お花見に行こう!東京・埼玉のオススメお花見スポット紹介

sakura-1116285_640

少しずつ春に近づいてきて、暖かくなってきた今日この頃。
春と言えば、お花見ですね。
いつも家の近くでお花見している方も、たまには遠くへ出向いてお花見してみてはいかがでしょうか?
今回は、パーティー・デート・ピクニックなどで訪れたい「東京・埼玉の桜の名所」をご紹介します。

井の頭恩賜公園

p4057902-500x375

東京都武蔵野市にある公園で、全体で約500本の桜が植えてあり、池の周囲には約250本の桜が雄大に枝を広げています。

桜が池にせり出して咲き誇っている光景はまさに圧巻。

西園には多くの品種の桜があるため、三月上旬ごろから早咲きの桜が咲き始めて、八重桜やしだれ桜、白花の桜、濃紅色の桜と次々に咲いていくので、4月下旬まで桜を鑑賞できます。

公園なので24時間無料で開放されているため夜桜をみたり、お酒の販売があるので桜を見ながら一杯といったこともできます。

お花見シーズンは大変混雑するので、場所取りが必須です。

隅田公園

p4047124-500x375

東京都墨田区にある公園。
江戸時代に8代将軍・徳川吉宗が桜を植えたのが始まりで約640本の桜が墨田川の両岸約1㎞にわたって桜並木を形成しています。
最近はすぐ近くに東京スカイツリーができたので、桜とスカイツリーといった贅沢な光景が見られます。

また、隅田川の屋形船に乗れば、川から両岸の桜を見ることもでき、さまざまな角度からの桜を楽しめます。
24時間無料で開放されていて、お酒の販売もあるので、スカイツリーに上った後に桜を見ることも可能です。

岩槻城址公園

2

埼玉県さいたま市岩槻区にある、岩槻城址を整備して作られた公園で、桜とスイレンの名所です。
春は公園内に約600本の桜が咲き誇り、4月はじめには「岩槻城址公園桜まつり」も催され、大勢の花見客でにぎわいます。

中央の池にかかる朱塗りの八つ橋も桜の花でより一層きれいに。
見ごろは3月下旬から4月上旬で、露店やお花の販売もやっているので一度訪れてみてはいかがでしょうか?

大宮公園

958ba41955e3c41ced5640.83116549

埼玉県さいたま市大宮区にある公園で、埼玉県内屈指の桜の名所です。
春になると約千本の古木の桜が咲き乱れます。

また自然に恵まれた広大な敷地内に桜がトンネルを作って、空をピンク色に染める素晴らしい風景を作り出します。

与野公園

-shared-img-thumb-PAK86_sakuranotoorinuke15101004_TP_V

埼玉県さいたま市中央区にあるこの公園は、1877年に開園しました。

3月下旬から4月上旬に園内で約300本のソメイヨシノを鑑賞できます。

また5月の中旬になると、約170種、3000株のバラが一斉に咲き誇るのでそちらもおススメです。

関東へお花見しに行くなら高速バス・夜行バスVIPライナー

スカイツリー

「桜を遠くに見に行きたい!でもその前にまずどうやって行くべきかな?新幹線は便利だけど、チョット値段がはるし…。」

そんなアナタにオススメしたいのが、高速バス・夜行バスVIPライナー!

新幹線や電車に比べて格安でに行ける上、自動車の長距離運転で体力を消耗する心配もありません♪

高速バス・夜行バスVIPライナーでは、関西や中部・北陸地方から東京・埼玉までの路線をご案内しています!

最寄りの乗車場所からのアクセスはVIPライナーホームページをチェック↓↓

関西→関東の路線

中部・北陸→関東の路線

今年のお花見シーズンは、ぜひ少し遠くの桜の名所へ行ってみてはいかがでしょうか♪

高速バスのご予約はコチラ

前へ

ラーメンの食べ比べができるお台場「ラーメン国技館」がリニューアルオープン!

次へ

横浜赤レンガ倉庫に新名所誕生!「MARINE AND WALK YOKOHAMA(マリンアンドウォーク•ヨコハマ)」