【名古屋編】お花見スポット・桜の名所

お花見シーズンまであとわずか!
そこで今回は名古屋のお花見スポットをまとめました。

鶴舞公園(つるまこうえん)

名古屋市が設置した最初の公園として明治42年(1909年)に開園した鶴舞公園。

園内には市指定文化財の噴水塔や普選記念壇(ふせんきねんだん)、イタリア・ルネサンス風の奏楽堂(そうがくどう)、木曽ヒノキの最高級品を使用した本格数寄屋建築・鶴々亭(かくかくてい)など、歴史的価値が高い施設が多数そろい、平成21年(2009年)には公園のほぼ一帯が国の文化財として登録されました。

そんな歴史的建築物と桜のコラボレーションが見れるのはとても貴重です。

園内には750本のソメイヨシノのほか、バラや花ショウブなど、さまざまなお花の名所としても知られています。

鶴舞公園の詳細

見頃:3月下旬~4月上旬
さくらの本数:約750本(ソメイヨシノ)
ライトアップ:18:30~21:30(2017年3月24日~4月6日を予定。)
住所:愛知県名古屋市昭和区鶴舞1
最寄り駅:JR中央本線鶴舞駅からすぐ

東山動植物園の桜

昭和12年(1937年)に開園した、歴史ある東山動植物園。

こちらの桜には銘木が多く、北園カバ舎前のソメイヨシノの中には、高さ13メートル、幹回りが約170㎝の巨木もあります。

ピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、高さ13メートルとは、ビルに直すと3~4階建ての高さになります!

3月中旬から4月中旬まで開催している春のイベント「桜の回廊」では、日本全国から約100種・約1000本の桜を集め、里山にヤマザクラが咲く風景を再現しています。

4月中旬には黄緑色の「御衣黄(ぎょいこう)」、濃いピンク色の「関山(かんざん)」、4月下旬にはひとつの花に200枚以上の花びらを持つ珍しい品種「兼六園菊桜」など、見ごたえのある桜が咲きほこります。

100種類の桜が見られるなんて、植物園ならではのラインナップですね!

東山動植物園の詳細

見頃:3月中旬~4月上旬
さくらの本数:約3800本(ソメイヨシノ、カンヒザクラなど)
住所:愛知県名古屋市千種区東山元町3-70
最寄駅:地下鉄東山線「東山公園」駅下車 3番出口より徒歩3分
地下鉄東山線「星ヶ丘」駅下車 6番出口より徒歩7分
※植物園は星ヶ丘駅が便利です。

五条川の桜並木

「日本さくら名所100選」に選ばれた愛知県屈指の桜の名所「五条川」。

町の中央から南西にわたって約8キロに流れており、その両側に桜並木が続いています。

名古屋の中心地からは少し外れますが、この桜並木には一見の価値ありです。

堤の片側には「尾北自然歩道」があり、歩行者専用道路になるので、車の流れを気にせずに散策しながらお花見が楽しめます。

夜には新田橋から平和橋までライトアップをおこない、昼とはまた違った幻想的な桜空間が楽しめます。

ゴミ箱の設置はありませんので、ゴミは必ず持ち帰るようにしましょう。

五条川の桜並木の詳細

見頃:3月下旬~4月上旬
さくらの本数:約1900本(ソメイヨシノ)
ライトアップ:18:30~21:30(2017年4月1日~10日を予定。)
住所:(尾北自然歩道)愛知県江南市天王町~曽本町
最寄駅:名鉄犬山線柏森駅からコミュニティバス基幹ルートで5分、大口町役場下車、徒歩5分。

名古屋のお花見へは高速バス・夜行バスのVIPライナーで

「名古屋へ是非お花見に行きたい!けど新幹線や飛行機は高いなぁ…」

そんなあなたにおすすめなのが、高速バス・夜行バスVIPライナー

新幹線や飛行機より格安で名古屋へ行けます。

名古屋行きのバスを選ぶ

また、VIPライナーご乗車の方は、格安ビジネスホテル「ゲストハウスWASABI名古屋駅前店」への宿泊がオススメ。

title (3)

VIPライナーご乗車のお客様は「ゲストハウスWASABI名古屋駅前店」に格安で宿泊できます。

ゲストハウスWASABI1泊宿泊プラン

「1泊宿泊プラン」は人気なので、空室のない場合はこちらもチェックしてみてください。

ゲストハウスWASABI名古屋駅前店

高速バスのご予約はコチラ

前へ

サウナに入ってバスで快眠!東京駅周辺のサウナ3選

次へ

【胃腸に自信が無い人へ】夜行バス乗車中の“腹痛”を防ぐ方法