【大阪編】お花見スポット・桜の名所

春といえば桜の季節。お花見を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?
今回は「大阪のお花見スポット」をご紹介します。

お花見の大定番!「大阪城公園」

大阪城公園は言わずと知れたお花見スポット。
公園内でも「西の丸庭園」に桜が集中しており、満開の桜越しに見える天守閣の姿は圧巻です。

人が少ないところでゆっくり桜を楽しみたいなら、「音楽堂付近」でのお花見がおすすめ!
広い敷地なので、散策しているうちに自分だけのお気に入りスポットが見つかるかもしれませんね。

開花の時期にあわせ、夜間は18:00~21:00まで「観桜ナイター」というライトアップイベントも開催されます。
お城と夜桜の競演をぜひ堪能してみてください。

大阪城公園の詳細

桜の見頃:3月下旬〜4月上旬
本数:約3000本(ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ヤエザクラなど)
住所:大阪府大阪市中央区大阪城3−11
最寄り駅:地下鉄長堀鶴見緑地線・大阪ビジネスパーク駅より徒歩5分
JR環状線・大阪城公園駅より徒歩5分
JR・京阪・地下鉄長堀鶴見緑地線・京橋駅より徒歩15分
JR・地下鉄中央線・森ノ宮駅より徒歩15分

大阪の桜の名所といえばココ!「造幣局 桜の通り抜け」

大阪造幣局 桜の通り抜け

規模はそこまで大きくないものの、大阪府内では一番人気のお花見スポットです。
毎年開花の時期に合わせて一週間ほど無料で開放されています。例年、開放日は3月中旬頃には発表されるそうです。
主にヤエザクラが多いので、ソメイヨシノより開花の時期が遅いのでご注意を。

ヤエザクラ独特のかわいらしい大輪の花のアーチが約600メートル続く桜のトンネルは見ものです!
ライトアップは日没~21:00まで開催。ぼんぼりに照らされた趣ある桜が、昼とは違う表情を見せてくれます。

大阪造幣局の詳細

桜の見頃:4月中旬
本数:約350本(ヤエザクラなど)
住所:兵庫県姫路市本町68
最寄り駅:地下鉄谷町線、京阪本線・天満橋駅より徒歩約15分
JR東西線・大阪天満宮駅より徒歩約15分
JR東西線・大阪城北詰駅より徒歩約15分

太陽の塔と桜が競演!「万博記念公園」


1970年に開催された大阪万博の会場跡地である万博記念公園。
岡本太郎作の「太陽の塔」がそそり立っている景色が有名ですね。

そんな「太陽の塔」と桜の、迫力あるコラボレーションが見られるのもこの時期だけ。インスタ映えバッチリなお花見スポットです。

広大な敷地のさまざまな場所に桜の名所が多数あり、庭園散策を楽しみながらお花見ができます。
万博記念公園桜まつり」開催中はライトアップ(17:00~21:00)もしているので、夜桜見物もおすすめ!

お花見ついでに敷地内にある国立民族学博物館(みんぱく)に寄ってみるのもいいかもしれません。
世界の民族の生活用具などが多数展示してあり、異文化との出会いが楽しめます。
充実したミュージアムショップや企画展にちなんだ民族料理が食べられるレストランもありますよ!

万博記念公園の詳細

桜の見頃:3月下旬~4月上旬
本数:約5500本(ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ヤエザクラなど)
住所:大阪府吹田市千里万博公園1−1
最寄り駅:大阪モノレール・万博記念公園駅もしくは公園東口駅

大阪へのお花見旅行にはVIPライナーがおススメ!

VIPライナーの夜行バスなら、飛行機や新幹線に比べて約1/3の交通費で大阪へ行けます。

関東→関西の路線

また、VIPライナーが運営する「ゲストハウスわさび大阪Bed and Library」と合わせて利用すれば、宿泊代も含めてさらにおトクです◎

VIPLINER【往復】×ゲストハウスわさび大阪Bed and Library セットプラン

VIPライナーでおトクで楽しい旅をお楽しみください♪

高速バスのご予約はコチラ

前へ

お花見・夜桜見物の持ち物・服装リスト

次へ

【横浜・神奈川編】お花見スポット・桜の名所