ログイン

Tポイント 貯まる!使える!

快適高速バス・夜行バス・深夜バスの予約サイト【VIPライナー】

VIPライナーは高速乗合バス(路線バス)を取り扱っています

  • 高速バス予約
  • バスツアー予約
  • VIPラウンジ
  • 宿泊予約わさび
  • ネイルサロン ルピナス
  • 宿・ホテル予約
  • 貸切バス予約
  • 繁體中文
王子エリア

このエリアは観光名所が集結していて、見所満載。江戸時代から続くおまつりを行っている神社や、シーズンにはテレビ中継されるほどの 有名なお花見スポットなど街の中に自然を感じることができるポイントがたくさん点在しています。


目的から探す地図から探す

オススメスポット関東エリア王子エリア> 地図から探す



×

名主の滝公園

名主の滝公園は、男滝(おだき)を中心とする女滝(めだき)・独鈷の滝(どっこのたき)・湧玉の滝(ゆうぎょくのたき)の4つの滝とケヤキ・エノキ・シイ、そして100本余りのヤマモミジが植えられた斜面を巧みに利用して自然の風景を取り入れた回遊式庭園です。

詳しく見る

×

王子稲荷神社

関東稲荷社の総社として、狐にまつわる言い伝えが多く残るこの神社は、落語「王子の狐」の舞台としても知られ、狐の石像が多数あります。凧市・狐の行列などの行事が行われ、江戸時代から現代まで多くの参拝者で賑わっています。

詳しく見る

×

お札と切手の博物館

展示室では、お札、切手、証券など、国立印刷局が製造した各種製品と、明治期以前のお札、諸外国のお札や切手、お札の製造と深いかかわりをもつ銅版画など、様々な資料を展示し、お札の歴史、偽造防止技術などについて解説しております。

詳しく見る

×

王子神社

この一帯の「王子」という地名の由来になっている格式高い神社です。最盛期には飛鳥山も支配地としていました。創建年は不詳ですが元亨2年(1322年) には当地の領主豊島氏が社殿を再興した記録が残っています。

詳しく見る

×

音無親水公園

小平市の東部を源にして隅田川に注ぐ石神井川の旧流路に整備された公園です。石神井川は、北区付近では“音無川”と呼ばれ親しまれ、古くからの四季の行楽の名所でした。

詳しく見る

×

飛鳥山公園

この地を桜の名所に仕立て上げたのは、八代将軍徳川吉宗でした。約280年前、吉宗が享保の改革の施策のひとつとして、江戸っ子たちの行楽の地とするため、飛鳥山を桜の名所にしたのです。

詳しく見る

×

紙の博物館

紙の博物館は、1950年(昭和25年)に、和紙・洋紙を問わず、古今東西の紙に関する資料を幅広く収集・保存・展示する世界有数の紙の総合博物館として誕生しました。

詳しく見る

×

北区飛鳥山博物館

飛鳥山公園のなかにある北区域の風土や歴史を紹介する博物館です。常設展示は、1つの象徴展示(豊島郡衙の正倉の復元)、13の時代別に分類したテーマ展示、そして荒川の生態系を取り上げた展示により構成されています。

詳しく見る

×

渋沢資料館

渋沢史料館は、日本の近代経済社会の基礎を築き、生涯「道徳経済合一説」を唱え、実業界のみならず社会公共事業、国際交流の面においても指導的役割を果たした渋沢栄一[1840(天保11)~1931(昭和6)年]の全生涯にわたる資料を収蔵、展示しています。

詳しく見る

×

旧渋沢庭園

飛鳥山公園の一角は、渋沢栄一が1879(明治12)年から亡くなる1931(昭和6)年まで、初めは別荘として、後に本邸として過ごした「曖依村荘(あいいそんそう)」とよばれる邸宅跡です。

詳しく見る

×

都電おもいで広場

都電おもいで広場では、懐かしい停留場をイメージしたスペースに貴重な都電の5500形(5501号車)、旧7500形(7504号車)を展示しています。

詳しく見る

×

東京ゲーテ記念館

1949年、ゲーテの生誕200周年を記念して、実業家の粉川忠が設立し、1988年に現在地に移転しました。

詳しく見る

×

北区立滝野川公園

滝野川公園は、水と緑が多く、子どもから高齢者まで、多くの人々に利用されています。この公園の特徴は「防災公園」としての性格も有していることです。北区防災センターが隣接し、災害備蓄倉庫、応急給水槽(1500トン)、深井戸、散水塔(放水銃)などの防災設備が整っています。

詳しく見る

×

東京都北区防災センター(地震の科学館)

東京都北区防災センターは、国の「防災基地モデル建設事業」の一環として、昭和59年11月に開館しました。

詳しく見る

×

平塚神社

平塚城の城主 豊島近義は後三年の役で城に立ち寄った源義家から饗応への返礼として鎧一領を譲られ、これを清浄な地に埋め、塚を築き、平塚城の鎮守としました。

詳しく見る

×

旧古河庭園

1917年(大正6年)に古河虎之助男爵の邸宅として現在の形に整えられました。現在は国有財産であり、東京都が借り受けて一般公開しています。

詳しく見る

閉じる

TOPへ戻る