激安で美味しいご飯が食べられるかも?『地元めしフェス』を見逃すな!

スクリーンショット 2016-03-31 10.16.58

北は北海道、南は沖縄までの「地元めし」を提供する約66店舗が一堂に会する大型イベント「地元めしフェス”クオーゼイin日比谷”」が4月7日〜10日まで行われます。

日本各地で獲れた鮮魚や野菜、肉類を豪快に炭火などの直火で焼き上げ提供するブースが多数出店し、昨年は約43万人超の来場者で賑わいました。

今年から新企画として「ワンコイン地元めし」が開催されます。

通常600円から中には1,000円ほどするものまでが、なんと500円で食べられちゃいます!

他にもたくさんイベントがありますので、それぞれチェックしていきましょう♪

本場の味ができたてアツアツで食べられる!

スクリーンショット 2016-03-31 10.19.35
○いかめし「阿部商店」公式HPより ※出品は豚丼です

全国各地から60を超すグルメブースが大集結します。

北海道のいかめし屋「阿部商店」から『阿部商店のひこま豚丼』が初出品。

『阿部商店のひこま豚丼』は、北海道でこだわりの飼育法で育てられた「ひこま豚」を存分に使用して作らています。

また群馬県からは『大とろ牛乳』が初出展。

牛乳とコラーゲンを少しだけ凍らせて、スムージーのように飲むものとなっていて、シャリっと心地よい口当たりがさっぱりとした後味をもたらします。

1日50食限定の新企画「ワンコイン地元めし」

a0002_000005_m

新企画の「ワンコイン地元めし」。

34店舗が大盤振る舞いで提供する「ワンコイン地元めし」は、通常より格安で「地元めし」を堪能できる絶好のチャンス。

北海道から「肴や一蓮 蔵」より、『こぼれいくら小丼』。

プチプチの自家製いくらをこぼれるまでたっぷりとのせたいくら丼で、北海道ならではの豪快メニューとなっています。

小丼といってもシャリは230gとなかなかのボリュームがあり、贅沢気分を存分に味わえます♪

また北海道の「鮨処 竜敏」より日替わりで『限定握り6貫』が、500円で味わえます。

埼玉県からは「みやのかわ商店街振興組合」より、『わらじかつ丼』が初出展。

その名の通り1足のわらじをイメージした大判のカツが2枚ものっていて、とてもボリューミーな一品です。

同時開催、「ご当地ドリンクをノモーゼイ」

a0790_000981_m
※写真はイメージです

地域限定の清涼飲料水が全国各地から9品参加し、グランプリを目指す毎年大人気の企画です。

100円の参加費で9種全ての飲み物を飲むことができるため、価格的にもお得なイベントです。

クオーゼイin日比谷へは高速バス・夜行バスVIPライナーで

a0070_000125_m

普段遠くまで食べに行く機会もないし、クオーゼイに参加したい。そうお考えのあなたにオススメなのが、高速バス・夜行バスVIPライナー!

飛行機や新幹線よりも格安で日比谷に向かうことができ、早朝到着・深夜出発なので宿を気にする必要もありません。

賢く使用して、食費や、観光日に当ててみてはいかがでしょうか?
イベント概要
日 時: 2016年4月7日(木)〜10日(日)10:00〜20:00 ※ただし最終日は18:00迄
出店数: 66店舗 ※2016年3月1日現在
入場料: 無料
【参考】
高速バスのご予約はコチラ

前へ

GWに開催!日本最大級のビーチフェス『Electric Zoo Beach Tokyo』にGO♪

次へ

横浜アリーナでライブ後に乗れる夜行バスは?お役立ち情報まとめ