乾燥肌さん必見!夜行バスの乾燥対策

夜行バスでゆっくり休みながら快適に移動♪
でもエアコンが利いた車内にいると、お肌のカサカサが気になる…。そんな方もいらっしゃるのでは?
今回は、長時間車内にいても乾燥が気にならない裏技や、乾燥対策になる便利アイテムをご紹介したいと思います。

お顔とお肌の乾燥対策には“あるアイテム”がすんごく効きます!

make_1
まず、もっとも気になる、お顔やお肌の乾燥。

乾燥を和らげるためにも、自分の周りの湿度を少しでもあげておきたいものですね。

簡単な対策方法として、

  • エアコンの吹き出し口を直に向けない(お隣の席の人にも要相談)
  • 濡れタオルを自分の座席にあるフックなどにかけておく

などが考えられます。

また、顔の乾燥を悪化させる元になるファンデーションは、乗車前にできるだけ落としておきましょう。

保湿もしっかりしておきたいので、化粧水だけなく、乳液やクリームできちんと肌にフタをしてあげるのがベストです!

ここで一つご紹介しておきたいアイテムが、目の周りを保湿する「アイクリーム」

アイクリームは他のクリームよりも保湿効果が非常に高いので、「しっかり乾燥対策をしたい!」という方は、ちょっと贅沢ですが、顔全体に塗るとよいでしょう。

バス下車後の肌の質感が驚くほど変わるので、オススメです!

目的地に着く頃には「プルプルの唇」に♪

睡眠時の唇の乾燥対策には、リップクリームを!

と言いたいところですが、刺激があるメントール、ペパーミント、UVカット成分、落ちにくい成分が配合されたリップクリームは避けた方が良いでしょう。

油分や刺激成分が多く含まれていると、唇に負担をかけて乾燥を悪化させてしまうことがあるので、睡眠時の保湿にはあまり向いていません。

「でも乾燥がどうしても気になる!」という方には、油分がライトで刺激成分も少ない「ワセリン」がオススメです。

塗る際のコツは「縦塗り」で。

唇にリップクリームなどを塗るとき、通常「横塗り」になりがちですが、唇のシワに沿って縦に塗ると、溝の奥まで深く浸透するので、より乾燥が防げます。

また、塗るときの摩擦も小さくなるので、カサカサになりづらいという利点もあります。

「簡単!濡れマスク」で唇と喉も同時に潤う♪

make_4
寒い季節は、喉の乾燥対策としてマスクは絶対に欠かせない!という方もいらっしゃいますね。

とくに乾燥するバス車内では、いつものガーゼマスクを「濡れマスク」にしてみてはいかがでしょう?

作り方は簡単です。

◎濡れマスクの簡単な作り方

  1. ガーゼマスクを用意する
  2. ガーゼマスクの上1/3の部分を外側に折る
  3. 折った部分だけを水で濡らす
  4. 折った状態で、鼻にはかけないよう、口だけにマスクをする


これで口周りの湿度がぐっと上がり、唇だけでなく喉の乾燥を防いでくれます。

また、喉の乾燥対策にはお水を飲むことも必要不可欠!

ただし、水分は一度にたくさん飲むとすぐに排泄されてしまい、保水効果が薄いので、少しずつ飲むことを心がけましょう。


メイク落としに、保湿に!VIPラウンジでたっぷり潤う♪

haircare

「バスの中で乾燥してしまった!」という方もご安心ください。

東京、名古屋、大阪、なんば、京都で下車される方は、無料のスキンケア商品と、ナノケアシリーズの美容家電がずらっと揃ったVIPラウンジをご利用になれます。
お疲れモードのお肌や髪に、ぜひ使ってみてください。

VIPラウンジでご利用できる無料コスメ・スキンケア・美容家電のご紹介

また、乗車前のメイク落としの際にも、VIPラウンジのパウダールームがご活用いただけます。

全国のVIPラウンジ

VIPライナーをご利用のお客様なら、すべて無料で使えますので、ぜひ利用くださいませ♪

高速バスのご予約はコチラ

前へ

野趣あふれる「ほったらかし温泉」の魅力

次へ

ひたち海浜公園でコキアやネモフィラを見るなら日帰りバスのVIPツアーで!