西堀酒造(栃木)/君盃酒造(静岡)

浅草グルメを堪能しながら「はしご酒」

sake
※写真はイメージです

イベントの参加者は、受付で参加証やカップを受け取り、蔵元直送の美味しい日本酒を片手に、参加店舗をはしご酒することができます。

参加店には、1つずつ蔵元が自信の日本酒を準備して待っていて、自慢の日本酒を振る舞います。

参加している店舗では、ワンコインで買える日本酒によく合うおつまみを用意していて、お好きな浅草グルメとお好きな日本酒の組み合わせを楽しみながら、浅草のまちを散策することができます。

料理はすべてその場で現金払い、日本酒は飲み放題です。

【参加飲食店】
KURAND SAKE MARKET浅草店/浅草 おと/浅草CAFE&BAR鈴楼/CafeRest’Cuzn Home Ground/MATCHA/酒仙の隠れ家 表乃蔵/Bunka Hostel Tokyo/すしまみれ/みくも/他        

『KURAND ASAKUSA SAKE FESTIVAL 2016』の詳細

日程:2016年4月23日(土)
時間:12:00~15:30 ※12:00受付開始と同時スタート
開催場所:浅草周辺
受付場所:KURAND SAKE MARKET 浅草店 〒111-0032 東京都台東区浅草1-43-10レクス浅草B1階
参加費用:前売り券 3,000円(先着 400名様限定) / 当日券 3,500円
※日本酒堪能し放題
※料理はキャッシュオン制となります

浅草に行くならVIPライナー

「日本酒飲み比べイベントにぜひ参加したい!」そう考えているアナタにオススメしたいのが、夜行バス・高速バスVIPライナー!

新幹線や飛行機と比較して格安で利用できる上に、自動車の長距離運転で体力を消耗する心配もありません◎

VIPライナーでは、関西・中部・北陸の各地から東京までの路線をご案内しています!最寄りの乗車場所からのアクセスはVIPライナーホームページをチェック↓↓

関西→関東の路線はコチラ

中部・北陸→関東の路線はコチラ

都バス一日乗車券・都営まるごときっぷプラン

tokyo-hitori8

せっかく東京に来たし、色々なところに行ってみたいという方は、VIPライナー「都バス一日乗車券・都営まるごときっぷプラン」がオススメ。

23区内の都バスを1日乗り降り可能な「都バス一日乗車券」、都営地下鉄・都バス・日暮里舎人ライナー等を1日乗り降り可能な「都営まるごときっぷ」、2つのプランがご利用いただけるので都内の移動がとってもおトクに!

ご予約いただいたVIPライナーのバス料金に、お一人様プラス料金にてご利用いただけます。

『都バス一日乗車券・都営まるごときっぷプラン』の詳細はコチラ

こうしたプランを利用して、旅先での交通費も抑えられるのもVIPライナーのうれしいところですね♪

それでは東京観光を楽しんでくださいね!

Enjoy your trip♪

【参考】
高速バスのご予約はコチラ

前へ

「NEWoMan(ニュウマン)」のテイクアウト可能なお店を紹介

次へ

GWに開催!日本最大級のビーチフェス『Electric Zoo Beach Tokyo』にGO♪